行雲流水の如くに

宗教的経験を大事にしよう

日本人は概して無宗教だと言われている。

確かに西洋や中近東で言われている「宗教」は存在しない。

ところが日本人は何でも「信心」の対象にする。「山川草木悉皆成仏」という言葉もある。

西行が伊勢神宮で、

「なにごとのおわしますかはしらねども かたじけなさに涙こぼるる」と詠んだ。

この感動が「宗教的経験」というのではなかろうか?

 

早朝、愛犬と散歩に出かけるが、運が良ければ陽の出に出会える。

感動の一瞬である。(2017、2,26)

 

「かたじけない」という言葉はもうほとんど使われなくなったが、時代劇などを見ていると武士が良く使っている。

期待以上の好意を受けて、感謝に堪えない気持ちを表す。

年寄りが「時の過ぎるのが早くなった」と感じるのは、「感動する心」が薄れてきたからだという。

 

薔薇(アンドレ・ル・ノートル)

今年はこの花が良く咲いてくれた。フランス作出の薔薇らしく華やかだ。


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

最近の画像もっと見る

最近の「政治」カテゴリーもっと見る