ポコアポコヤ

食べ物、お菓子、旅行、小説、漫画、映画、音楽など色々気軽にお話したいです(^○^)

無極 PROMISE 一番綺麗だった人 ニコラス・ツェー

2006-02-11 | 映画感想 他

無極 THE PROMISEを見てみました・・・(中国版)
前にちょっと書きましたが、アクションシーンのCGが、良くない!!
昔風の安っぽい感じ+アラレちゃん風
(旦那曰わく、あの安っぽいCGは、わざと狙ってじゃないのか?と・・)
でも、大まじめに作られているというのが、げに哀しい
上のポスターは、数少ない?ニコラス・ツェー版。中国から拝借
してきました。扇子での戦いというのは初めて見た気が。

爆走シーンを一生懸命撮影してるシーンを先日何かで見ましたが、
気の毒で、可哀想・・・・
真田広之とチャン・ドンゴン、オール中国語で、しかも上手そうだし
(噂で聞いた処によると「大地の子」の一心に言葉を教えた先生担当だったらしい)
真剣に取り組んでいるのが伝わって来るのに、、、、
衣装とかも凝ってるのに、、お金もものすごくかかってそうなのに・・・
あ”~~~~なんだかもったいないって映画でした。
中華ファンタジー という風に見るべき映画なのでしょうけれど、いかんせん
あの動き、あのCGは、安っぽ過ぎるし、ギャグに見えてしまいます


ところで、この映画で、一番美しかったのは、チャンドンゴンでも真田さんでも
セシリア・チャンでもなく、、ニコラス・ツェーという香港の俳優さんでした。
私はこの人、初めて見たのですが、やっぱり若いって素晴らしい。
お肌がツルツルで、美オーラを回りに放っておりました。

そういや、友達が、なんか前にジャッキーチェンと一緒に出た人が格好いい
と言ってたなあ・・と思い出した。
どんな人なのかな?ってちょっと調べてみたら、1980年生まれ。父親は謝賢
(パトリック・ツェー)小林サッカーに出演してるらしい どの役かな?
母親は狄波拉(デボラ・ライ)といずれも名俳優。カナダに長い事住んでいたので
英語も上手らしい。1996年頃から歌手デビュー、ヒットを飛ばし、
98年には『新古惑仔之少年激闘篇(邦題:硝子のジェネレーション・
香港少年激闘団)で映画デビュー、香港では大スターだそうです。

ここからが、おお~~っ!!と、驚いてしまいました。(中華芸能に詳しい方なら
当然絶対知ってることなのでしょうけれど、私は全く知らなかったので)
王菲(フェイ・ウォン)との破局
スキャンダル続きで02年夏には芸能活動休業を宣言したが、03年春には復帰宣言をし、活動を再開した。その後、張柏芝(セシリア・チャン セシリア・チョン)と交際。」

え~~っ!フェイ・ウォンったら、「恋する惑星」のあの子ですよね?
姉サンカップル10歳以上の年の差すごーい!!
フェイ・ウォンは歌手業でも大スターで、広東語の歌では世界中で一番の
売り上げ枚数を誇るそうです。

それと、え~っ!セシリアチャンって、この「無極」の主役女優ですよー!!
韓国映画「パイラン」(日 ラブレター)と、星願(星願 あなたにもういちど)
の、あの人ですよー!!

無極映画よりも、私にとっては、このニコラス・ツェーの身辺が一番衝撃でした。

それにしても・・・チェン・カイコー、どうしちゃったのかなあ・・・という感じです。
さらば、わが愛/覇王別姫(はおうべっき)(1993)
人生は琴の弦のように(1991)
等、90年代最初までは、良い作品を
作って来て、好きだったのに。
北京バイオリンも、手放しで好き!良かった!って作品って訳じゃ
なかったけれど、結構良かったのに。少なくとも、同じ2002年にチャン・イーモーが
作ったHEROより、ずっと好きで、これからまた良いの作ってくれるんじゃないか?
って期待してたのだけど・・・ 
チャン・イーモー監督とチェン・カイコー監督の映画

以下ちょっとだけネタバレ

すいません、たこあげシーンには笑ってしまいました。
それと、子供の頃、ワクワク見てた、サーカスで鉄網の大きい球の中で
バイクが走るやつを思い出すシーンも有りました
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (24)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「花とアリス」岩井俊二 美... | トップ | wonkaチョコ発売、リップスラ... »
最近の画像もっと見る

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
げんなり・・・ (funi)
2006-02-10 17:58:01
まあ元々見る気はなかったんですが、私も宣伝番組見て、ドンゴンのあの走る姿に幻滅・・・。

いや、ドンゴンが悪いんじゃない。設定が悪いんだ(って全否定かよ)。

あれ見て笑わないほうがおかしいです。

まあ私の感覚が世界基準ってわけじゃないですけどね・・・でもねえ・・・。

フェイ・ウォンって怖いくらい年とりませんよね。あんまり好きじゃないんだけど(笑)
これっ (honey)
2006-02-10 23:45:49
見たいと思っていたんです!

でも、アラレちゃん風かぁ(笑)またもや予告編に騙されるところだった・・・。

でもどれだけ安っぽいCGか見てみたい気もしますね

へー (MRSY)
2006-02-11 03:47:09
この映画、すごく宣伝されてますね。

YAHOO!のTOPページにまで広告を出してました。

中国での興行成績が一番だとかで、どんな大作かと思っていたのですが・・・。

各国の人気俳優が出てるからみんな見てるのでしょうね。
funiさん☆ (latifa)
2006-02-11 08:46:22
>いや、ドンゴンが悪いんじゃない。設定が悪いんだ(って全否定かよ)。あれ見て笑わないほうがおかしいです。

 旦那がね、絶対これは狙ってる!笑うべき場所なんだから、笑っていいんだ。って言うんですけど・・・。でも、あまりにドンゴンが気の毒でした・・・。真田さんとか、ニコラスツェーなんて、結構格好良く撮ってもらってるんだもの。



旦那が映画館に見に行きたいって言うんですよ。実際映画館に行って、みんなが爆笑するかどうか確認したいって

真面目に見るんじゃなくて、小林サッカーみたいな感覚で見ようと思えば、面白く見れそうな映画なんでしょうか・・・
honeyさん☆ (latifa)
2006-02-11 08:48:39
こんにちは~honeyさん

なんだか見に行く前に、行く気を失せさせるようなことを書いちゃって、ごめんなさい・・・

でも、映画館に行かれるにしても、チャンドンゴンの部分のCGは笑ってしまうかもしれない・・・って頭に置いてから見た方が良い様な気はします・・・

もし行かれたら、honeyさんの感想、すごーく楽しみに待ってますね!
MRSYさん☆ (latifa)
2006-02-11 08:51:01
こんにちは~MRSYさん

中国では去年先に公開されて、評判はさんざんだと聞いています・・・・

大半の人が酷評し、でも一部にはとても評判が良いらしいです。

やっぱりどんな作品でも、好きな人、嫌いな人、受け取る側の好み次第ですもんね。
チェン・カイコー ()
2006-02-11 10:40:58
この映画はまだ見ていないのですが、この監督は最近は「一体、どうしたんだ!」という感じばかりです。

これも不安な予感が・・・。

見た後で感想を書きます。
また、、、CGか (レイ)
2006-02-11 11:10:32
この前、スマスマでドンゴンッシが出てきて、

やっぱ、オーラがちがうなぁ、、、タメとはいえ

仲居君との差に愕然としてたところでした。

別に、ファンじゃないんですが。



きっと、ドンゴンッシは笑わせようとしてなかったのに、

出来上がって実際見たら「はめられた!!!」って

思ったかもしれませんよねぇ。(まさか?)

この前の「セブンソード」といい、いいかげんにしてくれい!って感じですよね。

金のムダ、、なんて、私も見る前からきめつけちゃ

いかんですが。

昔、香港映画フリーク時代も、「ここは、ぜーーったい

笑わせどころだろ」っていうとこで、大笑いしたら

劇場の中で(ったって、総勢10名くらい)私、ひとり

大笑いっていうときありました。。。さみしい。。。



チェン・カイコーにしろ、チャン・イーモウにしろ

アン・リーにしろ、どうしてもこういうの一度は

撮ってみたいのかしら。

中国人の性っていうか。

中国人なら一度はね♪なんて。





哲さん☆ (latifa)
2006-02-11 19:00:27
>この監督は最近は「一体、どうしたんだ!」という感じばかりです。

 やっぱり・・・

そう思われている方が多い様ですね・・・



でも哲さん、もしや前売り券、お持ちな様ですね・・・

是非見られたら、感想文書いて下さいね。

楽しみにしています
レイさん☆ (latifa)
2006-02-11 19:08:23
見てましたよ、私もその時のスマスマ!

キムタクが、3ウの時とは明らかに態度が違ったそうですね(3ウは苦手なので、その時の放映は見てなかったので比較のしようがないんだけど(^^;))

私は、くさなぎ君がインフルエンザでお休みだったのが、あ~あ!ってとても残念でした。あの場所にくさなぎ君がいたら、もっと面白かったのにな。



>タメとはいえ仲居君との差に愕然としてたところでした。別に、ファンじゃないんですが。

ドハハハ!!私も同じこと思いました。親しさ込めてなんだろうけど、チャンはさ~なんて、なんかそういうノリは、どうなのさ?ってちょっと思いました。私も別にチャンドンゴンは外見は、正直、何とも思わないんだけど(爆)私の息子?の優しく立派な兄なので(なんかハチャメチャな文だナ)人間的に好感持っているんです。



>「ここは、ぜーーったい笑わせどころだろ」っていうとこで、大笑いしたら劇場の中で(ったって、総勢10名くらい)私、ひとり大笑いっていうときありました

ゴメンね、笑っちゃいました、その様子が頭にリアルに浮かんでしまって。しかも、その劇場に総勢10名くらいしかいなかったというのが、また更に悲しい・・・

中国人監督のサガ・・・切ないっすね・・・

コメントを投稿

映画感想 他」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

5 トラックバック

promise(無極) (陽のあたる場所。)
いよいよ明日からプロミス公開ですね。おいらちょっとお先に観てまいりました。チャン・ドンゴン走っております。走ってばかりです。真田広之のアクション相変わらず切れております。45歳にしてあれだけ動けるとは凄いの一言です。このプロミス最初はCG使いすぎじゃんっ
PROMISE プロミス/-無極- (我想一個人映画美的女人blog)
日韓香港を代表するキャストの共演!チェンカイコー監督作品 セシリアチャンの新作として、出演が決まった時点から ずーっと楽しみにしていた作品{/hearts_pink/} 豪華絢爛、煌びやかなアクションファンタジーの誕生{/kirakira/} いきなり王妃を愛してしまう大将軍、日本
PROMISE (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
PROMISE ★★★☆☆ 戦乱の世で親を亡くし、行き倒れ寸前だった少女・傾城は女神から真実の愛と引き換えに、すべての男からの寵愛と何不自由ない暮らしを約束され、やがて王
PROMISE プロミス (★YUKAの気ままな有閑日記★)
TV鑑賞―【story】ボロを着て死体の食べ物を漁る少女の元に女神が現れて言った。「約束しましょう望むものは全てお前に与えます。ただし真の愛だけは永遠に得られない。それでもいいですか?」少女は「それでもいい。」と答えた―運命という逃れられない約束の中に閉じ込...
THE PROMISE/無極 (虎猫の気まぐれシネマ日記)
これは,公開当時に劇場で鑑賞したけど,あまりにも予想していた作風と違うことにがっかりして,セシリア・チャンの人間凧のシーンで,それ以上我慢できなくなって,劇場を途中で出た記念すべき作品である。(口直しに観たのが「フライト・プラン」。こっちもイマイチだっ...