ポコアポコヤ

食べ物、お菓子、旅行、小説、漫画、映画、音楽など色々気軽にお話したいです(^○^)

「鼓笛隊の襲来」「となり町戦争」三崎亜記

2010-01-22 | 小説・漫画他

最初に読んだのが「となり町戦争」でした。
とても不思議でユニークな発想だなー!!と感心したのですが、肝心のお話の展開がいまひとつ盛り上がらないというか・・・着目点やアイディアは斬新で素晴らしいんだけどお話がちょっと残念だった・・・という印象でした。
中盤からは、役場の女性と主人公の関係がメインになってしまって・・・、その2人の関係も、なんだかつかみどころがないというか・・なんというか・・。
とはいえ、この作家さんの他の本も読んでみよう!と興味が沸く本でした。3つ☆~3つ☆半

となり町戦争 内容(「BOOK」データベースより)
ある日届いた「となり町」との戦争の知らせ。僕は町役場から敵地偵察を任ぜられた。だが音も光も気配も感じられず、戦時下の実感を持てないまま。それでも戦争は着実に進んでいた―。シュールかつ繊細に、「私たち」が本当に戦争を否定できるかを問う衝撃作。
・・・・・・・・・・・・・・・

次に読んだのが「鼓笛隊の襲来」
短編集だったので、サクサク読みやすかったです。
やっぱり、この三崎さんって人はなかなか個性的で面白い発想の持ち主なんだな~と感じました。また機会があれば、他の長編ものも読んでみたいです。

「鼓笛隊の襲来」
戦後最大級の「鼓笛隊」が日本に上陸する!
台風のような、戦争のような、とってもユニークで面白いお話でした。最後のおばあちゃんと一緒に住んでもいいかな・・ってオチはあまり好きではないけれども(^^ゞ とにかく面白いお話で気に入りました。

「彼女の痕跡展」
目覚めると、現実にはそうじゃないんだろうに、恋人を失っているんじゃないか?とか、・・・なんじゃないか?という気がして・・という、不思議なお話。

「覆面社員」
この時代、多くの人が、覆面をかぶり違う名前を名乗って生活しているのが普通になっている・・・。
ここ数ヶ月、マスクをいつもつけて生活してるせいか・・覆面をかぶったまま・・ってのもあり得るんでは・・?と、ちょっと思ってしまいました。

「象さんすべり台のある街」
郊外の丘陵地の分譲地に引っ越して来た一家。そこの公園に、本物の象がすべり台としてやってきた・・・。年老いた象は、ある事件で人助けをし・・・。
 本物の象が!ってのには笑った。そして本物の象とは、絵の様な可愛らしいものではなく、皮膚の感じとかが独特で、子供が喜ばず・・というのも哀しいかな、解る気がしました。

「突起型選択装置(ボタン)」
彼女の背中にボタンがある・・・。
これも面白かった。押すとどうなるのか、とっても気になりました。誰か押す人がいてもいいのにな~。

「欠陥」住宅」
電話連絡できなくなった友人宅を訪れると奥さんが出てきて・・・。

「遠距離・恋愛」
恋人は浮遊する街に仕事で派遣され住んでいて、たまにしか地上に降りてきて会う事が出来ない。
これもユニークだな~!

「校庭」
校庭の真ん中に一軒の家が建っていた。

「同じ夜空を見上げて」
5年前、突然姿を消した列車に乗っていた恋人。知恵の輪が・・。

どれも面白かったけれど、やっぱりタイトル作が一番面白かったかな。象さんのお話も哀愁があって好きだし、遠距離恋愛も設定が面白くて好き。
オチとしては、「校庭」はインパクトがあった。4つ☆
三崎さんって、男性?女性?と、気になって画像を検索してみたら、男性だったのですね。でも一見すると、一瞬女性かな?って間違ってしまいそうな雰囲気も漂っていて、中性的な方でした。

