奥様は海外添乗員

沖縄に移住した海外添乗員、留守を守る隊長(フレンチブルドッグ)と留守番隊のつれづれ日記。海外&沖縄から新鮮な情報を発信!

今夜は餃子パーティー

2009-04-30 | 今日の献立
    

今夜はわが家の大好きな餃子パーティー。

    

手作りに勝るものなし?多少形は不細工でも、ね。

    

このパリッパリの天使の羽が美味しいの。ビールもすすむね。ごちそうさま。



みなさんからのコメントはいつも楽しく読ませていただいています。ただ諸々の理由によりこの年明けからコメントへのお返しはしていませんのでどうぞご了承下さい。また旅関係のご質問やリクエストに関しては、できるだけ今後のブログ上に反映させていきたいと思っています。

← 美味しい手作り餃子にポチしてね。

← 留守番隊のホームページ「Olive-Leaf」も見てね。

← お見積もり依頼はこちらから

今朝は親子丼

2009-04-30 | 留守番隊の料理
    

昨日のチンジャオロースに続き、今朝も留守番隊作親子丼のわが家。割り下から自作の親子丼は和風だしがきいててやさしいお味。美味しかった、ごちそうさま。



みなさんからのコメントはいつも楽しく読ませていただいています。ただ諸々の理由によりこの年明けからコメントへのお返しはしていませんのでどうぞご了承下さい。また旅関係のご質問やリクエストに関しては、できるだけ今後のブログ上に反映させていきたいと思っています。

← 今朝も満腹なわが家にポチしてね。

← 留守番隊のホームページ「Olive-Leaf」も見てね。

← お見積もり依頼はこちらから

マヨルカ・イビサ島旅行後記~イビサ・タウンの街歩き・2

2009-04-30 | プライベート旅行
    

イビサ島の中心イビサ・タウンを歩きながらふと空を見上げ、そうだ、あそこまで行ってみよう!と思いついたのはピラミッドの頂上。

          

この美しいイビサ島の頂に位置するのはもともとは13世紀に造られた(現在の姿は17世紀のもの)カテドラル。その大聖堂を頂点として麓には城壁に囲まれた古い時代の街並みが残る。そこへの入り口がフェリペ2世によって16世紀に造られたタウレス門だ。

          

城壁をくぐるとそこはラ・マリーナ地区とはまたひと味雰囲気の異なる、ダルト・ビラ地区と呼ばれる旧市街。

          

白壁と土色のコントラストが印象的な家並みだ。ただこの地区は結構な斜面に出来上がっている古い街。ぐうたら生活で身体が鈍りっぱなしだったこの私には頂上までの道は想像以上にきつく…

    

歩いてはひと休み。

          

また歩いては

    

ひと休み。

          

またまた歩いては

    

ひと休み。

    

息を切らしてようやく島の頂点に建つカテドラルに到着した。「もうこの島は誰にも渡すまい。この島は私が守る。」とでも告げているかのようなその姿。マヨルカ同様、数千年もの長い年月の中で数々の異民族に支配されてきた歴史が現在のこの島の形を造り出したと言えるのかも知れない。今は静かに街と海とを見下ろしているけれど。

    

それにしてもな~んて青い空と海。港を見下ろしているとたくさんの大型船が出たり入ったり。今日もここ平和な「地中海の楽園」にたくさんの人がやって来てるようだ。



みなさんからのコメントはいつも楽しく読ませていただいています。ただ諸々の理由によりこの年明けからコメントへのお返しはしていませんのでどうぞご了承下さい。また旅関係のご質問やリクエストに関しては、できるだけ今後のブログ上に反映させていきたいと思っています。

← まだまだ続くイビサの魅力にポチしてね。

← 留守番隊のホームページ「Olive-Leaf」も見てね。

← お見積もり依頼はこちらから

イタリアンな夜

2009-04-29 | 今日の献立
    

久しぶりにワインが飲みたくて今夜はイタリアン。

    

パスタはボンゴレ・スパゲティ。今年はいつになくあさりが安くて、あさりメニューの登場回数はたぶん今年が一番?

    

そして春の魚の代表選手、さわらのグリルはローズマリー風味。付け合せの皮付きポテトを揚げる鍋にもローズマリーをひと茎入れておくとかおりがついてGood!

