goo

KATO 165系急行「アルプス」を整備する前に昔の時刻表を眺めてみる

こんばんは

一度はスタバで「ふらぺちーの」なるものを
頼んでみたいと思うKボーイです

でも、あのカロリー表を見てしまうと…

さて、ついに8月も後半です
新製品の購入も落ち着いたというか
KATOが件の大ポカで軒並み生産スケジュールが
軒並み繰り下がったお陰でありがたや、ありがたや

今のうちに
購入してから放置している模型を片づけましょう
今日の整備対象は

2017年1月に買ってから一年半以上の放置の
KATO 165系急行「アルプス」

放置した理由は
真冬の凍える部屋でのシール貼りといった整備が苦痛
そんな感じだろうね

やっぱり模型は購入直後に整備しないとダメよね

買った直後の「ときめき」が減って整備が面倒になるのと
次から次へとNゲージの新製品が発売されるこの時世で
一旦整備を後回しにすると後発製品の整備に追われ
放置した車両を整備する時間が無くなる
それが放置車両が増える理由かと

幸い、今は新製品の発売が遅れて時間があるから整備しましょう

しかし、整備する前に
また余計なことを思いついた

私はあの頃の急行「アルプス」を知らない

「あの頃」とは
急行「アルプス」が昭和50年3月改正で全列車電車化され
翌年11月にビッフェ車の営業が休止になるまでの時期のことで
165系電車による急行「アルプス」の全盛期です

手元に『交通公社の時刻表』1975年6月号があるので
それを眺めながら妄想

手持ちの「こまがね」セットと合わせて考えると
1401M~6401M・4401Mの急行「アルプス1号・こまがね1号」
新宿発信濃森上・天竜峡行が良さそうな感じ

付属品のシールにこの列車番号が収録されている上に
「こまがね」セットに付属するシールにもその運番
(4401M)が収録されています


(編成表)

どのような列車であったかをざっくり説明すると


(時刻表 中央本線のページ)
6時50分に新宿を出て、八王子・大月・塩山・山梨市・石和・
甲府・韮崎・小淵沢・富士見・茅野・上諏訪・下諏訪・岡谷と停車し
辰野に10時12分に到着します

