神奈川工科大学/災害支援関連ブログ

2011年4月開始の「東日本大震災被災者支援ブログ」を名称変更し、さらに広い支援活動に関する実践、教育、研究を掲載します

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

"人力発電バイクシステム"の利用協力、よろしくお願いします

2018-04-24 10:14:40 | 研究・啓発
 当大学のアリーナ2階のトレーニングルームに、人力発電バイクが置かれました。当初、不良が出ましたが、現在は稼働しています。
学生が一汗かきに出向いて、トライしています。大勢の方々にご協力をお願いします。いずれ、近隣の方々にも紹介していけたらいいですね。
 実施主体
 ・情報工学科
 ・学生課
 ・先進太陽エネルギー利用技術研究所
 ・地域連携災害ケア研究センター
 
(災害時で悪天候、夜間では太陽電池が、無風時、強風時では風力発電が使用できないときは、人力が最後の非常時電源となる!!とのことで、情報工学科田中研究室で学生が悪戦苦闘して開発した装置が、アリーナに設置されています。みなさんの健康増進にもつながると思います。よろしくお願い致します。)

写真は、学内各所に広報されているチラシです。



支援ブログ管理者
コメント

情報インフラの破壊に対応する無線マルチホップネットワーク

2018-04-13 14:28:11 | 研究・啓発
情報ネットワーク・コミュニケーション学科の研究室では、「無線マルチホップネットワークの効率化・省電力化に関する研究」というのが行われています。東日本大震災や熊本地震をはじめとする大災害時において,情報ネットワークの果たす役割は非常に重くなっています。しかしながら、災害によりインフラが破壊されることでネットワークが使用できなくなることが十分に考えられます。そのような環境で効果を発揮するのがネットワークインフラを必要としない無線マルチホップネットワーク技術です。この研究では,無線マルチホップネットワークにおける情報伝達の信頼性や即時性といった効率の向上や,携帯機器などの限られた電力で稼動させるための省電力化に関する研究です。


支援ブログ管理者

コメント

災害時、避難所での人力発電を!!!

2018-04-09 17:28:38 | 研究・啓発
当大学のアリーナは、地域の自治会の避難所に指定されています。
毎年9月1日前後に行われる防災訓練に、昨年は当大学の災害ケア研究センターの所員も見学参加させていただきました。
アリーナも使い方次第で快適にも不適当にもなるので、現在、その適切な利用などについて検討することにしています。

ところで、そのアリーナに人力で発電する装置、すなわち、災害時で悪天候、夜間では太陽電池が、無風時、強風時では風力発電が使用できないときは、人力が最後の非常時電源となる!!とのことで、情報工学科田中研究室で学生が悪戦苦闘して開発した装置が置かれています(下記のブログをご参照ください)。

神奈川工科大学情報工学科ブログ(2018年3月16日)
http://blog.cs.kanagawa-it.ac.jp/2018/03/blog-post_16.html



支援ブログ管理者
コメント

地域連携災害ケア研究センターって・・・

2018-04-02 17:23:33 | 研究・啓発

神奈川工科大学内に地域連携災害ケア研究センターを設置したのは、
・本学の設立趣旨に基づき、地域連携・地域貢献に力を入れ、従来から厚木市と包括協定を結び、幅広い連携活動を行ってきたので、その一環でもあります。
・近年、熊本地震をはじめさまざまな災害に見舞われている日本、したがって多くの住民が避難先で不自由な生活を余儀なくされ、また、健康にも悪影響を及ぼしている現実に対処しようというものです。

災害時の対策を総合的に研究し、かつ実践的な活動への対応を視野に入れた研究を特徴としており、地元をモデル地区とし、国の施策やガイドライン作成に貢献し、全国展開されることを目指しています。

現在のところ、
・災害ケア研究室
・災害対応システム研究室
・避難所ケア研究室
とテーマごとに分けていますが、協力可能な教職員の力を結集して幅広く活動していきたいと考えています。


支援ブログ管理者


コメント

卒研といえば、震災の翌年、東日本3県を訪問調査した学生がいます

2018-03-29 15:05:25 | 研究・啓発

2017年度に災害時に教員がなすべきことをテーマにしたと書きましたが、震災の翌年、2012年に福島、宮城、岩手の障害者支援施設、特に記憶や判断に障害が起きる高次脳機能障害の方々を支える家族・支援者の団体を訪ねて、当時の対応についてグループインタビューを試みた学生がいました。彼は、熱心にお話を聞き、富山の全国大会にも参加していました。

高次脳機能障害のある方よりも、その周りの方々のほうが動揺し、情報を共有・把握することに手間取ったりします。もちろん、当事者はその状況の理解がうまくできなかったり、周囲への不適切な行動をしてしまうこともあります。いずれにしても、家族、支援者の負担を軽減する方策の重要性が示唆されました。

震災時の防災用品の開発や避難所での生活などについても毎年なんらかの関連テーマを研究する学生がいることは頼もしいことだと感じています。


支援ブログ管理者
コメント