goo

なぜdog cafeをオープンすることになったのか

2020年4月29日、実は「あおもり産・木の家展示場」併設のドッグカフェをopenする予定でした。

 


しかし、コロナの影響により当日は犬のおやつのテイクアウトのみでスタートしました。


看板犬「いちご」とどこかで見たことがあるマスター1名


スタートはしましたが・・その後も緊急事態宣言は解除はされたものの、オープンする機会を逸しております。
コロナの状況にもよりますが、現段階では5月24日頃には本openできればいいなぁと考えております。

 

 

今回は、「なぜドッグカフェをオープンすることに至ったか」

について書きたいと思います。

 

~愛犬との豊かな暮らしのために~
「住む人が快適に健康で長生きできる家づくり」を基本理念としている弊社ですが、
数年前から、「人もペットも快適に健康で長生きできるための家づくり」・・と、
ペットがプラスされました。
理由は、私たちがペットと暮らすようになったからです。


生後2か月でうちにきた「いちご」

犬を飼うのが初めての私。小さいころ外飼いで犬は飼っていたが、室内飼いは初めての主人。しつけ方一つとっても、うまくいかずネットで検索する日々でした。


そんな中、取引先から「愛犬家の為の住宅セミナー」があるのでどうか、という案内をいただき、早速受講することにしました。犬の歴史に始まり、愛犬と暮らすうえでためになる設計と工夫と素材選び・・を勉強し取得したのが「愛犬家住宅コーディネーター」という資格です。

 

その後FULFILLサロンのドッグトレーナー「タナカアカリさん」と出会い、いちごを通して現在も、いろいろなことを学ばせていただいております。
その学びのおかげで、犬との暮らしのリフォームは、「単に素材を変えるだけではダメなんだ」ということが分かったのです。犬の特性を見て、それぞれの犬に合ったリフォームが必要だと思いました。
それからは「愛犬のためのリフォーム」の際は「タナカアカリ先生」に監修していただいき、設計に反映させています。
「愛犬家住宅コーディネーター」と「プロのドッグトレーナー」が一緒に提案することで、より良いリフォームができると考えています。

 


困った出来事

愛犬「いちご」の離乳食が終わり、カリカリフードになると、頻繁に吐くようになったのです。
私は犬を飼うのが初めてだったので、「いちご」が家に来るときに一緒に手渡されたドライフードが「犬のごはん」だと思っていました。
吐くと心配になりいろいろネットで検索。ある時、「手作りごはん」というのが気になり、試してみると調子がよくなり吐かなくなりました。しかし今度は「栄養バランスは大丈夫?」といろいろ疑問が出てきて、またまたネットで検索!
でも、たくさんの情報がありすぎて「いちご」に合っている情報がどれなのか判断できなかったのです。弘前にはペットのことで相談できる場所がありませんでした。
「それなら自分で勉強しよう」と思いペットの食育の勉強をするために、東京に学びに行くことにしました。ペットの栄養学や消化のこと、犬に食べさせてはいけない食材・・・本当の情報を得ることができたと思っています。つくづく「ネット情報に踊らされていたんだなぁ」と感じました。


最近では、新型コロナウイルスの影響を受け、マスクだけではなくトイレットペーパーやティッシュペーパーまで無くなるという事態が起きました。
誤ったSNSによる情報が拡散されたのが原因でした。
「犬に食べさせてはいけない食材」も同じことが言えます。
正しい情報を得るためにも、身近で直接相談できる場所が必要だと、感じています。

 


困っている飼い主さんのために

動物病院の待合室で、隣に座った白いミックス犬の飼い主さんと話をした時のことです。
「この子はアレルギーだらけで、ずっと療養食。あまり食べてくれないし、おやつもりんごしか食べられないの・・」という話を聞きました。
食べてくれない悩みを持つ飼い主さん、決まったおやつしかあげられないと思っている飼い主さん。まわりにも結構いらっしゃいます。
その時、「このような飼い主さんのお役に立ちたい」と思ったのです。

 


愛犬と一緒に楽しめる場所


2年くらい前から展示場のキッチンで、「手作りおやつ教室」や「ご飯教室」を、身近な飼い主さんと楽しんできました。最近は参加者も増え、皆さんが同じ場所で、一緒に作るには少々手狭になってきたということもあり、展示場を改装しキッチンを広くすることに決めました。
愛犬のために作る手作りおやつや、特別な日のためのケーキ作りなどは、興味がある人がとても多く、びっくりしています。

