気ままな豆やさん

仕事半分遊び半分の自由商人趣味多き(あきんど)です。

(10)ミステリーゾーン

2015-04-29 11:25:07 | デジカメ紀行
方広寺の参拝をすませ雉料理の{きじ停}で食事して次の目的地(秋野不矩美術館)に向けて出発700年余の昔から一挙に超近代にタイムスリップして新東名高速へと浜松いなさICに向かった地図の左、食堂の主人の説明では方広寺から7,8分で新東名に入るとの道案内でルンルン気分で案内
通りに走ったものの手作りの矢印だけでICを見過ごしてしまいその先超広大なジャンク ションが現れて標識にはここからは新東名には入れませんの
立て看板近所に人の気配はなく気が付いたら林道を山奥に向かってUターンも出来ず渋川の集落に辿りつき郵便局に助けを求めて局長さんに大きな
北遠の地図をもらって元来た新東名に。
コメント

(9)不思議・・2・・

2015-04-29 10:18:18 | デジカメ紀行
パンフレットの羅漢さん5体撮れてます。不思議でしょう。
コメント

(8)不思議なこともあるものです。

2015-04-29 09:11:33 | デジカメ紀行
太鼓橋の羅漢さんを望遠で撮りました見たところ羅漢さんは「四体」映っていますが、パンフレットによると不思議なことに時には「五体」
となり方広寺の不思議のひとつだそうです。
コメント

(7)

2015-04-29 09:05:02 | デジカメ紀行
自分に似た顔の羅漢さんを見つけました。どや顔もそっくり!自分で言うのもなんですが?。おまけにハレーションまで起こしてます。
コメント

(6)

2015-04-29 08:41:58 | デジカメ紀行
本文の前に・お・わ・び・。誤字、脱字など恥ずかしくなるような記載が毎度多くて・す・み・ま・せ・ん・。打ち込んだ文言をチェックもそこそこ
に投稿しています、これからもあるかと思います。その辺り御勘弁ねがいます。
さて半僧坊は羅漢さんが境内の至る所にあります。パンフレットを引用すると{老松古杉の樹下には五百羅漢の立像、坐像が渓流を俯瞰し、あるいは空
を見上げユーモラスな顔を揃えて皆様をお迎えしています。}と記してます。
コメント

(5)

2015-04-27 17:31:59 | デジカメ紀行
今回の遠州巡礼目的の本命は{釈迦三尊像}観応2年1351年作・国重要文化財・を拝観することです。本堂に鎮座まします文殊菩薩・普賢菩薩・を
左右に御本尊釈迦牟尻仏の前に立ち竦む明るい照明に右目を光らせた御本尊に目をうばわれ暫し対峙して我が目に焼き付けました。
新東名を使えば奥山ではありませんので是非拝観されんこと、お勧めです・・・・・。
コメント

(4)

2015-04-27 16:49:37 | お正月
涅槃の庭を前にして中学生のグループが和尚さんの説明に聞き入っています。私たちも仲間に入れさせてもらいました。
和尚さんのはなしでは中学生のために特別な計らいで講義を引き受けたそうです。この後中学生は持参の弁当をこの景色
を眺めながらたべるそうです。
コメント

(3)

2015-04-27 16:36:23 | デジカメ紀行
浜名湖岸を北へ次なるお寺、大本山方広寺半僧坊へ写真は本堂裏の高所に建てれた上天台舎利殿から眺めた甍「いらか」の波。
コメント

(2)

2015-04-27 16:29:24 | デジカメ紀行
灯篭もBIGです。広い境内には玉葉院・東光院・長勝院・公明院・のお寺も付随しています。
コメント

古刹巡り

2015-04-27 15:45:48 | デジカメ紀行
二日目、8時半ホテルを出発。予定は浜名湖西岸をまず湖西市鷲津の本興寺に立ち寄り、そのあと浜松北区引佐の奥山半僧坊、天竜二俣の
秋野不矩美術館を目的にまず鷲津の常霊山{本興寺}以前うわさですごいお寺と聞いていたので機会をつくって訪れたいとの思いから今回決行
参道の最奥に歴史を彷彿させる佇まいの本堂(国寶)に思わず合唱。広大な境内には千仏堂・客殿・大書院・方丈・奥書院・そして遠州流庭園
などあり寺宝も数多く江戸末期を花鳥山水画で飾った谷文晁の文晁の間もあります。
コメント