遊亀公園附属動物園スタッフブログ

甲府市にある遊亀公園附属動物園で働くスタッフのブログです。
普段は見られない動物たちの暮らしをお届けします!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

開園100周年

2019年11月14日 00時04分29秒 | 日記

今年、甲府市遊亀公園附属動物園は開園してからちょうど100年目を迎えました。

大正8年、まだ国内に動物園は少なかった時代に、近隣の方々が小鳥などの小動物を集めて飼い始め、甲府市が小屋を作ったのがきっかけだそうです。

100年間もの間、動物たち、多くの方の支えや、足を運んでくださる皆さんの力で動物園が続いてきたことと思います。

多くの方への感謝を込めて、11月9、10の2日間で動物園の開園100周年イベント、その名も「げんき ゆうき 100周年ずーっといっしょありがとうウィーク」を開催いたしました。(ウィークなので、正しくは11/15金まで開催中です※園内で動物園の歴史が楽しくわかる映像を公開中です)

 

 今回はイベント運営会社の方にも委託しながら大規模なイベントになりました。

そこからのオファーでアニマルマルシェ実行委員会による「アニマルマルシェ」が行われ、また今回も「動物園応援団」の皆さんがボランティアでイベントをサポートしてくれました

まずはイベント初日の朝、9:00から応援団主催で事前応募してくれた「お掃除隊」のみなさんが、園内の落ち葉拾いや草むしりなど園内美化作業をしてくれました

 おかげさまで、イベント前に園内がとてもきれいになりました!

 

ステージでは式典が行われ、甲府市長のお話があり、動物園の基金の設立を目標とした寄付が応援団の皆さんから寄せられました。

現在、100年目を迎えた古い動物園ですが、施設の老朽化や昔のままの獣舎は決して快適とはいえないのが現状です。

ハードを変えるには大きな金額が必要で、なかなかすぐには難しいなか、飼育職員の努力で動物のための道具や遊具やベッドなどを作ってくれていますが、よりよい環境を整えたいと、毎日動物を見ながら感じています。

そんな中で「動物たちのために自分たちが出来ることをしたい」、と集まってくださった応援団の皆さん、賛同してくださる多くの方々、そして動物たちに会いに来てくださる来園者の皆様に、職員一同心から感謝しています。

毎日、動物たちの身近にいる私達に出来ることをこれからもっと取り組んでいきたいと思います。

 

それでは、イベントについてご報告です!どんどんいきますよ~。

まずこちらは、zooっといっしょポスト!

イベント中は動物園に対する想いを手紙に書いて入れてもらっており、抽選のときに手紙を読ませていただきましたが、どれも暖かく優しいお手紙でした

今後は動物園と来園者を繋ぐツールとして活用させていただきます!

こちらは、両日とも30名がブラジルバクにカシの葉をあげるコーナー

もしゃもしゃと葉をたぐり寄せるバクの口元は、他の動物にはない独特な動き。見たことありますか?

プーロとハナが優しく受け取ってくれるので、小さなお子さんでも怖がらずに渡していました^^

 

ステージでは、「動物クイズdeビンゴ大会」が行われ、動物園に関する数字をもとにビンゴを行いました。

1~75までの数字ぜんぶでクイズを作るのは難しく、中には「園長さんの年齢は?」とか「ニワトリの頸椎の数」「ヤギの歯の数」というマニアックな問題も。。。

それらの数字でビンゴを当てた20名には、もぐもぐタイムプレゼンター、ライオンのお肉をあげる券、後日開催のバックヤードツアー参加券、を選んでもらいました。

 

もぐもぐタイムのプレゼンターには、動物たちのごはんを運んでもらいます。イベントなので、ちょっと特別な食べ物を。

マレーグマには柿、メロン、ゆでたカボチャが。

サンディもサクラも、まずは柿をぺろりとたべ、メロンに取り掛かります。

写真はサンディの目の届かない2階へメロンを抱えて運び、独り占めポーズのサクラちゃん。

このあと、何度かサンディが自分のぶんがあるのに奪おうとやってきますが・・・

なんだかんだサンディもおなかいっぱいだったので無事に食べられたようです。

 

