ネタバレ映画館

映画ドットコムに記事を移行してます!

スマイル 聖夜の奇跡

2007-12-17 17:18:11 | 映画2007
 『破線のマリス』という映画ではニヤっと笑う癖のため犯人にさせられた陣内孝則。とにかく笑えよ♪ラパパンパン♪

 タップダンサー、小学校教師、アイスホッケーチームの監督。繋がりのなさそうなものを巧みに融合させたところは立派なところだ。全く経験のないアイスホッケーだったけれども、父親・モロ師岡に結婚の承諾させるためにがむしゃらに勝たせようとする森山未来。動機は不純かもしれない。しかし、子供たちに奇跡を信じさせ能力を引き出したことは、教師の本分と言えるかもしれないし。

 弱小チームという設定はスポーツ映画の定番とも言えますが、この映画では弱小といっても相手チームと互角に戦える能力はあり、メンバーが少ないという欠点のため勝ったことがないという無理のない設定。そのため勤務する小学校で生徒をスカウトする森山。面白いのがそのスカウトされた子たちで、好きなエースをぶん殴った女の子千夏、コザックダンスのロシア少年、朝青龍似の相撲少年だったり・・・この3人が笑わせてくれるのです。また、森山の繰り出す素人ならではの作戦にも笑えました。

 出演者も何かとサプライズ。モロ師岡や森久美子はスクリーンに映し出されるだけで笑いが起こるし、佐藤浩市や寺島進をチョイ役で使う俳優監督ならではの贅沢なキャスティングにも満足です。少年たちはホッケーがメインとなるので、演技はいまいちでしたが・・・

 白血病となった薄幸のフィギュア少女の物語もホッケーチーム・スマイラーズと同時進行して、さらにメンバーそれぞれの家庭環境も描くという、言わば泣かせるエピソードのごった煮状態。もうちょっと絞ってくれたほうが感情移入しやすいのに・・・。

★★★・・

コメント (11)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
« マリと子犬の物語 | トップ | サーフズ・アップ »
最新の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
生ローサちゃん (八ちゃん)
2007-12-18 18:11:52
見れたので★一つアップです(笑)



期待度低めだったのですが、この季節ものとしてはまずまずだっんじゃないかと満足しています。



あのじゃじゃ馬少女が何気に期待しちゃいます。
舞台挨拶 (kossy)
2007-12-18 20:18:04
>八ちゃん様
いやはや、生○○が見れた!というだけで評価点数は上がってしまいますよね~
まずまずの映画だったと思います。俺も生ロースを食べることができてたら・・・

千夏ちゃんは今後俳優活動するとかで、次はどんな映画に出るのか楽しみですね。
森下千夏? (イッセー)
2007-12-18 20:55:59
笑わせどころの過剰演出、ぶった切りシーン転換
唐突な難病、試合進行の強引さなど荒さは見えるものの
20年前の設定だしクリスマス映画としては良い出来でした。
ハリウッド的 (祐。)
2007-12-18 21:38:04
加藤ローサが出ていたので、「シムソンズ」的な展開かなと思っていたのですが、ベタな展開ですが、ハリウッド的な展開なので解りやすくてよかったと思います。それにしても、最後の最後でオカルト映画になるとは。。。すこしビックリしましたが、おおむね、いいかな。
少林ホッケー (kossy)
2007-12-18 23:11:17
>イッセー様
笑える部分は大好きです。純粋なスポ根もの映画は最近少なくなってますけど、クリスマスの奇跡というテーマを考えるとなかなかの出来でしたよね。
奇跡は20年に1度くらい起きればいいのかな~

>祐。様
俺も『シムソンズ』的なものを期待してたけど、少年たちは最初から結構上手かったんですよね。
ベタな展開でも笑いや泣きは日本人好みのものだったし、ちょっと見せるCGでは『少林~』も意識してたのでしょうか・・・
オカルトって(笑)せめてファンタジーと・・・
こんばんは♪ (くろねこ)
2007-12-20 22:57:29
アイスホッケーって結構面白いゲームですね!!
忍者攻撃とか・・笑いながらも結構興奮しちゃいました!そう、あのじゃじゃ馬な女の子光ってましたね♪
最後は恋もあきらめたみたいでかわいそうでした。
散らばったギャグから陣内監督がちらついて困りましたが(笑)私も楽しく見れました~

アイスホッケー (kossy)
2007-12-21 07:41:47
>くろねこ様
スケートが苦手な俺はやってみようとなどとは一度も思ったことがありません・・・
大学には同好会があったんですけど、とても金のかかるスポーツなんです。

