まつや清の日記 マツキヨ通信

静岡市議会議員 まつや清の日常を毎日更新!

「原発震災から10年、福島は今~そして、私たちにできること」小出裕章さんのリアル&zoom講演会!

2021年06月12日 | 市政

10年ぶりに小出さんの講演を聞きました。会場に50名、zoomに67名の参加者で主催は放射能汚染測定室(代表 馬場利子さん)と静岡市番町市民活動センター(センター長 五味響子さん)。テーマは、福島原発事故汚染水の海洋放出とデブリの取り出しの困難さと「石棺」そして福島原発事故の被害者たち、浜岡原発の極めて危険な状態の3つについてでした。


広島原爆の放射性物質と福島原発事故で放出された放射性物質の比較から始まり、トリチウムが放射性物質の中でどれだけの量であるのかが数字で示され、海洋放出には絶対に反対の理由が語られました。事故がなければ福島原発に使用済核燃料として6カ所村の再処理工場に搬出されそこで海に放出されることになっていた、だから政府は「海洋放出は全体にやめない」。


政府と東電のデブリ取り出しのロードマップがいかに幻であるか、そして福島原発事故の処理はチェリノブイリ原発事故同様に「石棺」、これしかないと。ここに至る放射物質の量の把握とデブリの正確な実態。人類と原発は共存できないという真理を改めて再確認させられました。参加者からの質問は沢山ありすぎでいくつかへの回答で終わりました。


デブリは臨界に達するかの質問に、地下水が遮断できれば「臨界はおそらくは起こりえない」、が記憶に残りました。長野県で年金生活者だという小出さんでしたが、何回聞いてもその理論的展開力にはいつも脱帽です。主催者の皆さん、ありがとうございました。


川勝知事選挙!ラストサンデーは静岡市中心街で街頭演説!みんなで聞きに行きましょう!応援に行きましょう!投票率をアップさせましょう!

2021年06月12日 | 市政

リニア新幹線トンネル、南アルプスの自然環境・大井川の水の命運がかかる県知事選挙。川勝平太さんを再び知事に送り出しましょう。


29回目「3・11忘れないin静岡」街頭募金に4万1054円!心温まる多くの皆様の志に感謝申し上げます!

2021年06月11日 | 市政

年に4回、今日も9人の仲間が集まりました。いつも活動準備してくれている小笠原学さん、ありがとう。29回目なので年に4回、8年目に入っていますね。昨年度の募金総額は49万3009円でした。10団体の皆さんに支援しました。いつまで続くのだろうか、続けなければいけないのだろうか。福島の子どもたちの顔を思い浮かべながら今日も活動を続けることができました。頑張りたいと思います。


県内15カ所、50人以上の参加!全国で130カ所!気候危機「G7全国アクション」県庁前に述べ20人!今回もインスタグラムから初めての参加者!

2021年06月10日 | 市政

とにかく暑かったですね。3週間早い梅雨入り、1か月半早い猛暑、まさに気候危機!3歳と1歳のお子さんがいるという若い女性の発言がとてもよかったです。でも、なんか話の中身は一番しっかりとしていた感じです。明日からのG7をしっかりと注視していきましょう!


地域政策研究所・地球ハウス学校  「 人新世・SDGs・レジリアンス ー 気候危機に立ち向かうもう一つの方法 」湖中真哉さん特別講演

2021年06月09日 | 市政

https://www.facebook.com/events/541400696869568

この講演では、人新世・SDGs・レジリアンスの3つのキーワードを手がかりにして気候危機に立ち向かうもう一つの方法について考えます。開発についての考え方は経済開発から持続可能な開発へと変化してきました。そして、現在、「人新世・SDGs・レジリアンス」という3つのキーワードとともに新たな転換点が模索されつつあります。
SDGsの真の狙いとはなんでしょうか。気候危機において優先課題としなければならないのは何でしょうか。なぜエコバッグではなく日傘なのか?そしてわたしたちが静岡でとるべき道は?
ぜひ、ご参加ください。
開演: 15:00~16:30 (開場:14:45)
会 場: もくせい会館 第1会議室(2階)  
     (静岡市葵区鷹匠3-6-1)
参加費: 500円(議員) ※一般市民は無料
※会場運営に関しては、コロナ感染対策に十分注意し、密にならないように配慮いたします。
講師:湖中真哉さん 
プロフィール
1965年 大阪府生まれ
静岡県立大学国際関係学部国際関係学科 教授
アフリカ地域研究、グローバリゼーション研究、人類学フィールドワーク(臨地調査)を主要な方法とする人類学的地域研究の立場から、レジリアンス、グローバリゼーション、人新世、SDGs(持続可能な開発目標)にかかわる課題に取り組んでいます。
主催 地域政策研究所・地球ハウス学校 
お問合せ先  054-209-5676 FAX 054-209-5675 (月・水・金 10:00~15:00)
E-mail:chikyu_house@yahoo.co.jp


