センターLIONS

★埼玉西武ライオンズのことを中心に★
そして♪ライオンズのセンターは赤田将吾♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

LEX、帆足インタビュー

2007-12-17 22:15:17 | 埼玉西武ライオンズ

‹帆足インタビュー聞き手:上野アナ
ご協力いただきましてありがとうございます
「とんでもないです。」
思い起こせば今から7ヶ月前ほど前に四谷で焼肉をつつきながらw話をしていたあのシーンが懐かしく思い出されますが、シーズン前に約束してくれた復帰への道筋、見事なまでに実現してくれて、それがうれしかった
「そうですかね、数字的にみるとちょっとイマイチだったんで、ちょっとあの時やっぱり肉が足らなかったのかなっていうのがありますけどw」(笑)
その分はオフにもう1回
「そうですね。」
でも復帰までは順調にいって、そこから先ですよね
「そうですね。まあ、肩、ねえ、痛みはなかったのは良かったんですけどそっから先がなかなかいかなかったんで。
痛みはなくても思ったより振れていないってのがちょっとあったんで、ホント時間かかったなっていうのは強く感じますね。」

今シーズンの中で最初はまずまずの登板でした
その後から徐々に課題が見え始めて、それがまた戻ってきた
この辺で手応え、きっかけありました?
「やっぱりビデオ見てて思ったんですけども、今までちょっと、何度も言うんですけど腕の振りが違うなっていうのが強く感じてたんで、はい。
終わりごろになってやっと振れてきたかな、去年に戻りつつあるかなっていうのがあったんで、はい。
ちょっと遅かったかなっていうのがあるんですけども。
今が1番いいんかなって感じですね。」
肩は問題ない?
「そうですね、それが今1番大きなことですね。
痛みもなくしっかり投げれてるんで。」
来シーズンに向けて、このオフにその辺を調整していく?
「オフ、結構ノースローとかでやってたんですけども、今年は今キャンプでも全然違和感もないしいい感じで抛れてるんで。
今年はキャッチボールを常にやってキャンプいけるようにしとこうかなと思ってます。」

秋のキャンプ、新しいことに取り組んだ?
「チェンジアップ、えーちょっと外に逃げる系を今取り組んでやってるんですけども、はい。」
手応えのほうは?
「ねー、なんかまだその日その日によって違うんで大変なんですけど、いろんな人にチェンジアップの握りとか投げ方聞いて、どれが自分にしっくりくるのか確かめてる段階なんで。」
チェンジアップを使うにあたって、誰から何かを言われたってことあるんですか?
「いや、誰かっていうのはないですけども。
いろんな人、岸とかもいいチェンジアップ投げるし、山岸も投げるんで、ちょっとそういうの聞いてみて自分でやってみて、合うようであればそっからちょっと変えてみたり、やってますけど。」

じゃあ、増やそうっていうのは自分で思って
「そうですね。外のちょっと抜いたボールが欲しかったんで。
どうしてもインコース系の真っ直ぐ、スライダー系に待たれる傾向が強かったんで。
そこで1つ外へ抜いたボールがあればもっと広がるかなっていうのがあったんで、はい。」

それができると来シーズンはまた2桁
「そうですね、できればねえ。
涌井と岸と西口さんの負担が減ると思うし、はい。
やらないといけないかなっていうのは強く感じてるんで。」

帆足さんの場合、左の先発っていう、それだけでも貴重なわけですからね
「そうですね、それもありますけど、はい。」
どうですか、背番号47の重みっていうのを感じながら
「そこはでかいっすね。
工藤さんがアレだけやってきた人なんで自分も負けるわけにはいかないんで、はい。」

野球の話とは離れてこのオフ何かしたいことは?
「野球にも関係あるかもしんないですけどバドミントン。
ちょっとこれ野球の投げ方に関係あるかなって自分で思ってバドミントン取り入れてみようかなって自分の中であるんで。
ひじの使いですかね、ちょっとやってってみようかなと今思ってます。」

それは誰かにコーチしてもらったり?
「いや、そういうわけじゃないんですけども、一応トレーニングコーチっていうか福岡の人にいろいろ調べてもらってる人いるんで、そういうのいろいろ聞いてやっていきたいなと思っているんですけど、今年は。」
確かに腕の振りっていうのは似てる感じしますね
「そうでしょ、結構ハードだし下半身強化も含めひじの使い、いいかなと思ったんでちょっとやっていってみようかなって。」
ということはこのオフは意外と野球漬けの
「そうっすねー今年がんばってない分、やっぱ来年しっかりやらないといけないんで。」
来年、シーズン通してって期待したいですもんね
「ですね。1シーズンしっかり上でマウンドに立たないといけないと思うんで。」
来年、今描いてる自分の理想像ってあります?
「投げればお立ち台で笑ってますね。」(笑)
お立ち台で約束してください
「いや、お立ち台にはあんまり立ちたくないんですよ。」
立ちたくないんだ
「はい、恥ずかしいんでw」
何をおっしゃいますかw だいぶしゃべるのもいい感じになってきたんじゃないですか?
「慣れは怖いですね。」(笑)
今シーズンやろうと思って出来なかった我々のこととしては1つ
シーズンの立ち上がりに帆足さんがいなかったのでホアシートの告知を帆足さん自身にしていただきたかんですけど、それが出来なかったのが残念だった
「あー、そうですねえ。」
来年は是非
「考えておきます。」
ということは来年もホアシート継続と考えていいんですか?
「じゃないとね、ちょっとね、お客さんもこっから巻き返してガンガン来て貰いたいんで。
予定は未定ですけどw」
今シーズン途中から帆足さんの登板日にホアシートプレゼント出来るっていうのが1つの目玉になりましたんで
「そうですね。」
来シーズンこそは1年通して
「はいがんばります。」
改めてファンの皆さんへひとこと
「元気出してがんばりましょう。」

スタジオの飯塚アナが「帆足投手のおもしろインタビューでした」とコーナーをしめたけど(笑)
笑いもあったけどかっこよかった。
『1シーズンしっかり上にマウンドに立たないといけない』この辺熱めに言ってたのでかっこいいと思ったところで、お立ち台ネタで外したってかんじ。
楽しみだなー、ホアッシーのチェンジアップ
私の予定ではしっかりローテで活躍してるからね~
んで、最後のほうのホアシートのくだりは文化放送的営業色丸出しでした
秋のキャンプ中の録音インタビューだったようなので、今はキャッチボール程度の取り組み中かな。

 お願いします。

『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« センターLIONSな【回顧... | トップ | LEX、岸くんについて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

埼玉西武ライオンズ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事