神奈川シニア連合ブログ

神奈川シニア連合の日々の活動を記載します。

第29回神奈川シニア集会が開催されました

2019-03-23 15:36:58 | 日記
1990年から第29回目の神奈川シニア集会は、連合神奈川構成組織の各産別退職者会、中央労働金庫神奈川県本部に所属する「中央ろうきん友の会」会員、全労済そして各界の来賓等会場が一杯となる307名が参加し3月22(金)14時0分から前日に桜の開花宣言があり横浜公園のチューリップがぼつぼつ咲き始めた中、
横浜市・ワークピア横浜で開催されました。
シニア集会は2部構成で開催され、第1部が神奈川シニア集会となり、神奈川シニア連合・高野副会長(自動車総連・女性)の元に進行が行われ挨拶は実行委員長として永井シニア連合会長(自治労)から次の挨拶がありました。
「本集会の開催につきまして、連合神奈川に大変お世話になっていることを皆様に申し上げ、実行委員会を代表しご挨拶を致します。
年度末の多忙な時期に、連合神奈川の柏木会長、日本退職者連合の菅井事務局長を始め多くの来賓の皆様にご出席を頂き感謝に堪えません。心から御礼申し上げます。
 又、一般の参加者の皆さんにおかれては、桜の開花宣言が昨日だされたという絶好の行楽シーズンに、本集会にご参加頂きありがとうございます。
 さて、シニア集会は、私たち高齢者が抱える問題を正確に把握し、高齢者問題の解決を図っていこうという趣旨で開催されていますが、本日は神奈川県の講師から大変お忙しい中をこのように多数の皆様に、認知症の対応について勉強して頂くことになりました。
 認知症に対応と言いますと大変暗いイメージで受け止められがちでございますが、基本さえ頭にいれて対応すれば、そんなに深刻になる問題ではないと思っています。どうか、今日の講師のお話を即実践に移していただき、地域の中で、有意義な生き方をしていただきたいと考えています。
 さて、今年は選挙の年であり、4月7日には知事選挙と県会議員選挙、政令都市の議会議員選挙が行われますし、4月22日にはその他の議会議員の選挙が行われます。又、7月には参議院議員選挙が予定されています。国民を分断し、戦後日本が営々として築いてきた平和国家の基礎をなし崩しに破壊してきた安倍自民党内閣を徹底的に批判し、連合神奈川の推薦候補の全員当選を勝ち取らなければなりません。皆様の奮闘を大いに期待し、私の挨拶に致します。有り難う御座いました。」
引き続き、共催団体から連合神奈川・柏木会長から「①今年の春闘は中小が頑張っている②働き方改革を勝ち取っていく③地方選は2大政党制を求めているのでカレントには政党名は書いていないが推薦・支持候補当選に努力願いたい④今後も現退一致で行動をしていく」等の挨拶及び神奈川県労福協・市川事務局長から挨拶があり、その後来賓挨拶として日本退職者連合・菅井事務局長、神奈川県・安井労政福祉課副課長、横浜市・山本雇用労働課長、全労済神奈川推進本部・元重本部長、中央労働金庫神奈川県本部・鈴木統括部長、労金友の会神奈川地区本部・鈴木会長から挨拶を受けた後、他に出席されていたワークピア横浜・大野統括部長、エル・ビー・エーの小野寺営業担当部長が紹介されました。その後、司会者より相模原市長、川崎市長、立憲民主党、国民民主党、社民党からのメッセージが紹介されました。
基調報告は神奈川県高齢課・高齢福祉グループの講師による「認知症の人にやさしい地域づくり 認知症の理解と認知症の人への対応」の話と実技を行いました。





次にに集会アピール(案)を神奈川シニア連合・田戸常任幹事(JP)から提案され満場一致で採択されました。
集会アピール
私たちは
、人生 100年時代到来と言われる超長寿社会の中で生活している。こうしたなかで、人生の終焉まで元気で明るく過ごす曰々を理想としている。その ためには、成人病と言われる生活習慣病の克服を掲げ、脳の活性化を図り、筋肉を鍛え、元気に歩き、笑顔で曰々が過ごせる努力が求められる。
一方で、安心して暮らせる年金制度の継続や万一に備えた医療制度の充実など、 人生100年時代にふさわしい社会保障のビジョンが必要不可欠である。しかし、 安倍内閣は「少子高齡化に真正面から向き合い、改革を進めたい」と言いつつ、北朝鮮や中国の脅威を過大に報じ軍事費を7年連続して増やし、本年10月に導 入予定の消費税10%の使途も「国の借金を減らしつつ、社会保障を充実する」との政党間の合意を無視した景気対策や選挙対策のバラマキともいえる政策を恥じることなく実施している。
また、自•公政権は、国と地方の長期債務1,107兆円超えまで増やし「このまま推移すれば日本の国が破綻、国民生活が崩壊する債務」と言われる無責任極まる政治、論議を軽視した数による強行採決で国民の命を守る水道事業を民間経営に委ねるなど、国民の期待や安心感のある生活から遠くかけ離れた政治を行っている。私たちは、平和な社会、格差•差別のない社会、安心•安全•希望の持てる手厚い社会保障を次代に継続するため、新たな政治勢力の結集による政権を誕生させ福祉重視の国家をめざすことが必要である。
本日「あらゆる世代が手を結び安心•信頼の社会保障制度を確立しょう」をスローガンに掲げた集会に多くのシニアの仲間が参集した。私たちは、連合神奈川と連携し「制度•政策要求と提言」の取り組みにおいて高齡者福祉の充実をめざすとともに、本年4月の第19回統一地方選挙、7月の第25回参議院議員選挙では、連合神奈川の組織内候補者、推薦•支持候補者全員の当選をめざし総力をあげて行動し、新たな政治勢力の結集をめざすこととする。
以上、第29回神奈川シニア集会の総意としてアビールする。
                2019年3月22曰
            第29回神奈川シニア集会