ライオンのショウコにも鶏肉を運んでもらいました。ゆっくりかみしめるショウコ。

オスのレオンは現在高齢化が激しく、担当者が口元まで肉を差し出すなどの介助を行っており寝室で食べるため参加しませんでした。

 

また、今回初めて行ったゾウ舎とバク舎のバックヤード見学にも大勢の方が来てくれました。

普段はなかなか入る機会がない場所ですが、動物たちのすまいに関心を持ってもらい、今後より良いすまいにしていくため公開いたしました。

テルは一日にウンチを50kgほどするのですが、その重さ体験もしていただけたようです。

ゾウ担当になった職員が、2名立て続けに腰をやられていることに納得していただけるかと・・・

 

ステージでは江戸家小猫さんの動物なきまねショーや、飼育員トークショー、吹き矢体験、

そしてサクライザーショーなどなどなど。。。ステージをみているだけでも一日が過ごせそうな内容でした。

 

 また、事前に応援団と飼育職員が協力して出来た、「ヒトのオリ」も完成お披露目となり、たくさんの方が参加してくれました。

入った人の名前と特徴を書くパネルがあり、自己紹介にも使えそうです。

 

10日は総合市民会館で「100周年思いでフォト」の展示を行いました。

事前にご応募いただいた96作品から、上位2作品が来年度のチケットデザインになる投票も行いました。

開票結果はまもなくHP、公式ツイッター、Facebookページで発表いたします

また戦後すぐ甲府空襲で焼け野原となった動物園を、私財をなげうって復興させてくださった小林元園長さんたちの展示も行いました。

同室でニュースコムさんの、歴史年表や遊亀公園周辺の歴史的な写真展も行われ、多くの方が足を運んでくださいました。

どなたも、一日だけの展示ではもったいない、とおっしゃってくださっていたので、また展示できる機会を設けたいと思っています。

 

また、2日とも「アニマルマルシェ」が芝生広場で行われ、おいしそうなフードのお店、動物グッズの販売、前回も好評だったフラミンゴの羽とヤマアラシの針を使ったアクセサリーやペンづくりのワークショップや、モノづくりなどで賑わっていました。

12月には「クリスマスマルシェ」が行われるので、お楽しみに!

 

 まだまだ紹介しきれていないイベントがたくさんありましたが、とりいそぎ写真が入手できたものをご紹介させていただきました^^

二日間で1万2千人もの方が動物園内に足を運んでくださいました。ありがとうございます。

 

 

動物園は今100周年目を迎え、老朽化や動物たちの飼育環境など、課題がたくさんあります。

それらの課題を一つずつ明確にして取り組みつつ、この次のステージとして動物福祉や野生動物の保全などに取り組む100年にしていきたいと思います。

これまで支えてくれた多くの方への感謝を忘れず、動物にも人にも優しい動物園を目指していきたいと思いますので、これからも応援よろしくお願いいたします。

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

平成31年 今年の節分は

2019年02月03日 15時07分13秒 | 日記

皆さん、こんにちは。

 

今年も、当ブログの大黒柱ともいえる節分の季節がやってまいりました。

(ほぼ年一回の更新・・・)

というのも、パソコンのセキュリティの関係で写真のアップに時間がかかり、ブログから足が遠のいておりました

しかし、今年は違います

私事ですが、新年会のくじ引きで1等賞のipadが当たりました

運を使い果たしたのと引き換えに、作業能率が格段にアップしたので、今年はブログの更新も頑張りたいと思います。

よろしくお願いします^^ 

 

 

すこし脱線してしまいましたが、本日2/3は節分

まずは、チンパンジーに福豆をプレゼントします。

昨年、市民の皆さんと製作した穴あきブイに、朝のうちに福豆を仕込んでもらいました。

寝室から出てきたチンパンジーたちは、まずは、フルーツなどを食べ・・・

ティナがブイを回しました✨👀 中から福豆がザラ~「福はうち~」

ところが出てきた福豆のにおいをかいで、ティナは食べずに去っていきました。

他の2頭も笹を使って落花生を箱から落として食べたり、同じく笹を使ってハチミツを舐めたりしてます・・・

そこへウィリーも・・・ブイの穴から豆を落とすのは楽しいようですが、食べません

結局他のものを一通り食べ終わってから、ちょっとつまんだ程度・・・

残念ながらチンパンジーには好みでないことが分かりました

 