 

また、以前より飼い主の皆さんと話をしている中で、「弘前市内にドッグカフェがあったらいいのに」という話が出ていたこともあり、思い切って展示場の中にドッグカフェも併設することにしました。
食事を提供できるドッグカフェは、プランや設備などの規制や課題が多く、結構大変なのですが、そこは住宅会社ということもあり、割とスムーズに保健所、消防の検査も無事終了し、ここまで来ました。

 


今後「あおもり産・木の家展示場」は


Dog café併設の展示場

人もペットも健康で長生きでる家づくりを見学できる場所
愛犬との健康な暮らしの工夫を体感できる場所
飼い主さんと愛犬が一緒に楽しめる場所
飼い主さん同士が情報交換できる場所
愛犬のための食を学べる場所

としてリニューアルオープン

 

展示場・cafe共に
コロナによりリニューアルオープンのタイミングを逸している・・そんな中でも、お世話になっている飼い主さんや取引先の方々からは、たくさんのお祝いのお花を頂戴いたしました。心から感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。

 

人も、家族の一員であるペットも健康寿命を延ばすには、「食生活と共に住環境も大切」という理念をもって、これからも取り組んでいこうと思います。
弘前のわんこと飼い主さんのために、そして健康で長生きしたいと思う方のために少しでもお役に立ちたいと思っています。

長くなりましたが、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

人もペットも室内環境が健康にかかわるんですね

一昨年の冬ごろから、外耳炎を繰り返すようになった
我が家の愛犬「いちご」

耳が赤くなるたびに、対処療法で病院から薬をもらって耳に塗ったり、
ひどい時は抗生物質を飲んだり・・という日々を過ごしました。

そんな時、ペット食育士の指導をしてくださっている須崎動物病院の須崎先生の「愛犬・愛ネコのプチ症状&生活習慣病を発見し改善するセミナー」の案内が来たのです。その中に「繰り返す外耳炎の原因」という内容があったので、飛びつくように受講しました。

 

須崎先生はもともと対処療法ではなく、原因を探って解決する原因療法に取り組んでいらっしゃる先生です。
外耳炎になるのは、何が原因になっているのかが知りたかったのです。

受講したところ、その子によって原因は様々、その数ある原因の中で一番気になったのが「犬の居場所の環境」でした。
外耳炎も含め、いろいろなプチ症状が出る原因の一つに、家庭内の環境(季節によっては外の環境)も影響している場合があるということです。
プチ症状や病気の原因が、体の中の他の病気が原因だった犬もいたそうですし、体の中の問題ではなく、カーペットや、ソファ、エアコン、暖房器、空気清浄機が原因だったという犬もいたそうです。

病気やプチ症状に関して、飼い主としてはまず自分でできる環境や、食を見直してみるというのも一つの選択肢ですよね。

そして、須崎動物病院内では環境改善(除菌)に使っているのがフィトンチッドエキスだそうです。
ン??聞いたことありませんか!!
そうです。木が森の中で外敵から自分を守るために出す成分です。
抗菌、消臭、ダニ防除の他、匂い成分はリラックス効果もあるという優れもの。
ヒバやヒノキの他に杉も優れているんです。

 

以前のブログで紹介しましたが、ご縁があって我が家の愛犬いちごを「MONCHEBOOH」さんの犬用ヒバクッションのモデル犬として使っていただきました。おまけにそのヒバクッションのモニターもさせていたたくことになり、さっそく3月中旬より使い始めました。


ヒバのチップ入りクッション(商品名は「ヒバッション」です)
このクッションをクレートに入れたり、犬が普段過ごす場所でマット代わりに使います。

今年に入ってからも外耳炎はひどくはならないものの、月に一回は耳の中が赤くなる状態だったのですが、
な、なんとヒバッションを使い始めてから調子がよく、まだ赤くなっていないのです。
ヒバの抗菌効果

これは・・と思い、ついでに環境も変えちゃおうということで、我が家も展示場のように無垢の杉の羽目板を貼って環境改善してみることにしました。


床はもともと、無垢の杉床なので、腰壁だけ貼ることに・・。
展示場改修の際に使わなくなった無垢杉の羽目板を自宅で有効活用。夫もがんばって日曜大工!
家の修繕に関しては、お客様優先なのでだいたい後回しなのですが、「いちご」のための環境改善という話をしたら、すぐ行動してくれました。どゆこと??


