花と木と、五七五(時々七七)な私と、…

ふと思ったこと、感じたことを五、七、五で言ってみる。ささやかな日常を五、七、五で切り取ってみる。
開けゴマ、開け私!

晴天の大晦日

2018年12月31日 | 日記




年用意 子ら加勢して 賑わいて


一週間ほど、この地ならではの底冷えのする悪天候だったが、今日は
本当に珍しく、朝から晴れ渡り気温もぐんぐん上がる。
グズグズだった 暮れの大掃除。
昨日、娘から電話があった時は、寒すぎるから来なくていい。こちらは自分たちで済ますから…
だが実際 遅々として進まず(笑)
今朝、娘と孫娘が手伝いにやって来た。ゲンキンな婆ば。やっとやる気が出る、というより孫たち
の元気な声に促され、みるみる窓拭きも床掃除も片付いて行く。
良かった〜。ありがとう!孫たちよ。お日様よ。感謝します!




大晦日 覚悟はしたかと 伺いぬ


よく庭に遊びに来るしっぽが長い小鳥。今日は裏口の門扉の陰から覗いてる。
「明日の準備は完了?」






暮れぎわの 鉄塔明かし 去年今年


終わり良ければ、全て良し。 総括して良い年でした。 ブログを見てくださる方
ありがとうございます。 良いお年を。


コメント (2)

粉雪舞う三十日

2018年12月30日 | 日記



平成が終わる 歳晩の朝月





香漂う 仏壇磨く 年用意





凍えて帰り来し テレビから第九



コメント (2)

孫たち今日で学童も保育園も終了。次回 我が家へ来るのは年明けに

2018年12月28日 | 日記



オレンジと

ウフフドーナチュ

年納め






コメント (2)

初雪

2018年12月28日 | 日記



雪降って来る

宮の前

過ぐる時
コメント

凍てる朝

2018年12月28日 | 日記



しんしんと

真冬来る

今朝目覚めれば





つぶやきの

白息ずっと

まといつく



コメント

孫たちの家の近くの池には

2018年12月26日 | 日記



鴨の陣

陽光曳きて

シンクロす
コメント

子どもは回復が早い。でもまだ本調子ではなくて

2018年12月26日 | 日記



お転婆が

閑かに戯れて

日向ぼこ



コメント

大霜

2018年12月26日 | 日記


西空に

月仄めくや

霜の朝
コメント

クリスマスイブ

2018年12月24日 | 日記



焼き芋の 匂い漂う 洋菓子舗

なんとか少し持ち直した孫娘たち。
でも遠出は、やっぱり厳しそう。夜は家族水入らずで、パーティをするらしい。
ケーキを予約していなかったので、ショートケーキをいくつか買って間に合わす。
大混雑の人気店。玄関先に焼き芋屋さんの出店が…。夫にはケーキよりこっち。決めた!
二人分440円也。(笑)





夢の中 鈴の音を聴く 聖夜かな


サンタクロースの存在を、去年は半信半疑で
「サンタってお父さんとお母さんやろ?」と言っていた孫娘。
小3にしてなんと!サンタは本当にいる。と言い出した。
担任の先生が「サンタクロースは実在するよ。」と話したという。
先生の言う事は絶対的!真面目一筋の小3、
信じたらしい。先生の本意はなんなのかよく解らないが、
まぁ夢のある話とし良き事としよう。
今頃孫達は、プレゼントを乗せたトナカイのソリをひく
サンタさんの夢を見ているのかな。
コメント

冬至の長い一日

2018年12月23日 | 日記



マスクの子 案じる姉も 浮かぬ顔


年末は、やはり保育園の流行り風邪を貰ってくる
下の孫。恒例とはいえ、予定してたクリスマスディナーもキャンセルせざるを
得ず。 しかも翌朝上の孫も少し熱があるのが発覚。
お腹の調子も悪そう。私もいまいちの体調で気持ちも沈むばかり。とはいえ
一番可愛そうなのは、子ども達。あんなに楽しみにしていたクリスマス。
早く風邪治りますように。





枯萩の こんがらがりて よき天気


壊滅状態(笑)の家族の体調だが、この日天気は上々。
気温もぐんぐん上がる。午後から曇り一時小雨が降るも、夜にはまた少し晴れ間が見える。




冬至の夜 へこたれるなと 夜半の月


年の瀬は、毎年風邪などで心身弱気になったり、やる気も
失せがちだけど、仕方ない話。夫は今夜も、村の役員忘年会で午前さま。夜中に外に出て
空を見上げると、光輝くまん丸お月様。じっと見つめると なんだか諭す声が聞こえたよう。
コメント (5)

終業式

2018年12月21日 | 日記



行く年や 少女一瞬に 大人びる


食いしん坊の孫娘、何故か今日はあまりお菓子類を食べたがらない。
どうやら食べ過ぎを気にし始めた様子。顔付きも少し変わってきたみたい。





新しき 暦はやばや 鎮座して


夫、早くも来年のカレンダーを、今年のカレンダーの後ろに付ける。





厨口 出れば雲間の 冬満月


月齢13.8歳の月 煌々と輝く。
コメント (2)

橋の上を散策

2018年12月19日 | 日記



この橋の 凩 曲がること知らず





さざ波に 動ぜぬ白鷺 冬ざるる
コメント (2)

やっぱり!鶯

2018年12月19日 | 日記



笹鳴きの 顔見せてから 飛び立てり
コメント

12月は瞬く間に過ぎて行く

2018年12月18日 | 日記



一日が 加速していく 師走かな





寒月や 宝石めきぬ 芽の出でる
コメント

寒夜

2018年12月16日 | 日記



静寂の 小夜降り続く 冬の雨





冷たさの 固まっている 古書の棚
コメント (2)