    

ちなみに今夜のワインは珍しいイビサ産辛口白ワイン。考えてみると今回の旅で島でお買い上げして来た唯一のお土産。あっさりした飲み口でどんな料理にも合いそう。美味しかった、ごちそうさま。



みなさんからのコメントはいつも楽しく読ませていただいています。ただ諸々の理由によりこの年明けからコメントへのお返しはしていませんのでどうぞご了承下さい。また旅関係のご質問やリクエストに関しては、できるだけ今後のブログ上に反映させていきたいと思っています。

← 美味しいイタリアンとワインにポチしてね。

← 留守番隊のホームページ「Olive-Leaf」も見てね。

← お見積もり依頼はこちらから

昭和の日のチンジャオロース

2009-04-29 | 留守番隊の料理
    

今朝は留守番隊作チンジャオロース。昭和の日とは…何の関係もないんだけどね。いつもながらコクがあって美味しいよ。

    

たっぷりのニラとキクラゲが入ったたまごスープもいいお味。美味しかった、ごちそうさま。



みなさんからのコメントはいつも楽しく読ませていただいています。ただ諸々の理由によりこの年明けからコメントへのお返しはしていませんのでどうぞご了承下さい。また旅関係のご質問やリクエストに関しては、できるだけ今後のブログ上に反映させていきたいと思っています。

← 美味しい中華の朝にポチしてね。

← 留守番隊のホームページ「Olive-Leaf」も見てね。

← お見積もり依頼はこちらから

マヨルカ・イビサ島旅行後記~イビサ・タウンの街歩き・1

2009-04-29 | プライベート旅行
          

マヨルカから高速艇で到着したイビサ・タウンはイビサ島の中心となる街。そんな街で一番にぎわうのがラ・マリーナ地区。港に近いここはにたくさんのショップやレストランが並び、観光客でもにぎわう場所。そんな街歩きのスタートはここパーラ・デル・レイ。たくさんの木々が茂る遊歩道だ。

    

シーズンともなると若い観光客の乗り回す車とそこから流れてくる音楽とで周辺はにぎやかなんだろうけど、この時季はのんびり散歩するお年寄りや家族連れの姿が目に付く。

    

と、いきなり遊歩道の真ん中に設置されたテントに気づいた。見ると中ではいろんな工芸品のワークショップが開かれてる。でも私が一番気になったのがテントの外でひっきりなしに人の集まる小屋。おや、これはもしかして?

    

そう、これはお隣りマヨルカで心惹かれたあのソブラサーダではないの!実はこの豚の腸詰めソブラサーダはここイビサでも作られてて、ともに名物として人気らしい。そんなソブラサーダを気軽に試食(←もちろん有料)してもらおうというワークショップだった。うひょひょ~♪

    

となれば、いただかないテはなし。まず驚いたのはこの腸詰め、硬いソーセージのようなものかと思いきや(そういったタイプもあるらしいけど?)実際はパテのように柔らかい。一番オーソドックスな食べ方はこんな風にパンにぬって食べる方法。このソブラサーダをぬったパン1枚と赤ワイン(もしくはミネラルウォーター)1杯で1ユーロは嬉しいね。ちなみに(写真のように)やはり島内で作られてるヤギのチーズをのせると2ユーロ。実はあんまり美味しかったので翌日も足を運んでしまい、チーズまで食べてしまった私だ。

          

さて、小腹も満たされたところで街歩きを再開しよう。海上から見えたとおりこの辺りは白壁の家が多い。ちなみにこの時季は本格的なシーズン前の化粧直し中の建物も結構ある。

    

ちょっと路地を入るといわゆる土産物屋とは別におしゃれなディスプレイが目についたり。

    

なにげない窓辺に見とれたり。

    

昔ながらの素朴さを感じたり。

          

細い迷路にワクワクしたり。

    

ぷらぷらと散歩してるだけで楽しめる街だ。

    

こんな風に歩いているとあっという間にたくさんのヨットが停泊する港へ。そうだ、今度はあそこへ行ってみよう!



みなさんからのコメントはいつも楽しく読ませていただいています。ただ諸々の理由によりこの年明けからコメントへのお返しはしていませんのでどうぞご了承下さい。また旅関係のご質問やリクエストに関しては、できるだけ今後のブログ上に反映させていきたいと思っています。

← まだまだ続くイビサ・タウンの街歩きにポチしてね。

← 留守番隊のホームページ「Olive-Leaf」も見てね。

← お見積もり依頼はこちらから

今夜もまったり…

2009-04-28 | 今日の献立
    

今夜もわが家はまったり晩酌。

    

金目鯛の煮付けに

    

おくらとえのきのベーコン巻き。

    

そしてかっぱちくわ?家族揃っての晩酌以上のものはないね。美味しかった、ごちそうさま。



みなさんからのコメントはいつも楽しく読ませていただいています。ただ諸々の理由によりこの年明けからコメントへのお返しはしていませんのでどうぞご了承下さい。また旅関係のご質問やリクエストに関しては、できるだけ今後のブログ上に反映させていきたいと思っています。

