九谷焼三代「戸出克彦氏の銀彩湯飲み」木金館木工いろは塾

 「戸出克彦氏の湯飲みを」後輩の方から、届けて戴きました。
銀泊の光が手から伝わります。しばらくは眺めておりました。
能登半島地震の大変なときに、恐縮するばかりでした。

 あれから3ヶ月、桜の春です。
輪島の朝市のニュースを見て、少しずつ人の営みが始まりました。
金沢のおいしいニュース、新幹線開通と人が行き交います。

新しい気持ちで仕事をする。
    塾長の独り言
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

令和6年4月3日 「咲洲庁舎の桜咲く」 ほっとひと休み 木金館木工いろは

 令和6年 今年も咲洲庁舎の桜が咲いてます。

 新年度が始まり、いよいよ万博準備の人々があわただしく行き交う中
庁舎の敷地で咲いています。
お近くに来られたときは、南港の風を感じて見てください。
 
     木金館木工いろは塾
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「じっと見る良く働く手を」 木金館木工いろは

 もう何年になるだろう。
木に向かい、100年200年かかって育った木を相手に家具を作ってきた。

 1人ひとり目指す先を見ながら少しでも役たてばと。
若い人が作るこれからの時代にあつた、まだ見ぬ家具を楽しみに。

 河井寛次郎さんの言葉
「新しい自分を見たいのだ仕事する」
もう少し頑張ろう! 塾長 酒井治夫

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「今こそ能登半島を応援しよう」 木金館木工いろは塾

 令和6年1月の能登半島地震に関して、震災後の現状についてやっと伝わって来ました。
私達が出来ることから始めてものづくり産業を応援しよう。

 私事ですが、昨年「金沢のやきもの」 「輪島塗り」を少しですが内祝いに購入して大変喜んでいただきました。
丁寧な仕事の品で、木工技術とは違った「人の手」は未来を拓く物づくりを実感しました。
今年少しですが手に入れ使っています。
仕事場で一日も早く仕事が始められる事を願っています。
          木金館木工いろは塾 酒井 治夫
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

令和6年 新会長就任のご挨拶 大阪府木工技能士会

◇就任のご挨拶
 令和6年4月1日 大阪府木工技能士会会長に花山真一が就任致しました。

 今までの会長が築かれた技能士会を発展させるように微力ではありますが努力致します。
木工技術の向上はもとより今まで以上に交流を深め新しい木工技能士会を目指したいと思っています。
よろしくお願い致します。
 会長 花山 真一
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

令和6年度 受検案内 技能検定「家具製作技能士」 大阪府木工技能士会

令和6年度 受検案内 
技能検定 未来への一歩 確かな証。

◇実施公示 令和6年3月1日
 国家検定 令和6年度 前期 
☆技能検定受検案内 検定職種:「家具製作・ 家具手加工作業」
 受検申請受付 令和6年4月3日(水)から令和6年4月16日(火)まで
 ※大阪府木工技能士会 受付締め切り:令和5年4月12日(金) 必着

 実技試験 問題公示:令和5年5月30日(木)から
 実技試験の形式・日程:受験票で通知
 学科試験:令和5年8月25日(日) 午後

◇大阪府木工技能士会:受検申請書ご希望の方はご連絡願います。
 担当者 検定主査:花山 真一 TEL:090-4030-7816
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ご報告おそくなりました 「令和五年 黄綬褒章受章」賜わり感謝申し上げます 木金館

 令和五年11月13日 「黄綬褒章受章」 
皆様の心暖きご支援を賜り厚く御礼を申し上げます

 コロナ五類の中発表から 黄綬褒章受章伝達式まで大変お世話になりました
晴天に恵まれ皇居参内「天皇陛下拝謁」まで 皆様のご支援を賜り厚く感謝申し上げます
ご挨拶が遅れました ここにご報告申し上げます
    木金館木工いろは塾 塾長 酒井 治夫
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

うれしいお知らせ第三報 堺市美術展「塾生の無鑑査昇格おめでとう」木金館 木工いろは塾

 「ものづくりには、女性も男性もありません」
技術を手に入れて、楽しんでくれてます。

自分の手で作り上げる喜びを大切に頑張って来られました。
基礎修了後で「ノコギリ・かんな・のみ」手道具の使い方をマスターされて
自分で考えて出来上がりました。

「技術を身につけて」いただきたい」 次の成長が楽しみです。
  塾長のひとりごと

☆☆☆第77回 「堺市美術展」令和五年 無鑑査昇格!
☆☆令和四年 堺市美術展 市長賞 「母の背中の」椅子 
☆令和三年 堺市美術展 教育委員会委員長賞 「母の乙女机」
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

塾生うれしいお知らせ第2報!! 宝塚市手工芸公募展「特別賞」受賞 木金館木工いろは塾

☆きっかけは、奥様のアドバイス!
ATCビルに立ち寄られ見つけた木金館の塾生募集のチラシが始まりです。

1.趣味の木工を基礎から学ぶ
2.定年後の”第2の人生”の目標
 コロナでなかなか大変でしたが、自分の好きな作品作りで、
特別賞受賞へと、うれしいかぎりです。

★宝塚市手工芸公募展
会期:9月29日(木) ~ 10月2日(日)
会場: ソリオホール

◇なにがどこまでできるかわからないが、 
 わからないからこそ楽しいではないか。
 奥様との二人展楽しみに待っています。 塾長より


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

うれしいお知らせ! 第64回池田市美術展入賞・入選!! 木金館木工いろは塾

今年もうれしいお知らせ! 第64回池田市美術展(2023年度)
 ☆池田市教育委会賞(工芸部門)会賞入賞 1名・入選1名
  工芸部門:令和3年 ロータリークラブ賞受賞 K氏・入選 1名M氏
       令和4年 公民館奨励賞 受 賞 ・入選 1名
       令和5年 教育委員会賞 受 賞 ・入選 1名
 会期:2023年9月10日(日)~ 16日(土)
    午前10時~午後5時(最終日は3時まで)
 会場:池田市中央公民館
 展示:絵画・書・彫刻・工芸・写真
 お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄り願います。

◇池田市の歴史は今から弥生時代に遡ります。南方朝時代に国人池田一族の活躍、
江戸時F代は大坂と能勢との物資中継地として隆盛します。
明治以降、小林一三氏による鉄道施設と住宅開発によって、池田市は現在に至る新しい町になりました。
 そんな豊かな歴史・文化を育むまちです。 (資料:池田市民族資料館歴史ご案内のより)

■木金館木工いろは塾は、手加工による木工作品製作技術を伝授し、基本中の基本の道具の使い方から、
道具のメンテナンス、使用法等基本からのスタートです。
日本の伝統産業であるノコギリ・かんな・のみなどを道具の使い方から指導します。
デザイン・アイディアが良くても、優れた作品を作る事が出来ません。
当塾は基本からのスタートですので、充実したものづくりを楽しんでください。
 塾長:酒井 治夫(厚生労働省 2021年 現代の認定認定)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