こんな感じで羽目板を横向きに貼ってみました

 

今後、羽目板から上の部分に、自分で塗れる漆喰「アレス漆喰」を塗ってみようという計画もあります。
なにはともあれ、今後が楽しみです。

 

ちなみに人の健康に効果があるというデータが林野庁から出ています

 

 

 

林野庁ホームページより抜粋

https://www.rinya.maff.go.jp/j/mokusan/attach/pdf/handbook-24.pdf

 

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

新入社員入社しました

4月より新入社員の北川さんが入社しました。

高校は建築科→ドッグトレーナーの専門学校卒と弊社にぴったりの人材です。
昨年まで、新入社員を迎える予定はなかったのですが、いろいろなご縁や繋がり、そして何より本人の意欲、すべてがタイミングよく重なっての入社となりました。

 

週の半分は「FULFILLドッグサロン」さんでドッグトレーナーの修行。半分は建築とドッグカフェの仕事です。

ドッグトレーナーの仕事をすることで、より「ドッグカフェでの仕事」や「犬と暮らす家づくり」に活かすことができると考えています。

ドッグカフェは楽しむだけではなく交流の場や、学びの場になればいいなぁと思っています。
カフェに来て、ドッグトレーナーから犬との生活のちょっとしたヒントをもらったり、カフェマナーを聞けたり・・
そんな風になるのが理想です。

 

また、「犬と共に健康に暮らす家づくり」も同じことが言えます。
犬と暮らすための設計や素材選びは、少し学べば誰にでもできることだと思いました。(私自身がそうです(笑))
しかし、もっと大切なのは、個々のわんちゃんの現在の生活状況や、困りごと、性格などいろいろなことを知ってこそ「住みやすい犬との暮らし」の提案ができるのではないかと考えています。

 

 

新入社員の北川さんが抱負を語ってくれました。

 

初めまして。新入社員の北川です。
高校では建築科、専門学校でドッグトレーナー科を卒業しました。
知識も経験少なくまだまだ未熟者ですが、これからお役に立てるよう頑張っていきますのでよろしくお願い致します。
ちなみにスポーツと動物が好きです。
今はコロナウイルスの影響で、皆様とお会いしたくてもできないかもしれませんが、カフェや展示場にお越しの際はお話ししていただけると嬉しいです。
身長が高いので威圧感があるかもしれませんが親しみのある雰囲気を出せるよう頑張ります( ^^) 

 

皆様よろしくお願いいたします。

 

 

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

やっぱりすごかった!! 漆喰

漆喰の消臭力に感動

現在改装中の展示場ですが、展示場の一部をドッグカフェとオープンキッチンにする予定です

キッチンでは、以前から開催していたIH教室はもちろん
「わんこのための手作りおやつ・ごはん教室」もやっていきたいと思っています。

 

そのキッチン、こんな感じのかわいい水色を選びました♪


水色のキッチンに棚の色を合わせたいと思い、同じ色に塗ったのですが・・

塗料のニオイがすごい
お客様の家では、滅多に使うことがない石油系塗料を使ったら、鼻が敏感な私は、ニオイに悩まされました。

 

ところが2日後、漆喰を塗り始めたところ・・・


なんと!!ニオイが急激になくなっていったのです。
消臭、抗菌、吸湿放湿、有害物質の分解・・というメリットがある漆喰
今回のことで「有害物質の吸着、分解、再放出しない」ということが証明されたのです。

ちなみに弊社ではいつも「平内産ホタテ貝殻入り漆喰」を使用しています。

 


アレスシックイも効果がありました

 アレスシックイとは、壁紙の上からでも手軽にローラーや刷毛で塗れる漆喰です。


実は私、アレスシックイは既存の壁の上から、薄く塗るだけなので、
効果が少ないのでは?と思っていました。
数か月前、「犬のようちえん」の店舗改修工事を行っていた時の話です。
カウンターに「ミントグリーン」の色を塗りたいというお施主様のご希望により塗料を塗ることにしました。
その時は、不思議なことに塗料のニオイが気にならなかったのです。
今考えると、塗料を塗る前に「アレス漆喰」を施していたおかげで
吸着・分解され、臭わなかったのではないか?と思っています。

漆喰は、コテで厚塗りするからより効果がある・・と思っていました。
展示場の2階でもアレスシックイを使っていたのですが、もともとの
空気環境が良かったせいか、効果が実感できなかったのです。
今回改めてアレスシックイの効果も実感しました

 

 

余談ですが・・

酒、味噌の醸造所はなぜ漆喰なのか??


漆喰の原材料は消石灰、アルカリ性です。有害菌の繁殖を抑制し、人に有用な菌しか生きることがてきません。また調湿効果もあることから、
昔から酒蔵や味噌の醸造場は漆喰壁が使われているんですね。
ちなみに杉の樽も使われています!漆喰とスギは先人の素晴らしい知恵なんですね♡
新しい漆喰を塗ったキッチンで「味噌づくりも楽しいかも?」と考えています。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

10年間お疲れさまでした

発行から今年で10年目となった、あおもり産木材地産地消ガイドブック
「地元の山の木で建てた 青森県産材の家」
今年も、出来上がりました。

弊社では、2家族のユーザー様のお宅を掲載させていただきました。
ユーザー様には、快く取材にご協力いただいたことを感謝申し上げます。

 

 


今回は、この雑誌の編集者についてのお話をちょっとだけ

この雑誌を10年間一人で、取材、編集してきた三上さんが今回で卒業ということになりました。
笑い方がとても豪快で、とても楽しい方です。
でも、その豪快さとはかけ離れたような文章を書くのです。

一般的な住宅雑誌の多くは、間取りの説明や性能の説明が多く、ちょっとだけお施主様の感想があったり・・・
でも、三上さんの文章は違うんです。
文章の中に物語があるんです。お施主様の人柄が伝わってきて、
「あ~、だからこのような家ができたんだ!」ということがわかります。
そして、住んでからの感想も「快適です」という言葉では表せないような快適さが文章から伝わってくるのです。
それから、作り手の想いも伝わってきます。
弊社以外の会社のページを読んでも、その会社の想いや取り組みがよくわかります。
とにかく暖かさが伝わってくる文章です。

 

このような文章を書く方が卒業されるということで、私はとても残念です。
1年間かけて県内のあちこちを取材して回るのは本当に大変だったことと思います。
10年間本当にお疲れさまでした。

(三上さんは卒業ですが、雑誌は継続される予定です)


三村知事の後ろで、取材をしている三上さん

 

 


話は変わって、2019年度の
「あおもり産・木造住宅コンテスト」において
審査員特別賞を受賞した住宅も掲載されています。

審査員の講評は
外部、内部のメンテナンス等を意識して、県産材をバランスよく配置している。
また、内壁にホタテ貝殻入り漆喰を使用するほか、長期優良住宅にもなっており、
環境や健康にも配慮している。以上の点が評価され、審査員特別賞に選出されました。

という内容でした。

私たちが取り組んでいる
「丈夫で長持ち」「健康寿命を延ばす家づくり」が
建築家のプロに評価されてとてもうれしいです。

 

青森県が取り組んでする「短命県返上」
食生活の改善だけでなく、「住環境も大切」ということを大きな声で言いた~い

あ、ちなみに社長はこのことを、表彰式の時に三村知事に直接お伝えしました。

 


家に地元の木を使うことで家族が健康になる。
        ↓
地元の木を使うことで地域の自然を守る。
        ↓
そうすることで少しでも災害を少なくする。
        ↓
地球温暖化防止、地球環境への保全・・
こういった表現は硬いけど
要するに子供たちの未来が少しでも過ごしやすくなるために
今、自分たちができることをやっていきましょう。


あおもり産地産地消ガイドブック「青森県産材の家」は
県内の書店で無料にてお配りしています。
弊社にも置いていますので、ご希望の方は電話かメールにてご連絡ください。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

看板犬「いちご」がモデル犬に!?

愛犬「いちご」をcocofaさんのカタログの写真に使っていただきました。

cocofaさんは青森玄米カイロやアイマスクを中心に、
「ゆるめる」アイテムを通し発信するブランドです。

実はこの「青森玄米カイロ」のアイマスクは主人も使っており、毎晩就寝前には欠かせないアイテムとなっています。

電子レンジで温めた玄米カイロを目の上に乗せると、とっても気持ちがよく寝落ちしちゃうと言ってます。
娘はというと、試験勉強をしていて疲れた時に玄米カイロを目に当てると、目の疲れが取れて復活するそうです

このcocofaさんが新ブランド「MONCHEBOOH」(モンシェブー)を発表しました。

家族みんなで
男性にも
シンプル志向へ
年齢関係なく
アイテムを使ってほしい

という想いをカタチに反映したした商品。自然のものを基本としています。

 

 

新ブランドの商品の中で、今回「いちご」を載せていただいたのは

「ヒバッション」

青森ヒバのソフトチップが入ったペット用クッションです。
ペット用のマットに使ったり、クレートの中で使うのもおススメです。

青森ヒバは、「シロアリが食わない木」と言われ、昔から家の土台に使われることが多いのはご存知の通りです。消臭・抗菌効果も優れています。

今回のクッションはこの消臭効果を活かした商品なのです。
犬を飼っている人にとっては、慣れっこになっているペットのニオイ。飼い主によっては、マットのニオイも「いいニオイ」と感じる人もいると思うのですが・・ニオイが気になる方にはおススメです。



日本食品分析センターにおいて、ペット臭の原因であるアンモニア、イソ吉草酸、に対しての脱臭効果&ガス除去効果試験も行ったデータもあり、消臭効果が実証されています。

 

 

実は、このページに「いちご」だけじゃなく私も登場しているんです

 

 

余談ですが、無垢の杉も消臭抗菌効果があり、ペットのいる空間はもちろんですが、床に近い位置にいる小さいお子さんがいる空間に適しているのです。

 

黄色ブドウ球菌をコピー用紙、塩化ビニル素材、無垢材に各0.4gを培養した結果
九州大学農学研究院/准教授 清水邦義「スギ無垢材内装住宅の 健康機能の検証」より抜粋

ヒバはもっとすごい抗菌効果があると思いますが、スギだって十分な効果がありますね。

 

 

人とペットが快適に健康に暮らすために・・
国産の無垢の木には、たくさんいいことが詰まっています。

 

 


このカタログの表紙は、いちごのお友達の「イギー」くんです。カッコイイ

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

kitchenにいる時間が楽しくなるかも?

「テレビを見ながら料理したいなぁ」
 ご飯の準備はいつも超特急で、黙々と作っているのですが、テレビを見ながら料理ができればいいのになぁといつも思います。我が家のキッチンは対面ではなく、テレビに背を向けているので見えないし、おまけに洗い物などで水を出すと聞こえない、家族はテレビを見て笑っているのに、蚊帳の外って感じです。だから私はいつもラジオを聴いています。

 

でも、とてもいいものを見つけたのです。
それはPanasonicの「スピーカー付き照明器具」
最近はコマーシャルも放映されているようです。

この「スピーカー付き照明器具」は昨年11月に完成したユーザー様の
ご希望により新築の際に設置させていただきました。
見学会開催時もテレビと接続して音を出してみたのですが、キッチンの真上
から音が出るので、キッチンの水を出しても音はしっかりと聞こえてきました。
来場された主婦の方々には大好評でした。

スマホ連携もOK♪
テレビだけではなく、スマートフォンからBluetoothで接続するだけで、
音楽を再生できます。専用のアプリも必要ありません。
照明器具から音楽が聴けるのです。
スマホから直接聞くよりも臨場感があって、とてもよかったです。


音の広がり方はこんな感じ

 

 

より明るくきれいに見える照明機能
このダウンライト、キッチンの上に設置すると手元を照らすことができて、明るくなり作業がしやすくなります。

私、実は小さな文字が、離さないと見えないし、明るくないと見えないお年頃になってきました。

私と同じ年代の方々やお姉さま方には、電球色・温白色・昼白色と色や明るさも選べるのでうれしい限りです。昼白色を選ぶととても明るく見えやすいのでおススメです


この照明、他にも・・
本来の色味をより引き立てる「美ルック」というLEDを搭載しているので、空間を明るく感じる効果があることと、料理が一層美味しそうに見え、特に赤がより鮮やかに見えるそうです。

料理だけではなくお肌の色も、もっとキレイに見せてくれるとのこと。
今度、展示場にも設置する予定なので、ぜひ私の顔がどのように
変化するか見に来てください・・ではなく、音の出るダウンライトをぜひ見に来てください(笑)

他にもブルーレイ・DVDデッキなどの音を聞けたりもできるようです。
昔のように大きなスピーカーを置かなくても、音質の良い曲が
聞けるなんて・・どんどん進化していますね。
もちろんキッチン以外にも取り付けられますよ

一般的なダウンライトと同じように天井に設置できますので、
新築時でなくとも、後からでも設置可能です。

とっても気に入ったので、まずは展示場へ設置する予定です

お楽しみに

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「審査員特別賞」受賞しました

「第12回あおもり産木造住宅コンテスト」

 

県庁にて表彰式があり、社長と出席してきました。


 

 

さすが青森県庁お茶ではなく、こぎん刺しのコースターにリンゴジュース


 

 


三村知事からのコメントの後、各受賞者のコメントの時間がありました。

弊社社長は
木の家に住むことが、健康寿命延伸につながるということを、ユーザー様の事例を交えてお伝えし、住宅と健康との関係が、いかに密接であるかという話をさせていただきました。
知事からも「現在、県でもと健康だけではなく、そこへもプラスしていく必要があるという認識を持ち始めている」というコメントをいただきました。

 

 

決め手君をバックに表彰状をいただきました

 

 

受賞者の皆様と

 

 

マスコミの取材も受けていました

 

 

第7回(2015年) 特別賞

第10回(2018年) 最優秀知事賞に続き3回目の受賞でした。

今回の審査員特別賞、講評はまだいただいておりませんが、建築のプロの方々から評価いただいた賞、大変光栄です。

 

私自身も、木の家、空間に住むことの心地よさを感じていますが、
一昨年、青森県産の木で作られた八戸市立白山台小学校を視察に行った時の校長先生がおっしゃっていた「新しい県産材の校舎になってから、子供たちの欠席日数が減った」という話が強く印象に残っています。

国産の無垢の木は、健康に暮らすための優れた効果があるのです。

今回受賞した住宅に住んでいるお施主様も、血圧が高く何年も降圧剤を飲んでいましたが、入居後血圧が下がり、お医者さんから「もう薬は飲まなくてもいいよ」と言われ、現在は快適に暮らしていらっしゃいます。

 

木の家が好きな方は、ぜひ国産材を選んでほしいと思います。欲を言えば青森に住んでいる人は青森の木、それぞれの地元の木を使うことでその地域の産業も森林も活性化します。

日本ではまだまだ森林がたくさんあります。森林は、温室効果ガスの二酸化炭素を吸収して地球温暖化の防止に役立ってくれているだけでなく、降った雨を蓄えてゆっくりと川に流すなど、その役割はとても大きいのです。

でも、ただ木があるから二酸化炭素を吸収してくれるわけではありません。木を積極的に使い、新しい木を植えることで伸び盛りの木が、より二酸化炭素を吸収してくれるのです。

それから手入れも大事!
間伐という手入れを行わないと土壌崩壊など災害につながります。

災害が続く近年。私たちにもできることはたくさんあります。
地球温暖化防止のため、家の新築時に国産の木を使うことで大きく貢献できます。
木の家が好きな方は、ぜひ国産材を選択肢に入れてください。
そしてよかったら皆さんの地元の環境の為にも地元の木を使うことも選択肢に入れてください。

地元で育ち、地元の気候をよく知っている木。家に使われてから馴染みやすいのは当然です。

 

こんな考えで家づくりをしている私たちなので、「あおもり産木造住宅コンテスト」で受賞するということは大変光栄なことなのです。

 

今後も、近くの山の木を使うことで、「健康や地域環境に貢献できる住宅」を作り続けることを誓った一日でした。

 

最後に 決め手君と記念撮影

 

 

 

 

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

改めて決意した事

あけましておめでとうございます。
って明けてから3週間もたってしまい、
ブログの更新もサボってしまいました💦

言い訳しますと…
お正月の準備、二女のアンサンブルコンテスト県大会、長女の成人式、犬のようちえんFULFILLドッグサロンのオープニングパーティー
などなど色々な出来事がありました。

中でもFULFILLドッグサロンのオープニングパーティーでは、犬の手作りおやつ販売をすることになっていたので、3日間ほどおやつを作り続けました。 

いつもはジャーキー系だけなのですが、今回は
この2年間展示場でようちえんを開園していた先生の門出ということもあり、特製「犬のlaunch box」を作ることにしました。
名付けて「FULFILL launch box」
全て最初から手作りで、心を込めてつくりました。
メニューは
ミートローフ
サーモンのテリーヌ
ささみジャーキー入りケークサレ
ポークグラタン
かぼちゃのおやき
串団子風ニョッキ




オープニングパーティー当日



オープン前から玄関前に行列ができ、オープンと同時に沢山の飼い主さんとワンちゃんたちが入ってきました。

うれしいことに、私の作ったオヤツを目当てに来てくださった方も何人かいらっしゃって感激


10個限定だったFULFILL launch  boxは30分ほどで売り切れ!ジャーキー等のおやつも午前中には売り切れてしまいました

昨年のドッグフェスの時も思ったことですが、今回も改めて感じた事、
アレルギーのワンちゃんが結構いて、困っている飼い主さんが多いということです。

犬のようちえんのタナカアカリ先生が、しつけで困っている飼い主さんのお役に立てるよう頑張っているなら、私はこれからアレルギーや病気で悩んでいる飼い主さんとワンちゃんの為に頑張ろうと、改めて決意しました。

アレルギーを持つわんちゃんのための、手作りおやつや料理教室の開催、その子にあった手作りおやつの販売など…も考えています。
一番大事なことは、ネットでは得られない本当の情報をお伝えしたい事です。
その他、こんな事もやってほしい!にもお答えします。


今回、小麦粉アレルギーのワンチャンのために作った大豆クッキー







笑い話(裏話)
launch boxに入れた、サーモンテリーヌ


テリーヌと言うと聞こえはいいけど
いつもは、生鮭で作っている魚肉ソーセージを作る予定でした。
ところが、もう生鮭は旬を過ぎたのか売っておらず、仕方なくサーモンの刺身で作ってしまいました。そうした所、やはりサーモン❣️脂がのっているせいか、なかなか固まらずゆる〜い感じのソーセージになってしまったので、急遽サーモンテリーヌと名前を変えたのでした🤣

それにしても、家族のお弁当より手間がかかっているし豪華なlaunch  boxになりました。
やっぱり原価割れだったー🤣
今回は門出だー、お祝いだー大サービス💖


これから展示場は改装工事に入ります。
わんちゃんとの豊かな暮らしのために…
わんちゃんと飼い主さんがより健康で暮らせるための情報を得られる場所として変わります。
お楽しみに

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

あっという間の1年、あっという間の20年

今年一年、ブログを読んでくださった皆様、ありがとうございました。

今年は一年過ぎるのが、今まで生きてきた中で一番早いと感じた年でした。
私事ですが、長女が成人式を迎えます。3日前に写真を前撮りしたのですが、20年もあっという間だったなあと感じています。

 

20年前にはなかった主婦という経験を積んだことが、住宅・生活の提案をできるようになったのではと思っています。

独身の頃は、地元のビルダーで当時としては珍しい、女性の住宅営業の仕事をしておりました。
毎年増えるノルマをこなし、弘前営業所長という肩書までいただきました。
しかし、お客様のための家づくりというより、仕事をこなしていくという感じでした。
もちろん忙しすぎて家事などほとんどしない毎日。家事もしないのに生活の提案などできるわけがありません。
お客様の満足ということまで、考えられなかったのです。

その後、結婚を機会に退社。家事・子育てしているうちに、自分がとてもつまらない人間になったような、気持ちになったこともありました。
でもその経験があるからこそ、今があるのです。子育てや生活そのものが、今の仕事に役立っているのだと思います。


「生活する」ということを何もわからずに、住宅のの営業をやっていたころに比べると、比較にならないほど提案できることがたくさんあります。
無償・無休の主婦歴21年は無駄ではなかったと思うこの頃です。

 

そして今年は、私のこれからの夢も見つかりました
これからは、楽しみながら、役に立ちながら仕事をしていきたい!!、と思っています。

 

 今年出会った皆様、ブログを読んでくださった皆様とのご縁に感謝しております。
ありがとうございました。

 

管理栄養士を目指して勉強中の長女が作った、年越しのお寿司(親バカ~)

みなさまよいお年をお迎えください

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