ちなみに本の装丁(表紙や中の方)についてる楽譜は、「はとぽっぽ」の一部分を使ってるそうです(娘が発見しました

コメント (4)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
« 「京大少年」「京大芸人」感想 | トップ | ワッフル「R.L エール・... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown ()
2010-01-23 22:54:04
ユニークな発想に引き込まれますね。
私が三崎さんの作品で他に読んでいるのは、「失われた町」と「刻まれた明日」です。
どちらも雰囲気はにていて、町が消滅したり、人が消えてしまったりします。
どちらもおススメです。
鼓笛隊の襲来 (日月)
2010-01-23 22:56:49
私も鼓笛隊の襲来が好きです。「勢力を弱めながらマーチングバンドへと転じる」ってセリフにやられました。( ̄▽ ̄)
三崎さんの作品は非日常的な日常世界のつくりかたが絶妙で、路地を一つ間違えて入れば、すぐそこにありそうな気がします。
花さん☆ (latifa)
2010-01-25 16:14:55
こんにちは~花さん
三崎さんって、確か・・ダヴィンチっていう雑誌に、小さいコーナーで連載みたいのを載せていて、お名前はよく見ていたのですが、実際に本を読んだのは、これが初めてでした。
表紙とタイトルにソソられて・・・。
でも、内容的には、鼓笛隊の方が面白かったし好みでした。
失われた町や、刻まれた明日も、読んでみますね
日月さん☆ (latifa)
2010-01-25 16:22:52
日月さん、こんにちは~
わーい!!日月さん、ありがとうございます~。三崎さんって凄いメジャーってわけじゃないみたいで、本を読むブロガーさんでも、みんながみんな誰でも読んでる・・ってわけじゃなさそうで・・・。
そんな中、以前より日月さんも三崎ワールドが好きだったことが解り、ツボがやっぱり似てる処があるのかも!って嬉しくなっちゃいました。

>「勢力を弱めながらマーチングバンドへと転じる」ってセリフにやられました
 解ります~!

なんか三崎さんの真面目に、でも滑稽な様な・・・この妙なバランス感覚が好きです。

コメントを投稿

小説・漫画他」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

6 トラックバック

三崎亜記『となり町戦争』 (時折書房)
となり町戦争 (集英社文庫) 久しぶりにこういう感じの小説を読んだ気がしました。 内容(「BOOK」データベースより) ある日、突然にとなり町との戦争がはじまった。だが、銃声も聞こえず、目に見える流血もなく、人々は平穏な日常を送っていた。それでも、町の広報紙に発...
「鼓笛隊の襲来」 三崎 亜紀 (日々の書付)
「廃墟建築士」を読んでから三崎ワールドの不可思議な魅力にとりつかれてしまいました。 幻想と現実が奇妙に入り混じった世界。 もし、パラレルワールドがあるとしたら、 どこかにこんな世界が存在するのではないでしょうか。 ・戦後最大規模の鼓笛隊に遭遇する家族...
本「となり町戦争」 (<花>の本と映画の感想)
となり町戦争 三崎亜記 集英社 2005年1月 となり町戦争/三崎 亜記 ¥1,470 Amazon.co.jp
本「鼓笛隊の襲来」 (<花>の本と映画の感想)
鼓笛隊の襲来 三崎亜記 光文社 2008年3月 赤道上に、戦後最大規模の鼓笛隊が発生した。老人ホームに入居している義母もつれてくるが、この襲来に、避難しないで家でいる家族だったが・・・・・・・ あり...
戦争は静かに始まる『となり町戦争』 (再出発日記)
図書館でこれを借りるのに一年待ちました。『となり町戦争』集英社 三崎亜紀第17回小説すばる新人賞受賞作。普通に暮らしていた会社員の僕の元に届いた町の広報。町民税の納期や下水道フェアの告知とともに、そこには、となり町との開戦のお知らせが書かれてあった一点ど...
奇妙な文学 (笑う学生の生活)
小説「鼓笛隊の襲来」を読みました。 著者は 三崎 亜記 9つの話からなる短編 今作でも三崎ワールド健在 ちょっと普通とは違う世界でおこる物語 9作品 どれも面白い 設定の奇妙さが効いてますね 全体として どこか悲しさがあり 何か失った者たちを描いているような ...