にしやまクリニックグループBlog(東京銀座、名古屋栄)

東京銀座と名古屋栄で2クリニック。美容外科・形成外科・美容皮膚科・皮膚科治療から予防医療まで、分かり易く説明します。

大人の脂腺母斑は、稀に悪いものに変化するので手術治療を。にしやま形成外科皮フ科クリニック!

2014年12月03日 | 脂腺母斑

大人の脂腺母斑の治療について

 

小さいときから見られる
肌色~肌黄色をした母斑(あざ)のことを言います。




小さいときには、表面は平らか少しザラッとしていますが、
年齢を経るとザラザラが隆起して、
色も褐色調になってきます。



このできものは、自然に消えることはなく、
ほとんどが単発 です。
頭にできると毛髪がないので
一見ハゲの様に見えます。

 

母斑(あざ)は、体が大きくなるのに比例して
当然大きくなります。

 

 

注意することは、約20%の症例で
加齢とともにに後から別のできものが
できることがあります。

 

 

別のできものとは、良性腫瘍と悪性腫瘍があり、
母斑表面に変化が見られたときには
注意が必要ですから手術で取り除いておいた方が良いでしょう。

 

 

 

この手術治療のポイント



○局所麻酔により、できものを取り除き丁寧に縫合を行います。
○抜糸は5~7日後です。
○治療時間約30~60分程度です。
○摘出したできものは、病理組織検査に出して精査を行います。
○キズアトのフォローアップのためにトラニラストや漢方薬の内服も処方。

 

 

最終的に、母斑(あざ)を取り除くと
線のキズアトとして残ります。

 

 

そして、残念ながらこの部分の毛髪は、
生えてきませんが、
母斑があった幅よりかなり狭くなるので、
ほとんど方が気にされておりません。

 

 

このような症状でお困りの方は、
TEL:052-242-3535まで
ご連絡を下さいますようお願いいたします。

 

安心と信頼、丁寧な
美容外科・美容皮膚科・形成外科・皮膚科
の診療予約は下記まで


http://momohime-medical.com

 

長生きしたければ「時計回り」で食べなさい:
お医者さんがすすめる「ダイエットプレート」の秘密/
現代書林

Amazon.co.jp
美女のスイッチ/現代書林
Amazon.co.jp