やっぱり千夏ちゃんが一番ですよね。彼女がどうなったのかも気になるところでしたけど、相撲取りと付き合うことになったんだろうか・・・
確かに「少林ホッケー」でした。(^▽^;) (Ageha)
2008-01-04 01:11:53
チャウシンチーの映画を見ている感覚でしたね。
寒いギャグもダンス(タップでしたけど)も
いきなり歌うのも、
巨人の星みたく目が燃えるのも。
ホッケー映画に「小さな恋のメロディ」まで
いれちゃうんだからもうごった煮もええとこ。
それでも不思議と憎めない作品でした。
これのせいで「LittleDJ」がすっかりかすんでしまった・・(ノ*゜▽゜)ノ

森山未来にも、サンダーバーズの気障な監督にも
子供をほったらかしにしてた飯島直子にも
加藤ローサのお父さん役のひとにも
陣内さんがかぶる。
なんていうかいろんなキャストが
もしも「陣内孝則」が○○役だったら・・を
演じている、そう見えて仕方なかった。
その意味でも不思議な作品でした。
少林ホッケー (kossy)
2008-01-04 13:36:19
>Ageha様
チャウ・シンチー映画!
彼の映画も最近は影響力が凄いですね~
スポーツ映画はどうしてもCGを使って迫力を面白さを追求していくんでしょうね。
俺も「小さな恋のメロディ」は好きですけど、あの映画はもっとハッピーでした。その後の2人がどうなったかは不明でしたけど・・・

なるほど、どのキャラにも陣内節が乗り移っていたのですね。そう言われればそうなのかも。
俺としてはにやけた三枚目役の陣内が好きなんですけど、もうそんな年齢じゃないのかもしれませんね。
こんばんは (FREE TIME)
2008-01-06 19:52:28
TBとコメントありがとうございました。
ベタな展開ではありましたが、チームが強くなっていく過程で様々な困難や試練にぶつかって、それを乗り越えていく姿には共感を持つ事が出来ました。

出来ることなら20年後の修平を登場させてほしかったですね(汗)

