ネタバレ映画館

映画ドットコムに記事を移行してます!

ディック&ジェーン 復讐は最高!

2005-12-25 00:04:22 | 映画2005
 ドモ アリガト ミスターキャリー ドモ

 せっかく広報部長に昇進して、テレビ出演まで果たしたディック・ハーパー。しかし、巨大企業グローバダイン社のCEOマカリスター(アレック・ボールドウィン)はこっそり株を売却して倒産してしまったのだ。彼が社長役のため、まるで『エリザベスタウン』に出てくるシューズ会社の行く末を想像してしまうような展開。当然、大量の失業者が生まれ、労働者の辛い立場を浮き彫りにしたかのような社会派コメディの一面も見せる。「役員待遇の再就職なんか無理だってば」などと、ついついジム・キャリーを応援したくなるほどで、失業者の社会復帰の困難さに頷いてしまいました。

 再就職する難しさから強盗に走るという短絡思考は許せないと感ずる人も多いでしょう。一応ジャンルにはCriminal Comedyとなっているので、それほど目くじらを立てるほどではありませんが、現実にはこういうパターンが多いのだろうとも想像できます。やっぱり『俺たちに明日はない』からの路線。社会悪に対して自分たちも悪で対抗する映画なんですね。

 ディックの妻・ジェーン役はティア・レオーニが演じていますが、やはり綺麗です。夫の昇進の話を聞いて家庭を大切にしようと会社を辞め、失業した直後に自分も職探し。最近のドラマのパターンだと、すぐ実家に帰ったり離婚したりと夫婦愛を感じない映画が多かったのですが、彼女はすごいです。元が『おかしな泥棒ディック&ジェーン』(1977)のリメイクなので、まだ夫婦の絆を感じさせる内容になったのかもしれません。まぁ、結局は強盗の道へと進んでいくのですが、いい関係だ。うらやましい。嫁さんに欲しい・・・

 ジム・キャリー主演のコメディ映画は犬が相棒になることが多いようです。『マスク』『グリンチ』や『ブルース・オールマイティ』、そしてこの映画。今回は、吠えると首輪から電気ショックを与えられるというエピソードが面白い。実際にあるのかな・・・
 ラストの展開がどこかで見たことあるストーリーであるけど、爽快感を味わえること間違いなしです!しかし、日米ほぼ同時公開なのに、いきなり1日1回の上映ってのは・・・

★★★★・

コメント (24)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ロード・オブ・ウォー | トップ | 2005年kossy映画賞 日本映画... »
最新の画像もっと見る

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
首輪でビリビリ (メビウス)
2005-12-25 05:19:53
自分が観た劇場でも1日2回上映でそう大差ないですね(^_^;)

個人的には結構面白かったのでもっと上映時間多くして欲しい所ですが・・・

あの電気ショック付の首輪は面白かったです。強盗の際も意外な活用方法で笑えました♪
 (kossy)
2005-12-25 09:15:10
>メビウス様

記事に犬のことを書いてしまって、今までのジム・キャリー作品をチェックしたくなってきました。結構犬を乱暴に扱ったりするところがあるので愛犬家から嫌われるシーンもあったと思うのですが・・・

俺も一瞬満点を付けそうになったほど!

拡大公開してほしいですね~
Unknown (メルブロ)
2005-12-25 12:16:24
ジェーンは本当のよい妻でしたね。キレイなのに薬品で変な顔になったり、知りもしないのにエクササイズのインストラクターになったり面白いことをやるなんて流石ジム・キャリーの妻役!!
ハッピー! (石川喜左衛門)
2005-12-25 15:14:28
アメリカンコメディって苦手なので行こうかどうしようか迷ったけど妻も友達と遊びに出てしまってイブの夜はひとりぼっちなので行きました。

リメイクとは知らなかったんですが思いがけず面白かったですね。ジム・キャリーって共演女優をホントに引き立てるのがうまい。いつも共演女優の存在感が際だってます。特に今回のジェーンは素晴らしかった。あれで僕より年上なんだけどきれいな女性ですね~。
コメディ (kossy)
2005-12-25 19:39:22
>メルブロ様

ティア・レオーニはいつ見てもいいです。唇が腫れてしまったときなんて、涙が出てきそうでした。エクササイズのインストラクターになってシーンではハラハラしちゃったし、かなり感情移入してしまいました~♪



>石川喜左衛門様

アメリカン・コメディといっても色々ですよね~。俺は、ベン・スティラーのギャグなんて結構苦手だったりしますけど、俳優さんによりけりですね。

ジム・キャリーの共演女優はいい女優さんばかりです。こだわりがあるんでしょうね。

ずるいくらいに綺麗でしたね~
痛快! (GO)
2005-12-25 22:39:43
面白い! 暗い世相の昨今。年末正月映画にはうってつけ! アレック・ボールドィンは観る度に巨大化してるような。。。
けっこう楽しめた~♪ (はっち)
2005-12-26 06:41:02
お邪魔します~♪



ジム・キャリーあまり好きじゃないけど、けっこう楽しめました!ティア・レオーニ良かったよね~♪



好きなシーンは、化粧品のアレルギーと息子が電話に「オラ~♪」って答えるシーンです!
風刺がピリリ (kossy)
2005-12-26 09:10:30
>GO様

これがコメディだ!などといったジム・キャリーのこだわりも感じられました。

正月映画にはピッタリなんですけど、集客はどうなんでしょうね~気になります。



>はっち様

そっかぁ~ジム・キャリーを嫌いない人でも楽しめるんですね!う~む、なぜかもう一度観たくなってきました。



HOLAは笑えますね・・・彼が受話器を取る前に笑ってしまいました。
イヴの幸福感とあいまって (こっちゃん&ジェーン)
2005-12-27 16:04:26
以上にハマっっちゃったo(*^▽^*)oあはっ♪



腫れ上がったティアのくちびるに惚れましたぞなもし



おお、こっちゃんは「腫れ上がった唇フェチ」だったのか
以上に・・・って (こっちゃん)
2005-12-27 16:06:00
「異常に」ジャン!(*o☆)\バキッ!

コメントを投稿

映画2005」カテゴリの最新記事