紫の物語的解釈

漫画・ゲーム・アニメ等、さまざまなメディアにひそむ「物語」を抽出して解釈を加えてみようというブログです。

【るろうに剣心】緋村剣心の物語を追う[十字傷]

2010-05-26 23:38:06 | ○○の物語を追う
前回からの続き


  田園での生活

禁門の変後、朝廷は長州を「朝敵」とし、幕府に対して長州征伐の勅命を下した。
一方、長州内部では藩論が分裂しており、俗論派が政権をにぎっていた。
長州は征伐軍の要請に恭順し、なんとか征伐を免れる。
元治元年12月には高杉晋作が藩政を奪回しようと下関で挙兵した。
長州は完全に内乱状態におちいった。
そんな中、剣心は京の外れの農村で巴と二人暮らしていた。

元治元年の12月暮れ。
剣心は「検心」と名乗り、薬屋として生活。
血塗られた生活からはすっかり遠ざかっていた。



村の子供からは面倒見のよいお兄ちゃんとして慕われる日々。
貧農に生まれ早くに親兄弟を亡くし、10歳からは飛天御剣流の
苛烈な修行の日々を送り、14歳から現在までは人斬りとしての
血塗られた道を歩んできた剣心にとって、この農村での5ヶ月は
「幸せ」と呼べるものであった。
剣心はこのところ、よく笑うようになっていた。

せめて新年を迎えるまでは、この日々が続けばいい。
そう願っていた。


  巴の過去



そんな中、巴の弟である「縁(えにし)」が剣心と巴の前に姿を現す。
自分たちの居場所を知っている者がいることに不審を覚える剣心。
どうやら穏やかに新年を迎えることはできないかもしれなかった。

縁来訪に動揺を覚えたのは巴も同じであった。
巴は剣心に自分の過去を話すことを決意する。

巴は江戸の御家人の娘であった。
裕福ではないが、貧しくもなく家族と平和に暮らしてきた。
そして、巴には許婚がいた。
相手は同じ御家人の家の次男で幼なじみであった。
文武はからきしだが誰にも優しく、努力の人であったという。
しかし、その許婚は京都見廻組に参加し、動乱の京都で命を落としたのだった。



巴は自分の過去を告白し、剣心の胸で泣いた。
剣心は巴の過去を受け止め、自らの過去も巴に語った。
そして、ひとつの悟りに達する。

飛天御剣流がいかな超越の剣でも、時代を変える力にはならない。
まして、人の幸せの全てを担うことなど出来はしない。
出来るのは、「この目に映る人々の幸せを一つ一つ守ること」であると。

剣心は、新時代が来たら人を斬ることなく守る道を探すことを決意する。
同時に、手にかけた人たちの幸せを奪った罪を背負い、償う道を探すことも。
そして、巴が動乱で一度は失った幸せを、今度は自分が築き、守り抜くことをも。

巴は自分が剣心を愛していることを悟り、微笑んだ。
次の日の朝、巴は剣心のもとを去る。


  十字傷

巴は、幕府の隠密集団「闇乃武(やみのぶ)」が放った
緋村抜刀斎の弱点を探るための諜報員であった。
が、剣心を愛してしまった巴は偽りの弱点を報告をする。



しかし、闇乃武の狙いは巴自体を抜刀斎の弱点に仕立て上げることだった。
抜刀斎を「結界の森」に誘い出し始末するために巴は利用されていたのだった。

巴を奪われたと思った剣心は怒り、結界の森に足を踏み入れる。

その森は、まさに結界であった。
襲い掛かる闇乃武の刺客たちに、剣心の六感は次々と奪われていく。
聴覚も視覚も狂わされたまま、満身創痍の剣心は闇乃武頭領である
「辰巳(たつみ)」のもとに辿り着くが、すでに剣心はまともに
闘える状態ではなくなっていた。

剣心は既に勝機なしと悟り、狂わされた視覚をあえて断ち、
辰巳に相討ち覚悟の特攻をしかける。そして―!