コメントを投稿

映画2007」カテゴリの最新記事

25 トラックバック

「スマイル 聖夜の奇跡」負け続けたチームが初勝利して知った勝つ楽しみと喜びの奇跡タップマジック (オールマイティにコメンテート)
「スマイル 聖夜の奇跡」は1勝もできない弱小アイスホッケーチームがアイスホッケーを全く知らない素人監督が就任し、奇策の采配で初勝利を飾って病気で入院中の少女を励ます為に無敵のチームに挑んでいくストーリーである。監督は俳優の陣内孝則の第2弾作品という事で...
スマイル★聖夜の奇跡★ (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画 2007年/日本 監督:陣内孝則 出演:森山未來、加藤ローサ、田中好子、森 公美子、谷 啓、坂口憲二、寺島 進、原 沙知絵、飯島直子・・・ めったに邦画を見ない、褒めないわたしですが、見てよかったよぉ~~!
スマイル~聖夜の奇跡~ (Good job M)
公開日 2007/12/15監督:陣内孝則出演:森山未來/加藤ローサ/原田夏希/岡本杏理/綿貫智基/RIKIYA/モロ師岡/坂口憲二 他【あらすじ】プロの夢破れたタップダンサーの修平は、逃げるように恋人の静華がいる北海道へ。静華の父親が出した結婚の条件は、オーナーである少年....
スマイル ~聖夜の奇跡~(2007年) (勝手に映画評)
陣内孝則が、監督・原作・脚本の作品。彼自身、二本目の映画監督です。 なんと言うか、評価に困る映画です。映画全般に陣内節満載。まじめに泣けるのかと思いきや、テレビで見る陣内監督のイメージそのままのおちゃらけシーンがあったり、チャウ・シンチー張りのインチキ...
試写会「SMILE~聖夜の奇跡~」 (日々のつぶやき)
監督:陣内孝則 出演:森山未來、加藤ローサ、田中好子、谷啓、坂口憲二、高樹沙耶、森公美子 「膝の故障でタップを諦めた修平は、恋人のいる北海道で弱小アイスホッケーチームの監督をすることになった。素人監督のもと、タップのリズムに合わせたり独自のスタイルで
スマイル 聖夜の奇跡(映画館) (ひるめし。)
本当の奇跡は、一番最後にやってくる・・・。
スマイル~ 聖夜の奇跡~ (★Shaberiba ★)
自分のためじゃない。誰かのために頑張ってるお前たちは・・最高だ!!
スマイル *聖夜の奇跡* (POCKET BASE)
陣内孝則が原作・脚本・監督の映画『スマイル *聖夜の奇跡*』を観てきた。 プロのタップダンサーになる夢に破れた青年が、ふとしたことから、一度も勝ったことがないと...
テレビドラマっぽい映画。『スマイル 聖夜の奇跡』 (水曜日のシネマ日記)
弱小アイスホッケーチームのサクセスストーリーです。
スマイル 聖夜の奇跡 (ひめの映画おぼえがき)
監督:陣内孝則 出演:森山未來、加藤ローサ、田中好子、高樹沙耶、森公美子、松重豊、モロ師岡、RIKIYA、佐藤二朗、原田夏希、綿貫智基、立花裕大、岡本杏理、谷啓、坂口憲二、塚...
【映画】スマイル 聖夜の奇跡 (新!やさぐれ日記)
■状況 イオンシネマ太田店にてレイトショウで観賞 ■動機 監督のプロモーションを見て ■感想 思いのほか面白かった ■あらすじ 2007年のクリスマス、アジアリーグのアイスホッケー選手・猪谷昌也(立花裕大/坂口憲二)は故郷のスケート場で美しい女性(原田夏...
スマイル ~聖夜の奇跡~ (夫婦でシネマ)
俳優の陣内孝則が原作・脚本・監督を務めたスポーツ・エンターティメント作品!森山未来のタップダンスも必見です。
【2007-185】SMILE スマイル ★聖夜の奇跡★ (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 僕たちは弱いけど 君のために戦うんだ 君の笑顔(スマイル)を見たいから 本当の奇跡は、一番最後にやってくる・・・。
スマイル 聖夜の奇跡 (5125年映画の旅)
タップダンサーの夢を諦め、意中の女性と結婚するために東京から北海道にやって来た修平。しかし彼女の父親の出した結婚の条件は、弱小アイスホッケーチーム・スマイラーズの監督に就任し、スマイラーズを勝たせるという事だった。スケートも滑れない修平は気合と根性で...
小さな恋のメロディ。~「SMILE聖夜の奇跡」~ (ペパーミントの魔術師)
公式サイトはコチラ。 →http://go-smilers.jp/index.html 最初は単純に森山未来が見たくて・・という おきまりのパターンで鑑賞した映画だったんですが 実は昨日みた3本(ハードやったよ、実際)で 一番最初にレビューを書きたかったもので。 スマイラーズのエース、昌...
映画「スマイル 聖夜の奇跡」 (FREE TIME)
元日に映画「スマイル 聖夜の奇跡」を鑑賞。(ファーストデーですから)
映画「スマイル 聖夜の奇跡」 (FREE TIME)
元日に映画「スマイル 聖夜の奇跡」を鑑賞。(ファーストデーですから)
スマイル (いろいろと)
12月15日から公開中、公開終了前に鑑賞することができました。 (感想)個人的に
スマイル ~聖夜の奇跡~ (C'est Joli)
スマイル ~聖夜の奇跡~’07;日本 ◆監督:陣内孝則「ロッカーズ ROCKERS」◆出演:森山未來、 加藤ローサ、 田中好子、 高樹沙耶、 岡本杏理 ◆STORY◆タップダンサーの夢を諦めた修平は、恋人・静華と結婚するため北海道に戻って来た。しかし...
映画 「スマイル ★聖夜の奇跡★」 (ちょっとひとことええでっかぁ~♪)
昨年末、クリスマス迄に観たかった映画、ようやく観ることが出来ました。 奇跡って、難病が助かってみんな万々歳のハッピーエンドって単純な...
スマイル 聖夜の奇跡 (Memoirs_of_dai)
監督はただ踊っている 【Story】 タップダンサーのプロになる夢を諦めた修平(森山未來)は、恋人の静華(加藤ローサ)がいる北海道へ逃げるよう...
【映画評】スマイル~聖夜の奇跡~ (未完の映画評)
ド素人の監督が小学生アイスホッケーの弱小チームを勝利に導く痛快作。
『スマイル 聖夜の奇跡』 (『映画な日々』 cinema-days)
スマイル 聖夜の奇跡 素人監督が恋人との結婚を賭けて 小学生アイスホッケーチームと 全道大会優勝を目指す。 個人評価 ★★★ (自宅鑑...
『スマイル 聖夜の奇跡』'07・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじタップダンサーのプロになる夢を諦めた修平(森山未來)は恋人の静華(加藤ローサ)がいる北海道へ逃げるように帰るが静華の父親に結婚の条件として少年アイスホッケーチーム“スマイラーズ”を勝利に導くことを言い渡されてしまう。まったくの素人の修平は、得意のタ...
映画評「スマイル 聖夜の奇跡」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2007年日本映画 監督・陣内孝則 ネタバレあり