花と木と、五七五(時々七七)な私と、…

ふと思ったこと、感じたことを五、七、五で言ってみる。ささやかな日常を五、七、五で切り取ってみる。
開けゴマ、開け私!

要領のいい長女

2018年02月28日 | 日記

 

 

春嵐

送金の要求は

コメント

久しぶりに伯母(百一歳)と電話で話す

2018年02月28日 | 日記

 

 

 

雨だねと

伯母と話して

二月尽

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ー挿画人からー

描き直しの3枚目。

1枚目も2枚目も姉が電話をしている光景を

描いたのですが、具体的な絵はどうもこの句には

合わない気がしました。

それよりもこの句が持つ精神性を絵にしよう、と。

そうしてできた絵、雨の白梅。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

上の孫も我が妹も、雷大嫌いの超ビビリ

2018年02月28日 | 日記

 

 

 

家系なり

怯える子憐れ

春の雷

コメント (2)

季重なりだけど…

2018年02月27日 | 日記

 

 

 

ぶらんこを

春を見んとて

高く漕ぐ

 

コメント

春がいっぱい、どれにしようか

2018年02月27日 | 日記

 

 

 

春色の

花舗花を

選べずに

 

コメント

霜の朝

2018年02月27日 | 日記

 

 

屋根白し

畑も白し 庭白し

吐く息白し 部屋でごそごそ

コメント

夜更けにドッキリ

2018年02月26日 | 日記

 

 

 

猫族の

春なり突然の

叫び

コメント (2)

午後四時、孫達を迎えに行く最初の曲がり角

2018年02月26日 | 日記

 

 

 

この角を

曲がれば出会う

春の月

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ー挿画人からー

角を曲がると、三日月紳士が花束を抱えて

待っていました。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

終日雨

2018年02月25日 | 日記

 

 

 

如月の

雨しっとりと

地を癒す

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ー挿画人からー

ひと雨ごとに地中に眠っていた春が

目を覚ましてゆく季節。

もうそこまできている花の季節。

 

 

 

 

 

 

コメント

確かに真冬とは違う

2018年02月25日 | 日記

 

 

 

全開の

厨の水に

春を聴く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ー挿画人からー

全開の水で何をしていたのかなぁ…。

僕の想像は、掘ったばかりの大根を洗っていた…

です。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

悩み(ずっと誠実で優しい人と思っていたが)

2018年02月24日 | 日記

 

 

内面を

垣間見たよな そんな日は

靄の中行く 小舟の如き

コメント (2)

昨夜就寝前のカーテンの隙間に

2018年02月24日 | 日記

 

 

 

春の夜半

中天に

宵っ張りの月 

コメント (11)

三学期最後の授業参観。発表会

2018年02月24日 | 日記

 

 

教室に

響く歌声

風光る

 

学び舎の

眼差し清き

芽ぶきの子ら

 

 

 

 

コメント

掃除しなくちゃ(汗)

2018年02月23日 | 日記

 

 

仏壇の

薄き埃や

春障子

 

コメント

春満載のカフェ

2018年02月23日 | 日記

 

 

女性客ばかり

早春の

カフェテラス

 

コメント (2)