気を取り直して、お次は今年の干支動物、イノシシを祖先にもつミニブタのビリーです。

ブタは、人類の祖先がイノシシを飼いならし、家畜化された動物です。

ビリーには来園者の皆さんから、福豆をまいてもらいました。

 

ビリーは食いしん坊だから喜んでくれるはず・・・

ところが、まさかのビリーにも不人気!全然食べません

そのあと撒かれンゴは喜んで食べています・・

ならばここで恵方巻の登場です。

スティック状に切った煮イモ、リンゴ、煮ニンジン、食パンなどを茹でたキャベツで巻きました。

ロールキャベツ・・・・いや!恵方巻です。

こちらは安心の味。あっという間に食べてしまいました。

福豆がそんなに不人気だったなんて・・・

 

つぎはマレーグマにもあげてみましょう。

まずは恵方巻。あっという間にたべてしまいました。

両手で食べるサクラちゃん^^

そこへ、再び福豆! 秘密兵器の登場です。

本日、突然のマレーグマご指名にも関わらず、担当者がいつの間にか作っていたマレーグマのえさやり道具

塩ビ管の先っちょに細工がしてあります。

柵の向こうから、来園者の皆さんに大豆を入れてもらうと・・・

コロコロ転がり、クマの口元へ。それを長い舌で食べるという、クマの特徴も見れるマシーン

サクラちゃんも、サンディも、福豆を上手に美味しく食べてくれました良かったです

マレーグマたちには毎年福豆をあげることを、今決めました。

 

最後はベネットアカクビワラビーに、ミニサイズの恵方巻をプレゼント。

近くに来てくれたチビスケに、来園者の方から手渡ししてもらいました。

今年の恵方「東北東」を向き、しっかり手に持ち、最後まで黙ってモクモク食べてくれました。

 

今年の恵方巻と福豆イベントはこれで終了。。。。いや?

だれか忘れていませんか??

 

 

そう、この人、笛吹き童子くんです。

方向こそ西向きですが、今年もがっぷりくわえています^^

 

それでは、今年も皆さまにとって良い一年となりますように

今年もよろしくお願いします^^

 

過去の恵方巻記事です(昨年も恵方巻あげましたが、ブログにしていませんでした)

平成26年

平成27年

平成28年

平成29年


この記事をはてなブックマークに追加

チンパンジーのお部屋改造

2018年07月15日 14時52分02秒 | 日記

皆さん、こんにちは。

更新が遅くなってしまい、申し訳ありません。

時のたつのは早いもので、前回の更新から早一年が経ってしまいました

この一年あんなことこんなことありましたが、今回はチンパンジーについてご紹介します

 

当園には3頭のチンパンジーがいます。

唯一のオスで、むれを守るべき立場にいるウィリー。

男性の来園者が多いときは自分たちの群れに近づかないよう威嚇の意味もこめてさわぐことがあります。

メスたちにはいまいち愛情が空回りしている、愛すべきウィリー

 

いちばんお姉さんのジュディ。落ち着きがあり、オスのウィリーをなだめることもあります。

道具の使いかたも最初にマスターしたり頼れる存在です。表情がとてもチャーミングです

 

一番年下のティナ。当然、群れの順位も低いのですが、欲しいものには貪欲です。

見分けるポイントは毛がもじゃもじゃしているところ、愛嬌のあるティナです

 

そんな3頭のチンパンジーの生活をより楽しく豊かにすることを目的に、ワークショップを開催しました。

1回目は6/30(土)、公募でご参加いただいた16名の方と帝京科学大学の並木教授と学生さんたちと行いました。

チンパンジーにとってどんなことが幸せか?どんな行動を引き出したいか?を考えてもらい

道具・遊具のアイディアを出してもらいました

それを製作可能な形にして、10個のアイテムを作ることになりました。

予算がないので、低コストでできる材料を集めました。

消防局の方、リタイヤしたホースをありがとうございました!