剣心の斬撃が繰り出される一瞬に、巴は辰巳の身体を押さえていた。
視覚を断ったままの剣心は巴に気付かず、巴の身体ごと辰巳を斬り伏せたのだった。



巴の手から落ちた短刀が剣心の左頬に傷を付ける。
かつて付けられた傷の上から、新たな傷が剣心に刻まれた。
剣心の慟哭の中、巴は微笑みながら息をひきとったのであった。


後日、巴の日記より、巴の許婚の名を剣心は知ることになる。
「清里明良(きよさとあきら)」
それは、剣心の左頬に最初に傷を付けた相手の名であった。
そして、剣心が斬り殺した相手の名でもあった。
巴の許婚を殺したのが自分であったことに衝撃を受ける剣心。

思わず、頬の傷に手をやる。
巴の短刀と、その許婚により付けられた傷は十字となって
剣心の罪の証として左頬に深く刻み込まれていた・・・。


  遊撃剣士として



年が明け、田園を訪れた桂小五郎により、長州の人斬り稼業が
「志々雄真実(ししおまこと)」という人物に引き継がれたことが告げられる。
剣心は、これからは「遊撃剣士」として新時代を切り開く最前線に立って
欲しいのだという。

心に深い傷を負った剣心だったが、今ここで刀を捨てたらこれまで自分が
殺めてきた命すべてが本当の無に帰してしまう、
と新時代が来るまでは剣を振るうことを決意する。

そして、京の町に再び緋村抜刀斎の姿が現われる。



幕末の動乱期に再び姿を現した剣心は、宿敵となる新選組隊士
斉藤一と幾度か刃を交えた。
新選組隊士とでは、他に沖田総司、永倉新八とも交戦しているが
いずれも決着はつかずじまいであった。

そして、慶応4年(1868年)。剣心18歳。


  新時代に生きる



戊辰戦争の第一の役である鳥羽・伏見の戦いに参戦した剣心は、
この戦いを最後に刀を置くことを決意する。
この戦いの中、剣心は巴の弟・縁の姿を目撃した。
その髪は真白に染まり、まるで幽鬼のようであったが、
すぐに縁は視界から消えた。
剣心が縁と再会するのはこれより10年後となるが、それはまた別の話。

鳥羽・伏見の戦い終結後、剣心は桂小五郎から許可をもらい、志士を抜けた。
すでに新時代の到来は目前に迫っていた。
剣心は、かつて巴に語った「新時代が来たら人を斬ることなく守る道を探す」
ことを実践しようとしていたのだった。

刀を持たずに旅立とうとする剣心に、一振りの刀を渡した人物がいた。



新井赤空(あらいしゃっくう)。
維新志士たちの刀を打っていた刀匠で、人斬り時代の剣心の刀も
この人物の作であった。
その人物から新時代の幕開けに渡された刀は、
峰と刃が通常の刀とは逆に付いた「逆刃刀(さかばとう)」であった。

人を斬ることなく、新時代に生きる人を守る道を探す剣心にとっては
うってつけの刀であった。

剣心はこれより、全国を放浪して目に映る人々を助ける
流浪人(るろうに)としての人生を歩むこととなる。


 次回へ続く


拍手ボタン
記事が面白かったらポチっとよろしくです。


るろうに剣心 明治剣客浪漫譚 追憶編 ディレクターズカット(DVD)
コメント (47)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 【るろうに剣心】緋村剣心の... | トップ | 【るろうに剣心】緋村剣心の... »
最新の画像もっと見る

47 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
viagara vs levitra vs cialis (beiptdiop)
2021-08-27 23:41:11
propecia uk
coreg and cialis (buy stromectol pills cheap)
2021-09-09 01:16:41
Cialis Prix Pharmacie Maroc
combined cialis viagra (where to buy cialis cheap)
2021-09-09 01:37:59
Cialis 20 Mg Medicament
generic cialis viagra (cialis comparison diflucan viagra)
2021-09-09 11:26:00
pastilla cialis y alcohol
cialis by paypal (drearge)
2021-09-09 13:01:47
buy cialis
cialis daily pills (Allotte)
2021-09-09 15:25:21
rush limbaugh viagra
is cialis authentic from india (Aspesyday)
2021-09-10 06:48:41
http://buystromectolon.com/ - buy stromectol 24 mg pills
buy apcalis oral jelly einnahme (Inarmenny)
2021-09-15 04:01:45
Zithromax
cialis warning label (FLORIABOR)
2021-09-17 02:59:32
http://buyzithromaxinf.com/ - Zithromax
rofnhhuj (Miabrita)
2021-09-20 00:53:30
best sildenafil brand generic

コメントを投稿

○○の物語を追う」カテゴリの最新記事