読書と映画とガーデニング

読書&映画&ガーデニング&落語&野球などなど、毎日アクティブに楽しく生活したいですね!

映画・クロワッサンで朝食を

2013年08月31日 | 映画(海外)

 

原題 Une Estonienne ã Paris

英題 A Lady in Paris

2012年 フランス・エストニア・ベルギー

 

 

エストニアの田舎町に暮らすアンヌ(ライネ・マギ)

12年前に離婚、二人の子どもはそれぞれ独立している

2年間介護を続けてきた母親を看取り、独りでボンヤリ過ごすことが増えてきた彼女に元職場の老人ホームから一本の電話が入る

パリで暮らすエストニア出身の老婦人が世話係を探しており、学生時代にフランス語を学んだアンヌを推薦したいのだという

娘と相談のうえ小さなスーツケース一つだけを持って憧れのパリに降り立ったアンヌだったが

案内された高級アパルトマンに一人で暮らすマダム・フリーダ(ジャンヌ・モロー)はとんでもなく意地悪な皮肉屋で初日朝には早くも解雇を告げられてしまう

 

ストーリーは簡潔そのもの

エストニアから来た孤独な二人の女性

生れも育ちも考え方も全く違う二人が最初は対立しながらも、やがて心を通わせ人生の歓びを取り戻す、というものですが、虚飾も誇張もないゆったりとした映像はぬるめのお風呂にのんびりつかった後のような実に心地よいものでした

 

大女優ジャンヌ・モローは勿論ですが、アンヌ役のエストニア人女優ライネ・マギがとても良かったと思います

垢抜けない田舎女性が、少しずつパリという街とフリーダによって磨かれていく様を嫌味もなく演じていました

彼女の唯一の食事シーンが、夜明けのエッフェル塔の前でクロワッサンの端っこを齧る、というもの

邦題はまた何だかなぁ、と思っていましたがこのシーンを観てからは悪くもないかな、と考え直した次第

 

ラストが最高!

 

 

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« 辛淑玉(シン・スゴ)「怒り... | トップ | ベルンハルト・シュリンク「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画(海外)」カテゴリの最新記事

4 トラックバック

「クロワッサンで朝食を」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Une Estonienne à Paris」..aka「A Lady in Paris」2012 フランス/ベルギー/エストニア フリーダに「死刑台のエレベーター/1957」「黒衣の花嫁/1968」「ぼくを葬る/2005」のジャンヌ・モロー。 アンヌにライネ・マギ。 ステファンにパトリック・ピノー。 ...
クロワッサンで朝食を ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
『死刑台のエレベーター』や『突然炎のごとく』などで知られる大物女優、ジャンヌ・モローが主役を演じた味わい深い人間ドラマ。年齢や性格や境遇が全く異なる2人の女性が、ぶつかり合いながらも次第に心を通わせていく過程を描き出す。パリで次第に輝きを取り戻していく....
クロワッサンで朝食を (映画と本の『たんぽぽ館』)
クロワッサンはスーパーでなく、パン屋で買うものよ。 * * * * * * * * * * 老齢人口の増加は、世界共通であるらしく、 いかに“老い”を生きるか、 そういうテーマの作品がとても多いですね。 いえ、自分がそういう年齢になりつつあるからこそ、 ...
「クロワッサンで朝食を」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
もう若くない方に・・・ 4つ★