わくわくママの豊かな日和

15歳と12歳の男の子のママの日記 小1から不登校の息子たち 日々のわくわくそしてホームエデュケーションLifeあれこれ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

リメンバランスセミナー&忘年会

2016年12月04日 | 講座

リメンバランスセミナー&忘年会
テーマは「感情を味わい尽くすと人生がシフトする」

毎月東京セミナーではアシスタントとして
お茶やお菓子の用意などを担当させて頂いていますが
今回は前回までの会場が工事で使用出来なくなり
困ったなぁとスタッフ一同思っていたところ
たまたま先月のセミナーにいらして
久しぶりの再会をした私の知人が
いい場所あるわよぉと紹介してくださった場所が
会場となりました

so-space
というこちらの会場

なんと別室に大きな台所が付いていました〜ナイス

今回はセミナー終了後に忘年会も予定していたので

私はセミナーを抜け出しお料理などの準備を担当
注文したオードブルを取りに行ったり
巻き寿司やサンドイッチを買ってきて大皿に盛り付けたりと
バタバタと用意に追われていたものの

全て別室の台所での作業だったので
セミナーの妨げにもならずに
終了後は忘年会もすぐにスタート出来て
「ここの会場じゃなかったらこうはいかなかったねぇ」と
全てのタイミングの完璧さに今回も驚かされました

意図していなくても物事は完璧なタイミングで起きてくる

まさに今回のテーマ
「感情を味わい尽くすと人生がシフト」する・・・

そして会場も最適な場所にシフトすることを
体感させて頂いた感じでした


セミナーは半分くらいしか聞けなかったのですが
「自分の中に感情があることに気づく」ことと
「感情を味わうこと」は全く異なるという説明をしてくださって
とっても参考になり より理解が深まりました




忘年会はとにかく笑いっぱなし

心をデトックスすることを学び合う者同士
ネガティブな感情と向き合うことをネタにして
これだけ盛り上がる人達ってなんなんでしょう
変わってるわぁ
私もその1人・・・ 

途中ピンクレディや山本リンダの振り付の歌も飛び出し
もう終わる頃は顔の筋肉が痛かった

コメント

リメンバランスセミナー

2016年11月06日 | 講座

月に一度のリメンバランスセミナー

毎回お出ししているYちゃんのお菓子もとっても好評で
じわじわファンが増えつつある
今回は小さな感想ノートを置いて
お菓子の感想を書いて頂いたら
思った以上に書き込みをしてくださって
その言葉がまた暖かくて本当に嬉しかったなぁ
早速Yちゃんにも報告しよう

さて今回のリメンバランスセミナーは
懐かしい方や以前他のセミナーでお世話になった方との嬉しい再会
またその方からの情報が今まさに欲しい情報だったりと
タイムリーな出来事が重なり
ホント思ったら生成するのは一瞬と実感

感情の味わい方で疑問が湧いたり
これで出来てるのか?自己流になっていないかの確認を
最近は足利さんにすることが多いが
足利さんはきっと理論は理解できても
感情を味わうことが出来なかった体験を誰よりもしているからこそ
アドバイスがより具体的で分かり易いのだろう

だからそのたびに凄く腑に落ちる
それをまた家で一人になって感情をデトックスして
主人とも色々シェアをして
確認して実践しての繰り返し

コメント

グロービッシュ(英会話講座)&次回告知

2016年10月21日 | 講座


主人と二人で
英語講座を受講させて頂きました

『元海外駐在経験の日本人が教える
非ネイティブが話す世界で一番使われている英語
“グロービッシュ”を楽しく身につける5つのステップ』


次回は11/19(土)15:30~体験講座

 

コメント

リメンバランスセミナー

2016年10月02日 | 講座

リメンバランスセミナー
テーマは「錬金術師」

コメント

オンリーワン体験スクール2016夏

2016年09月25日 | 講座

かっくんがギフターラボのイベント

オンリーワン体験スクールに参加

アナログゲーム
ダブルダッチ
ロボットプログラミング
タワーゲームで学ぶプロジェクトワーク

以上4つのプログラムを体験

タワーゲームの感想

 「最初は上手く出来なかったけど、2回目は上手く出来たよ。
先生から解説があって・・・

“子供と社会人がマシュマロタワーをやったら
子供の方が安定して立たせることが出来る
それは一気に立たせようとする社会人に対して、
子供は少しづつ少しづつ積み重ねて高くしていく、
何でもそうなんだけど、プロトタイプが必要で、
計画とか作ることって 少しづつの積み重ねが大切なんです”

(プロトタイプ=製品などを作る前に試しに作った試作品 テストバージョン)

それを聞いて、あ~やっぱりそうなんだ!と思った
黒川さん(ピカラボのロボット制作講師)

プロトタイプから少しづつ作っていく
そういうこと全部わかって、僕に教えてくれてるんだなぁ 
凄~いやっぱりプロだなぁって思ったんだぁ


かっくんの気づきが大きかった“タワーゲームで学ぶプロジェクトワーク”は
本来予定のメニューに入ってなかったのに
最後にたまたまやらせて頂くことが出来
たプログラムだった
偶然のご縁ってホントに不思議~

 

 

コメント