 

第2回目の7/7(土)に製作です。

この日はとても蒸し暑かったのですが、道具を使い慣れていないお子さんたちも、一生懸命作ってくれました

どれもチンパンジーたちが安全に使えるように、意見を出し合いながら作ってくれました

作っていただいた道具はチンパンジーがびっくりしないよう、一週間のあいだに毎日2個ずつ、職員が設置しました。

毎日すこしずつ増える道具に最初は「ウホ!」と警戒しますが、すぐに確認して道具を楽しんでくれました。

 

そして第三回7/14(土)チンパンジーがどのように道具を使うか、観察会を行いました。

チンパンジーたちの反応やいかに

まずはこちら!

『穴あきブイ』ブイを回すと、穴からペレットやナッツ類がふり出てきます。

ひまわりの種だとわんさか出すぎることがわかり、ピーナッツに変更です。

3頭とも喜んでたべてくれました。

 

『飛び出す塩ビチューブ』棒でカットした果物をたぐりよせる道具。

指では届かず、短い棒で成功!!さらに届かなかったものは、長い棒をもってきて成功!!

素晴らしいです

 

こちらは『竹の木琴』。ウィリーがディスプレイ(誇示行動)をするときに、これで発散できたら・・

という遊具です。イライラしたときに壁に当てたり、他のメスもいじっています。

 

『ハチミツチューブ』底に入れたハチミツを、ほぐした棒につけてなめる道具。

シンプルに見えて棒の長さや硬さ、棒を入れる角度など、意外とむずかしい

ウィリーが挫折するなか、ジュディ姉さんが成功しました。ちゃんと竹のさきを噛んでほぐしています。

その後ウィリーもできるようになっています。

 

『流しそうめん風エサ入れ』

割った竹に水を入れ、カットフルーツを浮かべます。

予定では棒にさしたりたぐりよせて使う予定でしたが、ダイレクトに指が届いてしまいました。

ただ水に触れるのが苦手なチンパンジーたちが、悪戦苦闘してフルーツをとる様子がわかります。

ティナが挑戦していましたが、水にさわりたくないあまり、フルーツを多数はじきとばしてしまっていました。

 

『チューブからペットボトルへ』

チューブの横に空いた穴からペレットを棒で送り出し、受け口のペットボトルから取り出す道具。

これもジュディが竹の棒を使って、見事に成功

 

こちらは『もちはこべるタイヤ』なかにヒマワリの種が仕込んであります。

さきほど、なぜかジュディが腰にのせておんぶして持ち歩いていました。

 

最後にフルーツ入り氷を獣舎の上からプレゼントしました。

3頭とも必死でゲットしようと競い合うなか、ジュディははしごを登り上でバランスをとっています。

ちなみに、この氷を取り合うために3頭はケンカになってしまい、メスVSオスの争いに発展

すぐに仲直りしましたが、そのあとはバツが悪いのか誰も氷を取りにいかないという微妙な空気に・・

絶対に欲しいはずなのに群れの調和を大事にするチンパンジーの心理戦がとても興味深かったです。

その後、ふたたびチャレンジしたウィリーが氷を割り、無事3頭にいきわたりました。ホッ

 

他にも消防ホースを利用したブランコやハンモックを入れました。

これから徐々に遊んだり体を休めたりに使ってくれると良いと思います。

今回、みなさんのおかげで、確実にチンパンジーの生活は豊かになりました。

ご協力いただいた皆さん、ありがとうございました

今後も引き続き、動物たちの暮らしやすさを追求していきたいと思いますので

温かく見守ってくださいね。 


この記事をはてなブックマークに追加

ワラビーのポケット入り間違え事件

2017年05月14日 14時29分17秒 | 日記

皆様こんにちは。本日5/14(日)は「母の日」です。

動物園の池ではカルガモ親子が出没しているらしい今日この頃。

園内は、この春もビーバーフィーバーが巻き起こっております。

4/22にアメリカビーバーの赤ちゃんが2頭生まれ、すくすく成長しています

毎日午後2時30分からは、公開体重測定も行っておりますので、ぜひご覧くださいね。

ところで今回の主役はカルガモでもビーバーでもなく。。。。

ベネットアカクビワラビーの2組の親子です

当園には、メス4頭、オス1頭のワラビーがいて、

この春2頭のお母さんのポケットから赤ちゃんが顔を出しました。

 

ワラビーやカンガルー、コアラ、フクロモモンガなどの有袋類(ゆうたいるい)は、ご存じのとおり

未熟な状態の赤ちゃんを出産し、母親の体外のある育児嚢(いくじのう)とよばれるポケットで赤ちゃんを育てます。

ワラビーの出産育児について、ざっくりまとめると次のとおりです。

 

妊娠期間およそ1ヶ月で未熟な赤ちゃんを出産

お母さんワラビーが自分の体の毛をなめて道を作り、ポケットまで誘導する。

 赤ちゃんは自力でこの道を這っていき、ポケット内の乳首にたどりつく。

ポケット内の乳首でミルクを飲んで、すくすく育つ

↓(おおよそ半年)

顔・体の一部がポケットから出てくる

初めてお外へ出てみる

外とポケット内を行き来する(今ここ

ポケットに入らなくなる。

 といった流れになります。

 

この春顔を出した赤ちゃんの母親はアヤメミズキの2頭。

2月末にそれぞれの赤ちゃんがお母さんのポケットから顔をだし、

3月末~4月に初めて自分の足で外へ出ました。ほぼ同時期に一緒に成長した2頭。

最近はポケットから出たり入ったりして、ほほえましい様子がみられていた、そんな5月某日。

・・・事件は起きました。

 

朝から仔ワラビー1頭がビービー鳴きながら、アヤメを追いかけています。

しかしアヤメのポケットには別の仔ワラビーが。。。。

「いれてよ~」「いや、ムリだから!」

仕方なく、仔ワラビーはもう1頭のミズキのポケットに入りたがりますが、ミズキは断固として拒否!

何度チャレンジしても、ポケットに入れてくれません

 

仔ワラビーはまだ小さく、親離れ子離れには早すぎます。

このままポケットに入れないと体力を消耗してしまうため、

ぼっちの仔ワラビーとポケットに空きのあるミズキを同じ部屋に閉じ込めてみました。

しかしミズキはしっしっ!と追い払う仕草までして、入れてくれません。

仔ワラビーはビービーないています

と・・・明らかにその鳴き声を気にしているアヤメ

こどもが「びーびー」鳴くたびに柵越しにオロオロと気にかけています。。。

 

ここで私たちの疑惑がほぼ確信にかわりました。

ミズキのこどもがアヤメのポケットに入っている!!

これはワラビーやカンガルーの多頭飼育をしているところではまれに起こるようなのですが、

当園では同時期に複数頭の出産育児が初めてだったため、今回が初めてのケースでした。

 

ひとまず、2組のペアを入れ替えることにしました。

なりすましてアヤメのポケットに入っているミズキの仔は、自分から出る様子はなく、

アヤメも入っちゃったものは追い出すことはできないようです。

そこで、なりすましのポケットの中の仔に強制撤去してもらい、今後のために目印として脚にリングをつけました。

 

もう1頭のびーびー鳴いている迷子の仔ワラビーも身柄確保し、白いリングをつけました。

(ちなみに捕まえたついでに性別をみると、仔どもは2頭ともオスでした。)

そして、正しい親子ペアと思われる組み合わせに部屋わけしてみると・・・・。

あんなによその仔を拒絶していたミズキも、あっというまに我が子をポケットに迎え入れています

もちろんアヤメ親子も・・・!