← 家族揃っての晩酌にポチしてね。

← 留守番隊のホームページ「Olive-Leaf」も見てね。

← お見積もり依頼はこちらから

まぶしい朝ごはん

2009-04-28 | 今日の献立
    

今日も朝から太陽がまぶしいね。空気は冷たいけどわが家にとっては絶好の洗濯日和だね。まずは元気に朝ごはん。鮭にタマクリ、きゃべつときゅうりの浅漬けに味噌汁、とわが家の定番だ。美味しかった、ごちそうさま。



みなさんからのコメントはいつも楽しく読ませていただいています。ただ諸々の理由によりこの年明けからコメントへのお返しはしていませんのでどうぞご了承下さい。また旅関係のご質問やリクエストに関しては、できるだけ今後のブログ上に反映させていきたいと思っています。

← 今日頑張れば明日はまたお休み?

← 留守番隊のホームページ「Olive-Leaf」も見てね。

← お見積もり依頼はこちらから

マヨルカ・イビサ島旅行後記~イビサへの船旅

2009-04-28 | プライベート旅行
    

ようやく太陽が輝きはじめた早朝、向かった先は大きな船がいくつも停泊するフェリー乗り場。いよいよマヨルカに別れを告げてお隣のイビサに渡る日だ。

    

港にはいくつかの船会社ごとに建物(オフィス&乗り場)が分かれているので注意。今回私が利用したのはバルセロナやバレンシア行きの船も持つBALEARIAの高速艇。イビサ行きの船はもうひとつ大型フェリーもあったけど、時間の節約を考えて迷わずこちらに決めた。

    

朝日を浴びた船はどこか誇らしげ。いよいよマヨルカともお別れだ。そう思うとワクワクする反面、ちょっぴり淋しい。

    

船がしぶきをあげながら港を出ると、どんどん霞んでいくパルマの街、そしてマヨルカの島影。また会えるといいなぁ…この島で出会ったたくさんの人たちの顔が思い浮かぶ。

    

とはいえ紺碧の大海原を目にしてると、湧き上がってくるのはイビサへの思い。結構センチだけど、切り替えは早い(笑)。

    

ちなみに船内はまだシーズン前とあってのんびりムード。ラウンジでくつろぐもよし、カフェでお茶するもよし。

    

それでも約2時間の船旅はあっという間。海上からイビサの姿を眺めることを一番の楽しみにしていた私は、遠くにその島影が見え始めたとたんすでに落ち着かずウロウロ。

    

と、いよいよ港内に入り、着岸準備がはじまった。気の早い乗客が荷物を抱えて降り口に向かっているのを横目に私はいつまでも甲板から離れられずにいた。

    

ああ、だってこの姿をずっと見たいと夢に見てきたんだもの。この海上に浮かぶピラミッドのように美しい姿を。

    

海に面した街や島をめぐるなら、やっぱり船での旅が一番ぴったりな気がするなぁ。特に最近船旅への憧れが強い私…やっぱりいつかは豪華客船の旅か?

    

ともあれ、ついにイビサ島に上陸。空も海もこれ以上ないほど青い。さて、ここではどんな出会いが待ってくれてることだろう!?



みなさんからのコメントはいつも楽しく読ませていただいています。ただ諸々の理由によりこの年明けからコメントへのお返しはしていませんのでどうぞご了承下さい。また旅関係のご質問やリクエストに関しては、できるだけ今後のブログ上に反映させていきたいと思っています。

← いよいよはじまるイビサの旅に乞うご期待。

← 留守番隊のホームページ「Olive-Leaf」も見てね。

← お見積もり依頼はこちらから

カレーではじまる朝

2009-04-27 | 今日の献立
    

今日のわが家は朝から元気にカレーライス。

    

考えてみるとついこの間インドカレーを食べたばっかりなのに、やっぱりわが家で食べるカレーライスはまた別格に美味しい。

    

オリーブオイルとワインビネガーで和えたさっぱりサラダはトマトときゅうり、そしてツナ入り。美味しかった、ごちそうさま。



みなさんからのコメントはいつも楽しく読ませていただいています。ただ諸々の理由によりこの年明けからコメントへのお返しはしていませんのでどうぞご了承下さい。また旅関係のご質問やリクエストに関しては、できるだけ今後のブログ上に反映させていきたいと思っています。

← 今日も朝から元気なわが家にポチしてね。

← 留守番隊のホームページ「Olive-Leaf」も見てね。

← お見積もり依頼はこちらから