なんとのトピックス

なんとの出来事など

なんと酒米サミット2022開催

2022年07月22日 09時02分53秒 | 出来事
JAなんとは7月21日、酒米の生産者と県内外の蔵元や酒販業者が交流する「なんと酒米サミット2022」を伝統芸能会館じょうはな座で開きました。約40業者を含む150人が参加しました。
この交流会は平成7年に始まり、日本酒業界や農業を取りまく現状などを生産者と蔵元・酒造業者が直接語ることができ、深い信頼関係を築いてきました。新型コロナの影響で今回は3年ぶりの開催となり、参加者の活力となる交流が図れることを期待し、内容の充実に努めました。
JAなんと管内の酒造好適米の作付面積は、水稲作付面積の33%を占め、県内有数の酒米産地。今年の作付面積は、コロナ禍で減反した昨年より50ha多い351haとなっています。
圃場見学では、五百万石、山田錦、雄山錦の栽培田を回り、生育状況を確認しました。6月の好天により生育が早まっています。収穫は8月20日頃になる見込みです。





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第14回なんと農協長杯争奪ペタンク大会開催

2022年06月14日 16時41分23秒 | 出来事
6月10日、城南屋内グラウンドにて3年ぶりに「第14回なんと農協長杯争奪ペタンク大会」が開催されました。久しぶりに顔を合わせ、JA職員を含めた25チーム75人が日頃鍛えた腕前を競い合い、熱戦を繰り広げました。

試合結果(上位チーム)
▽優勝 北部Bチーム
▽次勝 野田チーム
▽3位 城端KOM
▽敢闘賞 蓑谷A


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

JAなんとニンニク収穫体験・料理体験

2022年06月07日 15時21分07秒 | 出来事
JAなんと特産振興課は6月5日、ニンニク収穫体験と料理体験を開き、県内各地から17名が参加しました。
特産のニンニクをPRしようと、この時期の産地でしか味わえない生ニンニクの料理体験を組み合わせたイベントで、コロナ禍で3年ぶりの開催となりました。
収穫体験は、ニンニクの茎が太く玉が大きいものを選び一人8玉を掘り取りました。参加者の一人は「近場にはニンニクの生産者がいないから、生ニンニクを収穫できて嬉しい。」と微笑んでいました。
料理体験では、参加者が掘り取ったニンニクのうち一人3玉分を使い、生ニンニクの万能調味料として、にんにく醤油、にんにく味噌、にんにくオイルを作り、その調味料で作った料理を昼食に味わいました。香り良いニンニクの調味料は幅広い料理に使え、参加者に大変喜ばれています。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第21回通常総代会開催

2022年05月31日 09時10分33秒 | 出来事
JAなんとの「第21回通常総代会」が5月28日、南砺農業会館で開催され、全10議案が承認されました。役員全員任期満了により改選され、代表理事組合長には上田憲仁組合長が再選となり、新たな役員が選任されました。
当JAは第8次中期3ヶ年経営計画の最初の年として、「食と農を基軸とした地域に根ざした協同組合」として持続可能な農業の実現や地域共生社会の実現、協同組合としての役割発揮する姿を目指します。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第1回育苗施設巡回(早生品種)

2022年04月25日 17時10分47秒 | 出来事
第1回育苗施設巡回が4月25日、城端・井口地域で行われ、営農組織の代表者やJAなんと、砺波農林振興センターが生育状況を確認しました。
草丈が適正に生育し、病害の発生も見られず順調に生育していると報告されました。今後は気象の変化に対応した的確な水管理と温度管理を徹底し、健苗に仕上げるよう呼びかけられました。
田植えは、4月29日頃から始まります。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする