岡本博文ギター教室ブログ 生徒諸君!

プロギタリストのリアルな経験談、本音、普段教室で語れない大事なこと伝えています。過去の日記もどうぞ、ご覧下さい。

不器用を受け入れて、丁寧に始める。

2019-04-22 09:39:33 | Weblog
長年、大変遠方から通ってくださっている方々がいます。ありがたいことにそう言う方が、僕のところには何人もいらっしゃいます。 仮にAくんとしておきましょう。こう言っては悪いけど、彼は自他共に認めるどちらかと言うと不器用な人です。無口で、大人しく、静かな優しい人です。しかし、実はこの方は、僕は本当はすごく攻撃的で、せっかちなんではないか?と、ずっと思ってきました。 昨日、彼は、長年のレッスンの中で初 . . . 本文を読む

クイーンってすごいんですか?自分の価値観で語る

2019-04-22 07:13:45 | Weblog
昨日は、レッスンしていて、大変印象深いことがありました。「クイーン(Queen:映画で話題のイギリスのバンド)ってすごいんですか?」 「クイーンってすごいんですか?」と質問された。僕は「ギターのブライアンメイは、若くして、オリジナリティーを追求して、ギターを作ったり、コインを使って弾いたり、すぐそれとわかる自分の音を追求したのは凄いと思う。」みたいなことを言ったのですけど、「クイーンってすごいん . . . 本文を読む

4月17日のGT Radio/岡本博文が選ぶドライビングミュージック♪を語る

2019-04-17 00:19:03 | Weblog
毎週火曜日、23:00から始まるαステーションFM京都のGT Radio.月1回のゲスト出演が始まりました。本日初回。選んだのは、Fleetwood Macの「Dreams」でした。https://www.youtube.com/watch?v=mrZRURcb1cM*********Fleetwood Macといえば、1960年代は、ピーター・グリーンと言うギタリスト在籍したことで有 . . . 本文を読む

リラックスして弾く

2019-04-13 09:13:35 | Weblog
誰しもマイブームはあると思うんですが、最近のマイブームは、リラックスして、ゆっくり弾くことから始めること。結局、ゆっくり弾くことも早く弾くことも、本質的にスピードは変わらないのだと思います。*******最初は、大変ゆっくり、正確に、丁寧に練習します。そして、リラックスして弾くこと、を心がけます。最初から早く練習しても、乱雑な奏法が身につくだけで、良くないとおもいます。そうするとゆっくりのテンポで . . . 本文を読む

受講者の声を追加しました

2019-04-08 02:19:12 | Weblog
この春は、色々と人の動きのある時期です。そんな中、受講者の声を何人かの生徒さんが寄稿してくれたので、更新しました。以下のページをスクロールすると『受講者の声』があります。http://hirofumiokamoto.com/guitarlesson/今回、寄稿してくれたのは、うちのスーパー高校生たちです。最近の高校生は本当に上手くなりますね。1)一つは、情報がネットで拾える。2)考え方がしっかりし . . . 本文を読む

『京都RAG音楽義塾』のスクールコンサート終わりました

2019-03-24 16:46:03 | Weblog
2019年3月21日、『京都RAG音楽義塾』のスクールコンサート終わりました。サポートしてくれた先生がた、ありがとうございました。参加者は、年に1回、自分の全てをぶつけるので、結局難曲が多くなり毎年大変ですが、しっかり綿密に予習していただいて、バッチリ演奏していただいて、本当に感謝です。さて、僕の所感をサッとお話ししておきたいと思います。The Begining(KBさん/g)初登場で、しっかり弾 . . . 本文を読む

朝、練習するのがいいのか?夜がいいのか?

2019-02-27 07:36:11 | Weblog
そんなことを聞かれました。みんながそうしている訳ではないと思うし、人それぞれなので、自分のことしかわかりませんが。 僕は、練習と言えるものは、朝。 僕は、朝起きて基礎練習や自分の課題をまず最初にやります。事務や企画書など、様々な案件を抱えて、それから始めるとやらなきゃいけないこと、やったほうがいいことがどんどん増えて、音楽家であることを忘れてしまう気がするからです。だから、そういう事務仕事の前 . . . 本文を読む

才能があるのか?と言う話

2019-02-14 08:25:11 | Weblog
時々、「あの子は才能があるのか?」みたいな事を聞かれます。僕は、教えるときは教育者であり、音楽家として仲間の一人だと思うし、まして、評論家ではないので、才能がある、ない、みたいな論議には、参加しない、考えないでいたい、と考えています。僕が出来る事は、ギターを教える立場ですから、すべからく同様にそれぞれの生徒さんに、その人にとって適切と思える題材を提供して、昨日より、一人一人がギターが上手くなったり . . . 本文を読む

7年ぶりの録音は大きな経験に

2019-02-07 08:14:58 | Weblog
昨日は、とうとう7年ぶりのOkamoto Islandの新作のレコーディング。ベーシック録音の初日だった。 予想だにしない、良い録音が出来た、と感じています。このまま行けばとんでもないアルバムになりそうです。このままいけば、ね。さて。 Okamoto Islandの7年間の活動の答え合わせ。全員が忌憚のない意見を出し合った。メンバーが一度OKを出した場面が、録音スタッフ側から再考を促される場面 . . . 本文を読む

Okamoto Islandの新作制作開始!

2019-02-04 12:10:42 | Weblog
いつも、皆さん、岡本を応援していただいてありがとうございます。Okamoto Island の3枚目のCDが制作開始されます。2019年4月25日発売に向けて、予約受付を開始いたします。定価¥2300 /予約特別価格¥2000(送料別)予約は無料で受け付けます。http://hirofumiokamoto.com/reserve/*******近年共に活動しているNORA . . . 本文を読む

黙ってちょっとだけ余分に働け、という話

2019-01-24 16:03:42 | Weblog
最近、いろんな人に出会って刺激受けています。刺激的な出会いには、ジャンルも、年齢も、性別も、立場も何も関係ないですね。さて、最近、ある人たちと話していて、僕が「僕が3人居たらなあ」と冗談で言うと一人が「いや岡本くんが3人居たら、過当競争で、岡本くん、食っていけないよ。」と言われた。「だから、ちょっと頑張っていると思っても、黙って、人の3倍働いといたらいいんだよ」と。あはは。3倍は、働いてないですけ . . . 本文を読む

感受性を磨くと言うこと

2019-01-18 06:25:28 | Weblog
先日、ものすごいアコースティックギター=コレクターの方と会いまして。その方のコレクションは、弾いたこともない弾き心地で。聞いたことのない響きのギターばかりでした。なにげなく訪れたら、極上ワインの試飲会でした。(笑)やっぱり、その人を慕うプロも多く、ギターは、その方から買ったりするみたいです。びっくりしたのは、チューニングの美しさです。彼は、音叉一本でハイフレットまで美しい音程の響き渡るチューニング . . . 本文を読む

本気で、この人は天使なんじゃないか?と思うことがある

2019-01-13 09:42:59 | Weblog
最近、毎日、「本当にこの人は、天使なんじゃないか」と思う出会いがあります。(笑)半ば冗談として聞いて欲しいのですけど。先日「岡本さん、このピックアップで、岡本さんのあのアンプ、このセッティングで弾いてみたらえんちゃいます」と昔の生徒さんが言った。「そうかもね」とその時は、受け流していたのだけど。昨日の出来事。うちでも素晴らしい繊細なタッチで弾く大学生がいる。「どう調子は?」というと「最近、調子よく . . . 本文を読む

2年続けてみて、わかることもある

2019-01-10 02:57:35 | Weblog
この歳になってお恥ずかしいのだけど、2年弾き続けて、やっとちょっとマシに弾けるようになった曲があります。それはある時、うちに来たあるギタリストに僕の愛用のギターを渡して、「あなたが弾いたらどんな音がするか?ちょっと弾いてほしい」と頼んだ時、弾いてくれた曲なのですが、素晴らしい演奏で、その時の印象がバシッと体に入ってしまった。以来、毎日必ず弾くのだけど、本当に始めた頃は、悲しくなるぐらい弾けなかった . . . 本文を読む

昨日は、セッション実践講座でした

2019-01-07 04:56:15 | Weblog
昨日は、『京都RAG音楽義塾』のセッション実践講座でした。https://rag-gijuku.kyoto/winter_seminar2019/ 曲は、What Cha’ Gonna Do for Me結局、ギタリストが定員20名のうち、12名を占め、ファンキーなギターのカッティングを勉強してみたい、という需要が多かったというのを実感しました。 朝、集まった時は、ほとんど何も手出 . . . 本文を読む