にしやまクリニックグループBlog(東京銀座、名古屋栄)

東京銀座と名古屋栄で2クリニック。美容外科・形成外科・美容皮膚科・皮膚科治療から予防医療まで、分かり易く説明します。

たばこのやけど痕(根性焼き)の形成外科治療について。信頼のにしやまクリニックグループ。

2011年02月27日 | ケロイド・肥厚性瘢痕・キズアト

たばこのやけど痕(根性焼き)の形成外科治療

○たばこのやけど跡は、飲み薬や塗り薬では治すことができません。

○主として局所麻酔でたばこのやけど跡を丁寧に切り取り、縫い縮める手術を行います。この手術により、丸いたばこの痕が「線の傷跡に変わる」ので、今後一生人から指摘されることはありません。

○手術方法は、その数や形により様々で、単純に切り取ったり、ZやW形成術などの方法によって少し工夫を加えたりもします。

○場所や体質によっては、キズアトが赤く盛り上がることもありますので、手術後にトラニラストの内服をお勧めしています。

安心と信頼、丁寧な
美容外科・美容皮膚科・形成外科・皮膚科
の診療予約は下記まで

http://momohime-medical.com

長生きしたければ「時計回り」で食べなさい:
お医者さんがすすめる「ダイエットプレート」の秘密/
現代書林

Amazon.co.jp

 

美女のスイッチ/現代書林
Amazon.co.jp