とね日記

理数系ネタ、パソコン、フランス語の話が中心。
量子テレポーテーションや超弦理論の理解を目指して勉強を続けています!

中学生から読めるNewtonライト

2018年02月13日 19時46分47秒 | 理科復活プロジェクト


昨日の夕方、いつものカフェで僕の隣の席で勉強していた中学生とおぼしき少年。

この参考書と問題集を熱心に読んでいた。

増補改訂版 語りかける中学数学: 高橋一雄



付箋紙がたくさん貼られているから、かなり読み込んでいる様子。見込みがあるなと思った。

「あのう、その参考書だけど、自分で選んだの?」と話しかけた。

「はい、そうです。」とその少年。

「あ、そう。その本はとても良いから、むかしブログに紹介記事を書いたことがあるんだよ。」と記事のページを見せた。

「そのブログ知ってます!」と少年。

「えっ!そうなの!」

中学2年生とのこと。中学生にも読まれていることに少し驚いた。というか、すごくうれしい。

これをきっかけに、少しだけ特殊相対性理論を教えてみた。少年がピタゴラスの定理を知っていることを確認してから、平面から直方体、4次元まで拡張できることを教えて、4番目の次元を時間(t)にしてから符号をマイナスにする。

つまり時間と空間はまとまって4次元の時空として存在し、特殊相対性理論は4次元のピタゴラスの定理の変形版のようなものだということ。かなりいいかげんで大ざっぱだが、これで時間と空間が時空として一体になったことを理解させることができる。

あとその結果、電気と磁気の法則をまとめたマックスウェルの4本の方程式が1本にまとめられてしまったことを「マクスウェル方程式を1本にまとめたのは誰?」という記事に載せた数式を図版を見せながら説明した。


あまり勉強の邪魔をしてはいけないから、物理学はそれくらいにして、あとはNewtonライトを勧めておいた。このシリーズなら中学生から読むことができる。

シリーズ全体の詳細はニュートンプレスのホームページでご覧になるとよい。

理系脳をきたえる! Newtonライト(Amazonで検索
http://www.newtonpress.co.jp/separate/light.html

物理は物理で面白いのだけれども、いずれ高校に進学したときに役立つという観点からだと、数学系のがよさそう。僕のお勧めは次の順番になる。


まずこの2冊。三角関数と微積分。

Newtonライト『三角関数のきほん』」(詳細
Newtonライト『微積のきほん』」(詳細
 


次は虚数と対数関数。

Newtonライト『虚数のきほん』」(詳細
Newtonライト『対数のきほん』」(詳細
  


そしてこの3冊。

Newtonライト『統計のきほん』」(詳細
Newtonライト『素数のきほん』」(詳細
Newtonライト『すうがくパズル』」(詳細
  


次回の記事では同じ観点から、Newtonライトの上位バージョン「別冊Newton」を紹介する予定だ。


関連記事:

高校の勉強に役立つNewton別冊
https://blog.goo.ne.jp/ktonegaw/e/f532e332f4823dae34a5df9d060ad96a

グラフィック・サイエンス・マガジン Newton の作り方(その1)
https://blog.goo.ne.jp/ktonegaw/e/ec7f96712045560b6cf3d7b1e851e49e

グラフィック・サイエンス・マガジン Newton の作り方(その2)
https://blog.goo.ne.jp/ktonegaw/e/06a11387485b7835d8147229d541497b


ブログ執筆のはげみになりますので、1つずつ応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 科学ブログ 物理学へ

人気ブログランキングへ



 

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Ne me quitte pas (行かない... | トップ | 高校の勉強に役立つNewton別冊 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

理科復活プロジェクト」カテゴリの最新記事