ようやく本来の親子ペアに落ち着き、ホッと胸をなでおろす私たち

 

自分の仔しかポケットに入れないミズキと、別の仔もうっかり入れてしまったアヤメ

それでもわが子の鳴き声に反応があったため、無事に戻すことができてよかったです。

どちらも母性あってこそ。

 

まだ仔どもたちが小さく、再発の可能性があるため、

仔どもたちがポケットに入らなくなるまでの間、2組の親子はペアで別居してもらうことにしました。

もうしばらく、自分のお母さんにゆっくり甘えてね。

 

以上、この春起きた、入れ違え事件でした

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

ユキヒョウのミュウと、ペンギンの恋のお話

2017年04月15日 15時03分27秒 | 日記

みなさん、こんにちは。

遊亀公園の桜もただいま満開です

この春から新生活が始まった方も多いのではないでしょうか。

動物園でも、この春の3/6に名古屋市東山動物園からユキヒョウのミュウが仲間入りしました

 

到着直後のミュウは、人目のつかない隅っこにかくれてしまい、外へ出られるようになるには時間がかかるかな?と

心配していたのですが、予想に反して、到着3日目の朝には堂々とした姿を見せてくれ、一安心しました

ユキヒョウは、ヒマラヤなどの標高の高い極寒の環境に適応した動物です。

長くて多くてふわふわした体毛、寒い地域の動物特有の小さな耳、

不安定な足場を歩くため太くて短めの足と、バランスをとるための長く太いしっぽ。

 

ユキヒョウに限らず、さまざまな環境に適応するために進化をとげた動物たちを見るにつけ、生命の神秘を感じずにはいられません

ここ甲府でも、多くの大人、こどもたちが美しいユキヒョウや動物たちをみて、

野生動物に関心を持ってくれたらうれしいことですね。

そのためにもミュウに健康に過ごしてもらえるよう、配慮していきたいと思います。

 

なお、甲府盆地は高温になりやすいので、室内にエアコンを設置しました。

これからの季節、ミュウが自由に屋内外を行き来できるようにしますので、

見られないことが増えると予想されますが、ご了承ください

 

出会いがあれば別れもあります。

4/11にはワオキツネザルのカイが長野県の須坂市動物園に旅立ちました。

カイは2015年に生まれ、来園者からの応募で「甲斐(カイ)」という素敵な名前ももらいました。

やんちゃだけど、弟妹と遊んであげたりやさしいお兄さんでした。

これからは自分の家族を作って、元気に過ごしてね

 

さてさて、毎年この時期はマゼランペンギンの恋の季節でもあります。

当園ではオス3羽、メス2羽のペンギンを飼育しているのですが、

毎年この時期になるとメスをめぐるオス同士の戦いが繰り広げられます。

以下、つばさのリングの色で個体識別をしています。

安定のペアは、「赤緑ちゃん」と、「黒くん」のペア

 

もう1羽のメス、「ちゃん」をめぐり、「むらさき君」と「君」はライバル関係にあります

昨年までは、「ちゃん」と「むらさき君」が安定したペアだったのですが、今年の3月のある朝、

「赤くん」が「ちゃん」とカップルで個室に入っています。(↓写真:右の部屋)

「お今年はくん頑張ったのね」と見ていると、

しばらくその様子を見ていた「むらさき君」が、「ちゃん」を奪い返しにやって来ました。

「おまん、ちょっと出てこう(お前、表へ出ろ)」

ちゃんは、渡しませんからね」・・・と言ったかどうか。

隣のラブラブカップルが見守るなか、地上戦から水中に場所を移し、2羽のバトルが繰り広げられます。

 

結果・・・・、「むらさき君」が「ちゃん」奪還に成功し、2羽で別の部屋に入ります。

しかしなんと、「ちゃん」が「むらさき君」の部屋を出て、「くん」の元へ・・・

どっちつかずの罪なメス。ちゃん

 

その後もバトルを繰り返し、最終的に例年通り、「むらさき君」がペアの相手となりました。

なんとか今年こそ、お嫁さんを探しますので、「赤君」、もう少し待っていてね。

なお、2組のペアはただいま、卵をあたためています。

そんなドラマがあったことを片隅に思い浮かべつつ、観察いただければと思います。 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加