閉会の挨拶をシニア連合・池田副会長(電力総連)から来年は30回を迎える節目の集会となる、現在の集会の持ち方で良いのか等の提起があり、最後に永井実行委員長の音頭で団結頑張ろう三唱し15時40分に第1部のシニア集会は終了しました。


第2部は15時50分から神奈川シニア連合・鈴木副会長(基幹労連)の司会により、昨年も実施した「交流の広場」と銘打ってバイオリンの演奏を「自治労神奈川県本部・県退職者いちょう会」の弦楽アンサンブル「音楽の杜」11名により美しき青きドナウ等30分間の演奏と参加者での合唱があり
16時30分に恙なく第29回神奈川シニア集会は終了しました。



コメント

神奈川シニア連合第3回幹事会を開催しました

2019-02-16 10:53:26 | 日記
2月15日(金)15時から粉雪が降った中、横浜市・ワークピア横浜で第3回幹事会が開催されました。議長に相澤幹事(私鉄総連)を選出し、永井会長挨拶、連合神奈川・米塚副事務局長の挨拶がありました。米塚副事務局長からは①今年の春闘がスタートした3月中旬山場に向けて頑張るので支援の要請②4月の統一自治体選挙と夏の参議院選へ組織内候補への支援要請がありました。
引き続き東谷事務局長から第2回幹事会以降(2018年12月21日)の活動報告があり承認されました。
※活動報告
1、「西日本豪雨災害救援特別カンパ」活動の追加
  第2回五役会・第2回幹事会で指摘された「西日本豪雨災害救援特別カンパ」の集約について、神教協(神高教)シニアの会から1万円のカンパ金の入金があったことを確認しました。
2、JEC連合OB会幹事会
   日 時 12月26日(水)16時00分~
   場 所 かながわ労働プラザ
   出席者 東谷事務局長
3、連合神奈川新春の集い
日 時 1月8日(火)16時00分~
場 所 ロイヤルホールヨコハマ
出席者 永井会長、臼井副会長、鈴木副会長、池田副会長、高野副会長
       東谷事務局長、加藤事務局次長、峰事務局次長
内 容 略
4、「行事参加者傷害保険」包括契約の継続
2019年1月31日で「行事参加者傷害保険」が満期になることから、1月9日に2019年2月1日から2020年1月31日までの神奈川シニア連合の各種会議・行事参加時の傷害保険継続申込書を1月21日に(有)ゆうらいふサービスに送付した。
5,第3回日本退職者連合全国幹事会
日 時 1月16日(水)13時30分~
場 所 連合本部会議室
出席者 池田副会長
6、第29回神奈川シニア集会第1回実行委員会
日 時 1月18日(金)10時00分~
場 所 連合神奈川会議室
出 席 第29回神奈川シニア集会実行委員29名中20名が出席
7、第3回五役会
日 時 1月18日(金)13時00分~
場 所 連合神奈川会議室
出席者 シニア連合五役
特記事項  神奈川シニア連合と神奈川Vネットの連携について
(1)連合神奈川:阿部副事務局長から、神奈川Vネットの活動とフードバンクのボランティアへの参加など、神奈川シニア連合に対し協力を求める話しがあった。
(2)五役会では、①ボランティア研究委員会においてフードバンクへの協力あり方等について検討する。②検討した内容やボランティアの体験などを幹事会に報告し、シニア連合全体としての協力体制の確立等について検討することとした。
8、「介護保険制度の充実」等に関する諸要請に対する相模原市からの回答
・・・<資料 略>
日 時 1月21日(月)14時00分~
場 所 相模原市庁舎・会議室
出席者 永井会長、臼井副会長、鈴木副会長、池田副会長、高野副会長、
東谷事務局長、加藤事務局次長、(金井連合神奈川副事務局長)
【行政】
健康福祉局保険高齢部高齢政策課     鈴木和夫課長
健康福祉局保険高齢部地域包括ケア推進課 髙本辰彦課長
健康福祉局保険高齢部介護保険課     櫻井敏朗課長
健康福祉局福祉部地域医療課       桐生卓郎主幹
環境経済局経済部雇用政策課       仙波浩美課長
総務局渉外部広聴広報課    山口和明参事(兼)課長
総務局渉外部広聴広報課      槙 裕二総括副主幹
総務局渉外部広聴広報課         神澤一義主査
9、第1回メーデー実行委員会
日 時 1月22日(火)16時30分~
場 所 連合神奈川小会議室
     出席者 永井会長
10、第1回政策小委員会
日 時 1月30日(水)14時00分~
場 所 連合神奈川小会議室
出席者 池田政策委員長、加藤事務局長、峰幹事、小黒幹事、東谷事務局長
11、第2回政策小委員会
日 時 2月4日(月)14時00分~
場 所 連合神奈川小会議室
出席者 池田政策委員長、加藤事務局長、峰幹事、小黒幹事、東谷事務局長
12、「介護保険制度の充実」等に関する諸要請の川崎市からの回答
・・・<資料 略>
日 時 2月6日(水)14時00分~
場 所 川崎市.JAセレサみなみビル 4F
参加者 永井会長、臼井副会長、鈴木副会長、池田副会長、高野副会長
東谷事務局長、峰事務局次長、(金井連合神奈川副事務局長)
【行政】
経済労働局産業政策部消費者行政センター 大田伸一室  長
健康福祉局生活保護・自立支援室     加藤 弘担当課長
健康福祉局生活保護・自立支援室 吉澤 聡担当課長
健康福祉局地域包括ケア推進室      端坂幸子担当課長
健康福祉局長寿社会部高齢者事業推進課  下浦 健課  長
健康福祉局保険医療政策室        上林 剛担当課長
健康福祉局保健所医療・薬事課      香川貴則課 長
まちづくり局交通政策室         石川武彦担当係長
まちづくり局住宅政策部住宅整備推進課  唐澤一星担当係長
まちづくり局住宅政策部市営住宅管理課  児玉 卓課長補佐
教育委員会事務局学校教育部健康教育課  辻 敏明担当課長
経済労働局労働雇用部          倉 雅彦担当課長
経済労働局労働雇用部          宮田浩光課長補佐
経済労働局労働雇用部          田原慎也
13、第1回政策委員会
日 時 2月8日(金)14時00分~
場 所 連合神奈川会議室
    出席者 2019年度政策委員20名19名が出席
14、第4回日本退職者連合全国事務局長会議
日 時 2月13日(水)13時00分~
場 所 連合本部会議室
出席者 東谷事務局長
15、政治を変える!2.13”力合わせ”の集い
日 時 2月13日(水)18時00分~
場 所 ホテル・ルポール麹町
    出席者 東谷事務局長
16、第198通常国会政策制度要求実現2.14院内集会
日 時 2月14日(木)10時00分~
場 所 参議院議員会館講堂
    出席者 永井会長、鈴木副会長、池田副会長、高野副会長、東谷事務局長
田戸常任幹事
17、第29回神奈川シニア集会2回実行委員会
日 時 2月15日(金)10時00分~
場 所 連合神奈川会議室
    出席者 第29回神奈川シニア集会実行委員28名中27名が参加
18、第4回五役会
日 時 2月15日(金)13時00分~
場 所 連合神奈川会議室
    出席者 シニア連合五役  

引き続き東谷事務局長から協議事項が提案され(2020年に向けた制度・政策要求と提言については加藤事務局次長が提案)若干の意見交換後に決定しました。
※協議事項
(追加資料)
 第19回統一地方選挙の組織内候補、組織外候補の推薦について
1.神奈川県下の第19回統一地方選挙の告示日と投票日は、別紙1のとおりです。
2、連合神奈川の第19回統一地方選挙の組織内候補と組織外候補の推薦は、別紙2のとおりです。
3、神奈川シニア連合は、第19回統一地方選挙に立候補する連合神奈川が推薦する組織内候補と組織外候補全員を推薦し勝利に向け総力をあげることとします。


1、第29回神奈川シニア集会について・・・<資料 略><資料 略>
第29回神奈川シニア集会は、1月18日(金)に第1回実行委員会を設置。次の事項を確認し、具体的準備を進めてきた。
(1)第29回神奈川シニア集会は、3月22日(金)にワークピア横浜で開催し、参加者の集合しやすい時間を意識し14時00分から開始する。
(2)規模は300名とし、産別退職者会への参加要請(神奈川シニア連合連絡2019-10号で要請済)を行う。
(3)開催は、神奈川シニア連合、連合神奈川、神奈川県労働者福祉協議会とし、実行委員長は神奈川シニア連合:永井碩夫会長とする。
(4)開催は2部構成とし、「集会」と「交流の広場」とする。集会全体の時間が短くなり、参加者が話を聴く時間も短くするため、①来賓挨拶(10名予定)は、一人3分以内に終わるよう事前に協力を求める。②政党にはメッセージを要請する。③基調報告は行わず、参加者の意見等は幹事等を通じてシニア連合事務局に集約する。④基調報告の代わりに「人生100年時代に向けて・認知症と付き合う」を神奈川県福祉部高齢福祉グループの「田中智子」技幹と「田中美穂」主事に基調講演をしてもらう。⑤集会アピールは採択する。⑥第2部は、弦楽アンサンブル「音楽の杜」(自治労神奈川県退職者の会「県いちょう会」)の演奏とする等を確認。
  なお、基調講演を依頼した際に、会場で神奈川県認知症の人と家族を支えるマーク「ピンズバッチ(500円)を販売したいとのことであり、参加者の協力を求める。
(5)基調報告(案)<資料 略>と集会アピール<資料 略>は、本日(2/15)午前中に開催した第2回実行委員会で決定したところである。
(6)各幹事におかれましては、産別の参加者氏名報告⦅3月13日(水)締切り⦆などに協力を頂き、第29神奈川シニア集会の成功に向けご尽力を頂きますようお願い致します。
なお、第3回実行委員会は、3月22日(金)11時00分から開催。
2、神奈川シニア連合の「2020年に向けた制度・政策要求と提言」について
・・・<資料 略>
神奈川シニア連合2019年の政策活動の取り組みの経過と今後の取り組みは、次のとおりである。
(1)産別退職者会の要求等の集約は、2018年11月21日(水)~2019年1月23日(水)の期間に行った。
(2)第1回政策小委員会⦅1月30日(水)⦆において、①JAM神奈川シニア、情報労連NTT労組神奈川退職者協議会の2産別から集約された政策要求等の内容を確認するとともに、政策化に向けた有無の論議、②政策小委員会における政策要求等について検討し、第2回政策小委員会に向け、出された要求・政策小委員会の要求等を文書整理することとした。
(3)第2回政策小委員会⦅2月4日(月)⦆において「神奈川シニア連合の2020年に向けた制度・政策要求と提言」として文書整理された内容について精査した。
(4)第1回政策委員会 ⦅2月8日(金)⦆において、政策小委員会が作成した「神奈川シニア連合の2020年に向けた制度・政策要求と提言」に基づき、政策委員全体で要求等について論議し、論議結果に基づいて文書修正などを行うこととした。
(5)本会議において、第1回政策委員会で論議された「2020年に向けた制度・政策要求と提言」<別紙 略>について全体的な論議を行い要求等を決定し、連合神奈川⦅集約日は2月15日(金)⦆に提出する。
(6)以降は、連合神奈川の政策委員会に派遣した役員がシニア連合の高齢者福祉の要求前進に向け、連合神奈川政策委員会の論議に参画する。

3、施設見学会の見学先の検討について
  本年度の施設見学会の場所の決定を行う。
(1)施設見学は「見識を広める」「参加者の親睦交流」を目的に行う。
(2)年間計画では、6月6日(木)に行う予定である。→6月7日に決定
(3)見学会への参加者は、40名程度とする。
(4)見学会は午前中に行い、見学後は昼食を兼ねた親睦交流を行う。
なお、交流会費は一人3000円とする。
五役会で検討し、事務局で精査した見学場所は次のとおりである。
(1)羽田クロノゲート(ヤマトグループの物流ターミナル)決定
希望する見学受付時間は、金曜日の10時00分~11時30分であり見学日の変更が伴う。
(2)郵便物の仕分け作業(川崎東郵便局)
集配された郵便物を夕方から深夜にかけて仕分けされるため、分別機が稼働しておらず見学に適さない。
(3)日清オイリオ横浜磯子事業所
平日の10時00分~約90分の見学コース。1回の募集は10名から40名。参加者の交流場所確保が出来るか否か。
4、視察・研修旅行の検討について
本年度の視察・研修旅行は、10月15日(火)~16日(水)に実施予定であり次の事項を基本とし方面を決め複数の旅行会社に見積もりを依頼する。
(1)視察・研修旅行は「見識を広める・会員相互の交流を図る」を目的に行う。
(2)費用は、27000円以下とする。
(3)実施は、バス1台とし、参加者を48名程度とする。
(4)場所は、関東圏とする。
(5)五役会では、足利学校との案が出たが、大成殿が大規模改修中との情報。
5、「神奈川シニア連合ボランティア基金」への協力要請・・・<資料 略>
「神奈川シニア連合ボランティア基金」は、神奈川シニア連合結成25周年記念事業の一環として設立されたものであり、その運営要綱は<資料 略>のとおりである。昨年の第27回総会ではカンパ金79,899円が集約されているが、基金を充実することとし寄付等は見送った。
各産別退職者からのカンパ金は、神教協退女教から1万円が送金されたのみであり活動が低迷している。各産別退職者会において積極的な取り組みをお願いします。

※今後の日程について
1、「男女平等参画推進のための第8回学習会・・・<資料 略>
日 時 3月1日(金)13時30分~
16時05分~17時00分「参加者交流集会」
場 所 連合本部3階会議室
17時00分~18時30分「女性参加者懇談会」
※会費1人3,000円,会場「壽賓」(中華店)
      参加者 2月21日(木)までに報告
2、連合神奈川「2019春季生活闘争・第25回参議院議員選挙勝利第19回統一地方選挙勝利総決起集会」・・・<資料 略>
日 時 3月7日(木)18時00分~
場 所 関内ホール
    参加者 神奈川シニア連合に15名の参加要請あり
3、全水道神奈川県支部退職者協議会第17回総会
日 時 3月13日(水)15時00分~
場 所 横浜水道会館
     出席者 永井会長
4、2019年度第1回ボランティア研究委員会の開催・・・<資料 略>
日 時 3月14日(木)14時00分~
場 所 連合神奈川会議室
     出席者 ボランティア研究委員
※対象者に告示を配布。
5、第5回五役会・・・<資料 略>
日 時 3月22日(金)10時00分~
場 所 連合神奈川会議室
     出席者 シニア連合五役
6、第29シニア集会第3回実行委員会
日 時 3月22日(金)11時00分~
場 所 連合神奈川会議室
     出席者 シニア集会実行委員
  7、第29回シニア集会
日 時 3月22日(金)14時00分開会
場 所 ワークピア横浜 2F
     規 模 各産別退職者会会員等300名
8、第6回五役会・第4回幹事会・・・<資料 略> 
日 時 4月19日(金)15時00分~
場 所 ワークピア横浜
    出席者 五役・幹事・会計監査。・顧問
    ※ ①議長は、全印刷 若 林 康 夫 幹事。
    ②五役会を13時00分~連合会議室で開催。
9、神奈川中央メーデー「参加予定人員の調査について」・・・<資料 略>
日 時 4月27日(土)10時00分~
場 所 臨港パーク
       参加者 昨年は45名参加
「別紙」











コメント

神奈川シニア連合会長 年頭のご挨拶

2019-01-01 07:54:19 | 日記
年頭あいさつ
神奈川県退職者連合
(愛称:神奈川シニア連合)
 会長 永 井 碩 夫

明けましておめでとうございます。
本年も、皆さんの堅いスクラムで神奈川の高齢者運動の前進に邁進しましょう。
 私は,かねがね疑問に思っていたことですが、どうして安倍首相は、問題の多い法案を強行採決に次ぐ強行採決で成立させてしまうのか。最終的には安倍さんの為にならないではないのかと感じています。
 日本は、今でも世界第3位のGDP(国民総生産)を誇る押しも押されぬ経済大国ですが、国民一人当たりのGDPは、何とOECD加盟36か国中第20位となっていますし、世界の経済成長率比較では、第147位となっています。
 安倍首相は、経済再生を一枚看板に首相の座を射止め首相に再登場しましたが、首相の態度とは裏腹に、首相が言うほど改善をしていません。それどころか、インドやドイツといった国がひたひたと日本との差を狭めつつあるように思います。その原因は、日本の超高齢化にあることは言を待ちません。
 ちょっと話がそれますが、世界で一番幸福な国はどこだと思いますか。2018年に国連が発表した、所得、健康、寿命、自由、信頼、寛容さといった事項を数値化して行った調査ですが、第1位を獲得したのはフィンランドで、ついでノルウェー、デンマ―クと続きます。いわる社会保障が充実している国ですが、日本は残念ながら低位に甘んじ、57位です。日本の安倍首相の政治姿勢は経済一辺倒ですが、日本が幸せ度ランキングで上位を占めるのは、私たちを含め発想の転換が必要なことは言うに及びません。
 日本がコペルニクス的大転換を遂げるには、本年7月の参議院選挙に野党勢力が大勝利し、安倍首相を退陣に追い込む以外にありません。
 皆さん、本年の参議院選挙では会員一人一人が奮闘し、連合神奈川が推薦する候補の必勝を勝ち取りましょう。


神奈川シニア連合 会員の皆さま
 あけましておめでとうございます。
 旧年中は神奈川シニア連合発展のためにご指導・ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
 本年も神奈川県退職者連合(愛称:神奈川シニア連合)メインスローガンである【「生まれ、学ぶ、働き、家族を守り、おいていく」こうした人生のステージを安心して送れる社会をつくろう】を実現するために共に頑張りましょう。そして春の統一地方選、7月の参議院選挙では組織内候補全員当選と推薦候補の必勝に向けてご支援・ご協力の程宜しくお願い致します。
                      2019年元旦
                      神奈川シニア連合役員・顧問一同

コメント

神奈川シニア連合第2回幹事会開催されました

2018-12-27 11:15:53 | 日記
12月21日(金)15時から横浜市・ワークピア横浜の会議室で第2回幹事会を開催されました。会議は11月21日の神奈川シニア連合第27回総会で決定した活動方針を具現化するものでありました。議長に小布施幹事(JR連合)が選出され会議が進行し永井会長挨拶の後、総会以降の活動報告と各種協議事項を東谷事務局長から報告・提案され何れも承認されました。
【報告事項】
1、神奈川シニア連合第27回総会について
(1)神奈川シニア連合第27回総会の参加者は、次のとおりです。
  総会代議員・・・73名中 67名
  傍聴者・・・・・・・・・・14名
  来賓・・・・・・・・・・・13名
  五役・幹事・・・44名中 41名
  顧問・・・・・・・・・・・ 2名    計137名の参加
(2)総会終了直後には、第1回幹事会を開催し2019年度の常任役員を幹事の中から3名選出しました。
(3)新田顧問による講演を受けた後、新旧役員の参加による反省会(参加者44名)を行い予定された行  事を終えました。
2、「西日本豪雨災害救援特別カンパ金」の集約について
  取り組み期間  7月25日(水)~11月26日(月)【最終集約日】
  集約金額    123,425円
  支援退職者会  日本冶金労組・横交・全水道・運輸労連・私鉄総連・UAゼンセン
          野中顧問(個人)
  支援団体等   連合神奈川を通じ広島県・岡山県・愛媛県に対する義捐金、並びに
  関係地方連合会のボランティア活動費の一部として活用。
  ※1産別より送金したが名前が無いと提起があり調査することにしました。
3、第1回事務局会議
  日 時  11月28日(水)14時00分~
  場 所  連合神奈川小会議室
  出席者  東谷事務局長、加藤事務局次長、峰事務局次長、松永(連合神奈川)
  内 容  事務局運営等の意思統一
4、自治労神奈川退職者の会第37回総会
日 時  12月6日(木)13時30分~
場 所  地域労働文化会館
出席者  池田副会長、高野副会長
5、その他

【協議事項】
1、2019年度役員と役員連絡名簿について<資料 1①><資料1②>
(1)2019年度役員は<資料- 1①>のとおりです。
(2)役員連絡名簿は<資料- 1②略>のとおりです。個人情報が記載されていますので、取り扱いに注意願います。

2、神奈川シニア連合運営規則と神奈川シニア連合内規集について<資料 2略>
(1)神奈川シニア連合組織運営規則、並びに神奈川シニア連合内規集は<資料 2略>のとおりです。
(2)本年度から、神奈川シニア連合運営規則第8条と第9条等により、組織運営が一部変更になります。

3、年間日程について<資料 3略>
現段階で予定されている年間活動等は<資料 3>のとおりです。具体的には、五役会・幹事会等で論議し取り組むこととします。

4、神奈川シニア連合2019年度会費(分担金)の納入について <資料 4略>
シニア連合第27回総会で確認された組織実態調査結果により「2019年度会費(分担金)」は<資料 4>のとおりです。
2019年度会費(分担金)の増額・減額のある産別は、ありません。
納入は、第2回五役会・第2回幹事会で確認した後に各産別にお願いします。

5、事務局の運営と要望事項等について<資料 5 略>
   (1)事務局の運営について
    ①事務局は、事務局長、事務局次長2名で事務局を構成し逐次打合せ等を行います。
    ②事務局の常駐者は事務局長とし、必要に応じ事務局次長に依頼します。
    ③常駐日は、原則月曜日と水曜日の10時00分から16時00分とします。
   (2) 事務局運営にあたっての要望事項等について
   ①各種会議・行動等に欠席する場合は、必ず事務局に事前に連絡をお願いします。
     ②報告は、締切り日の厳守をお願いします。
     ③神奈川シニア連合が招集した会議は、事務局が旅費を一括請求し支払います。
    ④連合の学習会や各種行動等への参加は、参加者が「神奈川シニア連合交通費請求兼受領書」    <資料 5略>に記入し提出をお願います。
    ⑤会議・行動等が1日なった場合は、昼食を提供します。
  ⑥各種動員・行事などの受付は、40分前から行います。
     なお、幹事会等は、議場が開く30分前から受付を行います。
6、専門委員会の設置と構成について
   (1)神奈川シニア連合運営規則第10条で「専門委員会が設置できること。委員は、幹事会で任命すること。調査研究を行い幹事会に報告」となっています。
   (2)シニア連合活動をスムーズに進めるために、次の専門委員会を設置します。
   ① 各専門委員会は、会議の開催等を企画し研究調査活動等を行って下さい。
   ② 事務局長・事務局は、活動等の報告を幹事会で行って下さい。
   ③ 政策委員会については、小委員会を設置します。
   ④ 各専門委員会には、永井会長・東谷事務局長が適宜参加します。 

🔶組織強化・財政検討委員会(16名)
委 員 長 高 野 きみ子(自動車総連)
事務局長 東 谷 裕 明(情報労連)
委  員 
臼 井 百合子(神 教 協) ・ 高 木 信 行(自動車総連)
鈴 木 武 男(基幹労連)  ・ 池 亀 清 治(UAゼンセン)
池 田 捷 治(電力総連)  ・ 佐々木 茂 夫(自 治 労)
加 藤 照 雄(JAM)     ・ 永 井 光 夫(神 教 協)
峰 明良(JEC連合 )  ・ 石 井 孝 彦(基幹労連)
米 塚 和 哉(連合神奈川) ・ 海老澤 高 則(JEC連合)
田 戸 幸 男(J P労組)   ・室 田  實(フード連合)

🔶男女平等参画推進委員会(14名)
委 員 長 臼 井 百合子(神 教 協)
事務局長 峰   明 良(JEC連合)
委  員 
鈴 木 武 男(基幹労連) ・※森 岡 ヨ ネ(UAゼンセン)
池 田 捷 治(電力総連) ・ 菊 池 和 子(自 治 労)
高 野 きみ子(自動車総連) ・※石 毛 俊 江(JAM)
笹 谷 靖 博(全 駐 労) ・ 小 林 ま き(神 教 協)
土佐谷 順 子(自動車総連) ・ 村 井 みつ恵(神 教 協)
遠 藤 智 子(UAゼンセン) ・ 明 珍 ス イ(情報労連)
     ※は、産別に要請し選出された委員           

🔶ボランティア研究委員会(14名)
委 員 長 鈴 木 武 男(基幹労連)
事務局長 加 藤 照 雄(JAM)
委  員
小 黒 敏 行(国公総連)  ・ 佐々木 好 秋(基幹労連)
小 野 久二男(電機連合)  ・ 明 珍 ス イ(情報労連)
後 藤 剛 夫(自動車総連) ・奥 田 寛 義(電力総連)
土佐谷 順 子(自動車総連) ・杉 永 哲 也(JR総連)
遠 藤 智 子(UAゼンセン) ・佐 藤 正 治(全 水 道)
小 林 ま き(神 教 協) ・小布施 虎 三(JR連合)

🔷政策委員会(20名)
委 員 長 池 田 捷 治(電力総連)  
事務局長 加 藤 照 雄(JAM)
幹  事 峰   明 良(JEC連合)
〃   小 黒 敏 行(国公総連)
委  員 
臼 井 百合子(神 教 協) ・杉 本 秋 一(情報労連)
鈴 木 武 男(基幹労連)   ・ 鯉 沼 秀 雄(運輸労連)
高 野 きみ子(自動車総連) ・ 相 澤 義 昭(私鉄総連)
田 戸 幸 男(JP労組)   ・ 佐 藤 正 治(全 水 道)
笹 谷 靖 博(全 駐 労) ・ 若 林 康 夫(全印刷)
池 亀 清 治(UAゼンセン) ・ 中 田 大 哉(森林労連)
高 久   薫(自 治 労) ・ 野 中 美 久(顧   問)
小 川   進(JAM)    ・ 新 田 尊 士(顧   問)

〇政策小委員会(4名)
委 員 長 池 田 捷 治(電力総連)
事務局長 加 藤 照 雄(JAM)
幹  事 峰   明 良(JEC連合)
〃   小 黒 敏 行(国公総連)

〇連合神奈川政策委員会派遣者(14名)
① 経済・産業政策委員会     鈴 木 武 男 ・ 池 亀 清 治
② 雇用・労働政策委員会     永 井 碩 夫 ・ 峰   明 良
③ 福祉・社会保障政策委員会   池 田 捷 治 ・ 新 田 尊 士
④ 社会インフラ政策委員会    東 谷 裕 明 ・ 相 澤 義 昭
⑤ 環境政策委員会        高 野 きみ子 ・ 高 久    薫
⑥ 教育・人権・平和政策委員会  臼 井 百合子 ・ 小 黒 敏 行
⑦ 行財政政策委員会       加 藤 照 雄 ・ 野 中 美 久

🔶役員選考委員会(8名)
役員選考委員会設置内規で若干名の幹事及び事務局長があたると定められ、設置は直近の五役会・幹事会で承認を受けることとなっています。
また、委員会の正副委員長は互選となっており、第1回役員選考委員会開催時に選出することとします。
委  員
小 野 久二男(電機連合) ・ 佐 藤 正 治(全 水 道)
鯉 沼 秀 雄(運輸労連) ・ 若 林 康 夫(全 印 刷)
相 澤 義 昭(私鉄総連) ・ 小布施 虎 三(JR連合)
杉 永 哲 也(JR総連) ・ 東 谷 裕 明(事務局)

🔶編集委員会(5名)
委 員 長 東 谷 裕 明(情報労連)
事務局長 峰   明 良(JEC連合 )
委  員 加 藤 照 雄(JAM)
     笹 谷 靖 博(全駐労)
小 野 久二男(電機連合)
🔶「神奈川シニア連合ボランティア基金」運営委員会
  運営要綱に基づき、五役会が運営委員会を兼務します。
  なお、寄付する団体と寄付額は、幹事会で決定します。

7、第29回神奈川シニア集会について
  (1)第29回神奈川シニア集会は、神奈川シニア連合、連合神奈川、神奈川労福労働者福祉協議会の主催により開催します。
    なお、具体的な進め方・内容等については、実行委員会を設置し取り組むこととします。
  (2)第29回神奈川シニア集会の開催日、開催場所、開催時間は次のとおりとします。
   〇日  時  2019年3月22日(金)14時00分~
〇場  所  ワークピア横浜
(3)実行委員会は、次の28名で構成します。
永 井 碩 夫(自 治 労) ・ 菊 池 和 子(自 治 労)
臼 井 百合子(神 教 協) ・ 小 川   進(JAM)
鈴 木 武 男(基幹労連)  ・ 小 林 ま き(神 教 協)
池 田 捷 治(電力総連)   ・ 村 井 みつ恵 (神 教 協)
高 野 きみ子(自動車総連) ・ 杉 本 秋 一(情報労連)
東 谷 裕 明(情報労連)  ・ 海老澤 高 則(JEC連合)
加 藤 照 雄(JAM)    ・ 相 澤 義 昭(私鉄総連)
峰 明 良(JEC連合)  ・ 若 林 康 夫(全 印 刷)
米 塚 和 哉(連合神奈川) ・ 小布施 虎 三(JR連合)
松 永   薫(連合神奈川) ・ 野 中 美 久(顧   問)
田 戸 幸 雄(JP労組)   ・ 新 田 尊 士(顧   問)
笹 谷 靖 博(全駐労)   ・ 菅 野 秀 作(県労福協)
小 黒 敏 行(国公総連)  ・ 内 山 誠 悟(労働金庫)
後 藤 剛 夫(自動車総連) ・ 森   直 久(全 労 済)

8、2020年に向けた「制度・政策要求と提言」について
 神奈川シニア連合の2020年に向けた「制度・政策要求と提言」は、次の日程で取り組むこととします。
(1)産別退職者会からの2020年に向けた「制度・政策要求と提言」の提出
 2018年11月21日(水) 第1回幹事会において取り組み要請
 2019年 1月23日(水) 神奈川シニア連合への提出締切り日
(2) 具体的取り組み
〇 第1回政策小委員会【1月30日(水)14時00分~】
  産別退職者会から提出された2020年に向けた「制度・政策要求と提言」を確認します。
〇 第2回政策小委員会【2月4日(金)14時00分~】
 産別退職者会から提出された2020年に向けた「制度・政策要求と提言」の要求と昨年までの「制度・ 政策要求と提言」の要求を精査し、要求づくりに向け検討します。
〇 第1回政策委員会【2月8日(木)14時00分~】
 産別退職者から提出された2020年に向けた「制度・政策要求と提言」等に基づき、要求づくりに向け論議・検討します。 
〇 第4回五役会・第3回幹事会【2月15日(金)14時00分~】
神奈川シニア連合の2020度に向けた「制度・政策要求と提言」を論議・決定し、連合神奈川に提出します。
〇 連合神奈川の政策委員会への参加
別途参加要請される連合神奈川の政策委員会において、シニアの政策などについて意見反映することとします。 

9、当面の日程につて<資料 6略>~<資料 9略>
 ≪シニア連合関係≫
(1)第2回五役会・第2回幹事会(11月21日告示済)
日  時  12月21日(金)15時00分~
    場  所  ワークピア横浜
     ※五役会を13時00分から開催します。
※会議終了後、第1回編集委員会を開催します。
(2) JEC連合OB会
    日 時 12月26日(水)15時30分~
    場 所 かながわ労働プラザ
   参 加 者  東谷事務局長
(3)第29回神奈川シニア集会第1回実行委員会<資料 6>
    日  時  1月18日(金)10時00分~
     場  所  連合神奈川会議室 
(4)第3回五役会<資料 7略>
    日  時  1月18日(金)13時00分~
     場  所  連合神奈川会議室 
(5)相模原市への介護等政策要請
    日  時  1月21日(月)14時00分~
    場  所  市庁舎会議室 
参加者  
永井会長、臼井副会長、鈴木副会長、池田副会長、高野副会長
東谷事務局長、加藤事務局次長

(6) 1回政策小委員会<資料 8略>
   日  時  1月30日(水)14時00分~
   場  所  連合神奈川小会議室
(7) 第2回政策小委員会<資料 8略>
   日  時  2月 4日(月)14時00分~
   場  所  連合神奈川小会議室 
(8) 第1回政策委員会<資料 9略>
   日  時   2月 8日(金)14時00分~
   場  所  連合神奈川会議室 
(9) 第29回神奈川シニア集会第2回実行委員会
日  時  2月15日(金)10時00分~
  場  所  連合神奈川会議室
(10) 第4回五役会・第3回幹事会
日  時  2月15(金)15時00分~
  場  所  連合神奈川会議室
※五役会を13時00分から開催します。
 ※第2回編集委員会を会議終了後に行います。

≪連合神奈川関係≫
(1)連合神奈川新春の集い
  日  時  1月 8日(火)16時00分~ 
  場  所  ロイヤルホールヨコハマ
  参加者  会長・副会長・事務局長・事務局次長の計7名
(2)メーデー実行委員会
   日  時  1月22日(火)16時00分~ 
  場  所  ワークピア横浜
   参加者  加藤事務局次長

≪日本退職者連合関係≫
(1) 2019年日本退職者連合第3回全国幹事会
   日  時  1月16日(水)13時30分~
   場  所  連合会議室 
   参加者  池田副会長
(2) 2019年日本退職者連合全国事務局長会議
   日  時  2月13日(水)13時00分~
   場  所  連合会議室
参加者  東谷事務局長
(3) 政治をかえる! 2・13〝力あわせ″の集い
日  時  2月13日(水)18時00分~
   場  所  ホテルルポール麹町
参加者  東谷事務局長
(4) 第198回通常国会 政策・制度要求実現2・14院内集会<資料 10略>
    日  時  2月14日(木)10時00分~11時40分
     場  所  参議院会館1階大会議室
     参 加 者  参加者5名の要請(1月17日報告締切り)
     永井会長、鈴木副会長、池田副会長、高野副会長、東谷事務局長
(5)「年金改革に関する3・27学習会」の開催について<資料 11>
日  時  3月27日(水)13時30分~16時00分
     場  所  連合本部3階AB会議室
     参 加 者  参加者申込み締切りが1月31日(木)となっており、本日の会議で参加者を募            ります。
現段階の参加予定者は、永井、鈴木、池田、東谷、加藤

10、その他
(1)発送文書
 ①2019年度第1回五役会の開催について
 ②2019年度第2回五役会・第2回幹事会の開催について
 ③2020年度に向けた「制度・政策要求と提言」の取り組みについて
 ④常任幹事選出の報告




コメント

「これ以上社会保障を劣化させないようシニア連合団結頑張ろう」  神奈川シニア連合第27回総会開催されました

2018-11-22 12:31:40 | 日記
【「生まれ、学び、働き、家族を守り、老いていく」こうした人生のステージを安心して送れる社会をつくろう】
をメインスローガンに据えた神奈川シニア連合(会員31,377名)第27回定期総会は11月21日(火)13時0分から横浜市の「ワークピア横浜」で代議員、傍聴者、役員、来賓等132名が出席し開催されました。総会は2部構成で開催され2部は新田尊士顧問(横須賀市北下浦地区ボランティアセンター所長)の講演「健康寿命を延ばしましょう」と実技を体験しました。

 総会は高橋副会長(自動車総連)の司会で始まり、冒頭に年度内に逝去された歴代の神奈川シニア連合会長であった辰巳昇さん、福田利久さんに黙祷を捧げ、議長団に浅倉(電力総連)三橋(神教協)の両代議員を選出し進行が行われました。


会長挨拶として永井会長(自治労)から「別記」の挨拶がありました。


引き続き連合神奈川柏木会長から
「①日頃連合運動に対し協力への謝意②11月9日開催の連合神奈川大会では、再来年の30周年に向けて発信力の強化・労働運動の社会的価値を高める・情報インフラや役員教育を確認した③来年の統一地方選・参院選は先ずは組織内候補の必勝に頑張る。更に推薦候補が他に取られないようする」等の挨拶を受けました。
 来賓挨拶では日本退職者連合・人見会長、神奈川県・安井労政福祉課副課長、横浜市・山本雇用労働課長、国民民主党神奈川県連・雨笠幹事長、全労災神奈川県本部・元重本部長から挨拶を受け、神奈川県労福協・天野事務局次長、中央労働金庫神奈川県本部・高橋都県統括部長、エル・ビー・エー山本代表取締役、神奈川県生協連・丸山専務理事、いこいの村あしがら・石田支配人ワークピア横浜・佐藤様、牧山ひろえ参議院議員秘書・平林様を紹介し、最後に議長から立憲民主党神奈川県連、社民党神奈川県連、川崎市長、相模原市長のメッセージが紹介されました。
 議事に入り、経過報告、会計報告を池田事務局長(電力総連)、監査報告を角掛監査(JAM)が報告し承認されました。
 引き続き、第1号議案「活動方針(案)」を鈴木副会長(自動車総連)第2号議案「予算(案)」を池田事務局長から提案され、1産別から政策制度要求に積極的に取り組を求める意見があり、確認し採択されました。第3号議案「役員の改選について(案)」(別記)は鯉沼役員選考委員長(運輸労連)が提案し承認されました。更に浅倉総会議長より「スローガン(案)」、加納副会長(UAゼンセン)より「総会宣言(案)」が提案され満場一致で採択されました。
その後、退任される永年役員に感謝状贈呈、新旧役員挨拶があり、臼井副会長(神教協)の閉会挨拶、最後に永井会長の「これ以上社会保障を劣化させないようシニア連合団結頑張ろう」の音頭により参加全員で「団結頑張ろう」を三唱し15時35分に第1部の第27回定期総会は恙なく終了しました。

活動方針・総会宣言・スローガンはここをクリックください。(PDF有り

「別記」
永井会長挨拶
幹事会を代表して、皆様にご挨拶申し上げます。
先ず、日本退職者連合の人見会長、連合神奈川の柏木会長をはじめ、ご多忙の中、多くの来賓の皆様にご臨席を賜り厚く御礼申し上げます。
 また、ご出席の代議員の皆様におかれては、産別の取り組みでお忙しい中、また、行楽シーズンの真っ盛りの中、本総会にご出席いただき、大変ご苦労様です。
 11月に入っても大変暖かい日が続き、異常気象が未だ継続していると思っていましたが、ようやく晩秋らしい天候となってきました。日本大通りや海岸通りのイチョウ並木も台風15号の影響で半ばあきらめていました紅葉もご覧の通り黄色に染まり、一年で一番美しい風景となっています。
 さて、昨日、財務省の財政制度等審議会が来年度予算編成に向けた建議が、麻生財務大臣に提出されましたが、建議は、来年10月の消費税の増税の確実な実施を求める一方、非効率的な増税対策による歳出拡大に警鐘を鳴らしていると、今日の新聞は伝えています。
 建議はこの中で、平成の財政運営を、受益の拡大と負担の軽減・先送りを求めるフリーライダー(ただ乗り)の圧力にさらされ、こうした歪んだ圧力に抗いきれなかった時代と位置づけ、2025年度までに国と地方の基礎的財政収支を黒字化する政府の目標を背水の陣で達成するよう求めているようです。
 歳出の3分の1を占める社会保障費については、将来世代に負担を先送り状況と指摘しつつ、薬剤の自己負担の引き上げや後期高齢者の窓口負担の引き上げを求めていると伝えています。後期高齢者の窓口負担の引き上げとは,現在1割となっている医療保険の受診料の2割負担であり、介護保険のサービス料の2割負担であります。
 そもそも、財政制度等審議会の実態とは、政府の方針をそのまま補強する性格のものであるにしても、この建議はひどすぎます。法人税の減税や非正規労働者の増大に何も触れることなく、年金生活者のみ負担を強いる建議は、到底受け入れることはできません。
 今回の定期総会は、神奈川シニア連合が新しく生まれ変わって出発する総会であります。昨年総会において規約改正を行った関係で、役員任期を1年延長しましたので、今年が役員改選の総会となります。後で皆様にお諮りいたしますが、どうか役員の改選については、ご賛同をお願いするとともに、今まで長きに亘って役員に邁進いただきました退任の役員の労苦に惜しみない拍手を頂くとともに、新役員一同に対しましても、今まで同様のご支援を頂くようお願いいたしまして、私からのご挨拶とさせていただきます。

別記


尚、同日開催された第1回幹事会で互選により常任幹事に笹谷靖博(全駐労)田戸幸男(JP労組)小黒敏行(国公総連)の各氏が選出されました。
コメント