2023年3月までに国内初の「RE Action」(再エネ100%)宣言企業200社(in静岡県)めざす塩原太一郎さん((株)スマートブルー代表取締役)

2021年06月08日 | 市政


https://smartblue.co.jp/
4月25日あさばた緑地で開催されたアースデーに「耕作放棄地にソーラー発電=ソーラーシェアリング」テーマに出店していた(株)スマートブルー。そこで試食されていたブルーベリーは、2018年からソーラー発電を備えた磐田市の耕作放棄地3600㎡の農地で作られたものでした。


こんな会社があるんだ、これは社長さんに是非とも会いたい!というのも市議会で「耕作放棄のソーラー発電としての活用」を質問していたからです。やっと本日、お会いすることができました。なんと会社は「ザ・エンブル七間町2701」。2011年東日本大震災の2年前に脱サラしていま、「再エネ 全国一の静岡県」を目指す企業のリーダーとなった塩原さん。
私より20歳も若く葵区瀬名の生まれ。


気候危機アナリストの山田久美子さんと訪問するもあっという間の2時間。4つのジャンルで構成されるスマートブルーグループ。1、スマートブルー(株):主に太陽光発電所の用地開発・施工・販売、2、スマートグリーン(株):農地所有適格法人、磐田市、茅ケ崎市にて農業展開、3、(一社)全国営農型発電協会:営農型発電の事業推進ノウハウの提供、農地転用サポート、意見書の発行、4、つづくみらいエナジー(株):しずおかけん全体を巻き込んだ再生可能エネルギーの地産地消の取組み、県内再エネ資源の確保・防衛。


「RE Action」200社運動は「つづくみらいエナジー」の取組み。大いなる刺激を受け、市民団体としてこの「スマートブルー」に連携できる新たなジャンルを作り上げたいと新潟県「おらってにいがた市民エネルギー協議会」の佐々木寛さん講師の勉強会を開催することになりそうです。まずは「スマートブルー」に注目。


6月10日は「ストップ!気候危機!」全国キャンペーン!12:30に県庁前にお集まりください!

2021年06月07日 | 市政

「公園の樹木・杜が果たしていてくれる役割は何でしょうか。心の癒しであり暑さを防いでくれることであり、大気を浄化し二酸化炭素を吸収してくれるとても大切なものです」でした。6月6日城北公園ワークショップでの建築士の八木伸一郎さんの言葉。この言葉を思い出しながら県庁アクションに参加したいと思います。
http://ato4nen.com/g7-action/

 


第2回城北公園PFI事業ワークショップに40人の市民の方々の樹木伐採の計画への驚き!テレビ静岡、SBS、静岡新聞社の取材!

2021年06月06日 | 市政


始めてこの城北PFI事業を知った人も多かったし樹齢100年を越える大木の伐採に「どうして」の連続でした。「みんなで考えよう!城北公園の会」の代表に引き受けてくれた高木敦子さんのわかりやすい説得力に感心しました。「樹木伐採反対」の声ある中、主催者側は「対決でなくより良い公園を求める」との姿勢も示されました。

マスコミ報道によりより多くの方々がこの計画を知ることになりますがどのような世論となっていくのか。市民の側も行政の側もそれぞれにその力量が問われます。言うまでもなく議決した議会の側の力量が問題となることは言うまでもありません。


知事選挙前半サンデー、草薙駅南口の川勝候補の街頭演説に100人の市民、そして林県議、栗田・風間・後藤・安竹・白鳥・まつや市議メンバー!

2021年06月06日 | 市政


三保をシェアサイク「パルクル」ではしり三保神社の参拝、にわかに雨が上がり富士山の絶景が見えたと富士文化遺産の話に始まり、リニアと大井川の水、富士川の凝集剤汚染、命の水へとつながる知事の県政のへの想い。元気いっぱい!本日の街頭演説コースの富士・富士宮市に出発しました。


18:30からは西部地区オンライン演説会。中部地区は6月9日18:30~、19:20~dream.shizuoka2021@gmail.com オンライン演説会参加希望と書き、住所、氏名、電話。メール、質問を書いて送ってください。


6月6日(日)15:00~城北公園にて静岡市PFI事業案に基づくワークショップにご参加ください!

2021年06月05日 | 市政

樹木100年を越える大木の「杜」!現在のままの事業案では全部ではありませんが失われるゾーンがあります。ワークショップに参加して現地を確認してください。終了後に「みんなで考えよう!城北公園の会」を設立します。