神奈川県 逗子で医療用ウィッグ(かつら)をカットする化学療法(抗がん剤)を経験した美容師のブログ

三浦半島(鎌倉、逗子、葉山、横須賀、三浦)横浜市 湘南地区 県内外からお問い合わせいただいてます

クリスマス気分

2010-12-15 17:52:50 | 日記
    病院の帰りは、伊勢丹でクリスマス用にチョコを買う予定だったので、東口に向かいました


    完全復活ではないけど、立ち直りの早い私


    「治らない」と言われたワケじゃないし、とりあえず治療法もある


     落ち込むのは、まだ早い  けど落ち込む


     気持ちのスイッチを切り替えて伊勢丹へ


     世間で一番“クリスマス”&“年末”を感じさせてくれる場所「デパ地下」。気分を嫌でも“クリスマス”&“年末”へ駆り立ててくれます


     以前から「クリスマスはジャン・ポール・エヴァンのチョコを」と思っていました。


     「デパ地下」をぐ~るぐる


     すっかりクリスマス気分を盛り上げることができました。


         


      チョコに癒してもらうか~


     




       

       

        私達 女性癌患者が毎日生活する上で、必要な補整具(医療かつら、補整下着、パット、人工乳房等)があります。

 
     残念ながら現在、その補整具には医療費の控除が受けられません。


     女性の癌患者の為に必要な補整具に医療控除を求める市民運動をしています。


       ご賛同いただければご署名お願いいたします

        http://www.shomei.tv/project-1585.html


     携帯からはhttp://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=1585


     「voice of patient」ボイス・オブ・ペイシェント(患者の声)ホームページ      

    http://voice.p1.bindsite.jp/マイボイス参加していただけたら嬉しいです


              ※営利目的、宗教ではないので、ご安心ください


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


   再現美容師として医療用ウイッグ「ヘアエピテーゼ」をご自宅に伺ってカットし、


   元のヘアスタイルを再現するお手伝いをしています。(活動範囲は神奈川県三浦半島中心となります。)


   カツラに関するご質問などお気軽にどうぞ


 team-ep@goo.jp 


 080-2040-4918(留守電にメッセージをお願いします)


    人気ブログランキングへ ←よろしっかたらクリックして下さい。


     


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

脱毛外来

2010-12-15 17:52:28 | 通院、病気回想、健康
     今日は新宿、都庁の近くにある大学病院に行って来ました。


   最後の抗がん剤から、1年10ヶ月経ったのに、未だに髪が生えてない部分があるのです


   抗がん剤の影響で、髪が伸びるのが遅い部分があることは、重々承知していますが、、、。


   伸びるのが「遅い」のと「生えない」は大きく違います。


   雑誌に掲載されていた、皮膚科の先生の所に行ってみました。


   初診なので諸々の手続きして、待つこと1時間ぐらいで順番が回ってきました。初診のわりには早かったかな…


        。。。。。。診察の結果は。。。。。。


皮膚科医 「頭頂部以外は1つの毛穴から2本以上髪が生えてる。頭頂部は毛穴から1本しか髪が生えていないし、


      産毛になってる。脱毛している部分から判断すると、女性型の脱毛で、もともと自分で持って生まれたものですね。


      抗がん剤で脱毛した髪は生えてますね。」


     「持って生まれたものって、、、。」思わずうつむいて涙ぐんでしまいました


 私   「卵巣がないからですか?」(子宮もないけど、、、)


皮膚科医 「女性型の脱毛は原因はまだ解ってないんですよ。


      リ○ップを使ってみて下さい。すぐには効果が出ないので、1年ぐらいしたらまた、来て下さい」


      スゴイスゴイスゴ~イショック


      ショックで質問すら頭に浮かばなかった、、、。とっとと病院を出て新宿西口界隈を涙ぐんで歩きました


      お天気と涙で新宿がキラキラ見えました





   


   



       

       

        私達 女性癌患者が毎日生活する上で、必要な補整具(医療かつら、補整下着、パット、人工乳房等)があります。

 
     残念ながら現在、その補整具には医療費の控除が受けられません。


     女性の癌患者の為に必要な補整具に医療控除を求める市民運動をしています。


       ご賛同いただければご署名お願いいたします

        http://www.shomei.tv/project-1585.html


     携帯からはhttp://www.shomei.tv/mobile/project.php?pid=1585


     「voice of patient」ボイス・オブ・ペイシェント(患者の声)ホームページ      

    http://voice.p1.bindsite.jp/マイボイス参加していただけたら嬉しいです


              ※営利目的、宗教ではないので、ご安心ください


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


   再現美容師として医療用ウイッグ「ヘアエピテーゼ」をご自宅に伺ってカットし、


   元のヘアスタイルを再現するお手伝いをしています。(活動範囲は神奈川県三浦半島中心となります。)


   カツラに関するご質問などお気軽にどうぞ


 team-ep@goo.jp 


 080-2040-4918(留守電にメッセージをお願いします)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加