ここで天竜峡行4401M「こまがね1号」と分割後
次は塩尻に停車、松本に10時55分に到着

基本は松本止まりですが、土曜・休日と行楽シーズンは
松本から6401Mとして信濃森上まで延長運転します

松本からは
豊科・有明・信濃大町・簗場・神城・白馬と停車し
終点信濃森上に12時27分に到着します

停車駅は現在の千葉発南小谷行特急「あずさ3号」に近いです
新宿から白馬間に限れば、有明駅停車が穂高駅に変わった程度です

とは言え、所要時間は「あずさ3号」が新宿発7時半で
松本到着10時23分ですから、1時間以上短縮されています

塩嶺トンネルに代表される線路改良と
車両性能向上の賜物ですね

一方で辰野で切り離された「こまがね1号」は


10時15分に辰野を出ると、
伊那松島・伊那市・宮田(臨時停車)・
駒ヶ根・飯島・伊那大島・市田・飯田と停車し
終点の天竜峡に12時06分に到着します

急行なので線形の悪い飯田線でもそれなりに速く
現在、辰野―天竜峡間は普通で約3時間掛かるところを
2時間以下で走ります

ざっくりした説明はここで終了

これだけでも頭の中でイメージが
浮かんでくるのではないでしょうか

さらに言えば、途中でどのような列車と
すれ違うか考えるのも面白いかと

後は整備するだけですが
こんな記事を書く暇があるなら
さっさと整備しろと言われそうですね

「こまがね」の方は「新宿―飯田」行先サボを貼った状態なので
それを一旦全て剥がさないといけません

面倒だけど頑張らないと

以上です

関連記事
KATO 165系 飯田線急行「こまがね」の購入時の記事→コチラ
同じく急行「アルプス」の購入時の記事→コチラ


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

午後のPFは運休でした~8月13日の根岸線貨物

こんばんは

新製品をさっそく予約したKボーイです

さて、今日は月曜日
しかも早朝5時半に起床できた

これは早朝の重連8097レの撮りにいかなければ

そそくさとカメラなどを用意して
忍び足で家を出て山手駅へ向かいました

いや、大変ですよ
音を立てないように家を出るのは

家人に出かけた事を悟らせない高度な技
7時前に帰れば、出かけた事すら気づかないですよ


天気はまあまあ

6時24分発の大船行が時刻通りに発車
これで被りはナシ

今日は何色のPFが来るかな?
こういう時は国鉄色を期待してしまいます

だが、そこは
「ネタモノ×」というマイナス特殊能力を持つ私


八王子行8097列車 EF65 2075+EH200-5 タキ16両

いつもの更新色でした

この後は「サンライズ瀬戸・出雲」でも撮ろうと
珍しく横浜駅に向かいましたが、

1時間ぐらい遅延してたらしく
撮ることができませんでした

あら、残念だわ

ということで一度家に帰り

12時25分ぐらいの4091レの
時間に合わせて桜木町へ

宇都宮行4091列車 EF210-155(新鶴見) タキ16両

所定では吹田機関区所属のEF210が牽引するので
同じ桃とはいえども代走です

お盆のためコンテナ列車が殆ど運休する中
根岸線貨物の為だけに、
関西のカマを使うのは勿体ないからね

その後は関内駅に向かい12時50分過ぎの3090レを撮影

倉賀野発3090列車 EF210-151 タキ17両


八王子行87列車 EH200-5 タキ12両

その後は根岸に向かいました

3090列車の後運用の宇都宮行8571列車は単機

そして、貨物用の側線を見ると

留置中のタンク車が少なくスカスカ

いつもなら貨物3番にいるはずの
川崎貨物行5692レ用のタンク車がいません

この様子からして
午後のPF運用の8584レ→5692レは運休と確信

一応確認のため14時まで待ちましたが
やっぱりPFは現れず運休

やはりお盆だから最小限の運用にしているようです

午後のPFが運休が若干残念でしたが
今日はこれにて撤収しました

以上です

関連記事
この一週間前(8月6日)にも8097列車を撮った話→コチラ


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コミケ94に気軽に参加して雰囲気だけ楽しんできた話

こんばんは

少しは模型をいじりたいKボーイです

さて、今日のお話は

コミックマーケット94にゆるりと参加したお話です

言わずと知れた同人誌の即売会であるコミケ

紳士のとある箇所が熱くなるような本から
商業誌真っ青の内容が書かれている本まで
ありとあらゆる同人誌が並びます

私の場合、紳士の嗜みを買う目的ではなく
後輩がジャンルコード611(鉄道や旅行系)で
出展していることから
差し入れを兼ねて3日目に参加しました

まずは会場の東京ビックサイトに向かいます

目的からして私はライトな参加者ですから
入場規制が解除されるであろう12時過ぎを目安に向かいました

まずは京浜東北線で東京駅へ

(東京駅は帰省ラッシュで大混雑)

八重洲地下街の3番出口前にある臨時バス停から

東京ビックサイトに直行する都営バスの臨時便に乗車


30分ぐらいで欲望渦巻くビックサイトに到着

ぴゃぁ、すごい人

私のお目当ては東2ホール

ここ正門から入ると
会議棟と東展示棟を結ぶ連絡通路を通る必要があります

狭い上に天井の低い通路で
出来れば回避したい連絡通路です


地上から東ホールに直接入れるルートがあるのですが
運悪く入場規制解除前で退場専用
仕方なく正面から入場しました
(3日目の入場規制解除はかなり遅かった模様)

蒸し暑く過酷な環境の連絡通路を通り
なんとか東展示棟に到着


ここからさらに人をかき分けながら
お目当てのサークルに向かいます

ここからは最低限ブロック名さえ覚えておけば
どうにかなるかと

今年の鉄道系のブロックは「S」で
他のサークルを見ながら歩いていると
無事に知り合いのサークルを見つけました

後輩を労いつつ新刊を購入

その後は一旦外に出てコンビニへ向かい
冷えたエナジードリンクを買って再び会場に戻り
事前に用意した瞬間冷却材と一緒に差し入れ

他の同人誌を眺めつつ撤収しました

あまりに屋内が蒸し暑いので
屋外の方がよっぽど快適でした

帰りはりんかい線で帰ろうかなと思いましたが

これは電車に乗るまでが大変

ということで
有明駅からゆりかもめで豊洲に出ました

豊洲からは地下鉄有楽町線で有楽町に出て帰りました

いやあ、コミケはすごい

私なんて殆どお目当てのサークルしか見なかったけど
いろんなサークルを渡り歩く人は体力あると思う
私なんてその余裕がなかった

なお、
どこのサークルのどんな同人誌を買ったのかは
諸事情により控えさせていただきます


以上です


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

今日はネタ有りです~8月11日の根岸線貨物

こんばんは

最近「夕立」という言葉は
聞かなくなったと思うKボーイです

最近は極端だよね

さて、
帰省ラッシュがピークを迎えた今日(8月11日)ですが
帰省の概念が無い私は懲りずに根岸線に出没

コンテナ列車が運休となるお盆の時期でも
根岸線の石油列車は走ります
だってガソリン需要はむしろ増えるからね


今日は12時20分過ぎに通過する4091レに合わせて
桜木町駅に向かった所

中線に横浜線 110周年記念ヘッドマークを付けた
E233系H001編成が停車中でした


明治41年(1908年)に
横浜鉄道として開業してから今年で110周年

そう考えると横浜線も歴史が長いよね

そういえば
10年前の100周年記念の時は


当時の205系のH8編成と


H21編成に103系に取り付けられていた
誤乗防止の大形ヘッドマークを模した
異なるデザインのものがつけられました

あの頃は若かった…

おっと、話が逸れてしまいましたね

ヘッドマーク付きのE233系が出発すると4091レが通過

宇都宮行4091列車 EF210-115(吹田)

特に変わったことはなく、いつも通りでした

そういえば

桜木町駅のホームドアが8月10日から稼働を開始しました
根岸線初のホームドア導入です


その後は関内に移動
12時50分過ぎに3090レが通過

倉賀野発3090列車 EF210-162 タキ13両

機関車は特に珍しいものではなく日常的

付け加えるなら、
閑散期でもタンク車16両程度となるこの列車にしては
タキの両数は少なかったかな

3090レが去っていくと、今度は上り87レが通過

八王子行87列車 EH200-10 タキ14両

こちらはいつも通りです

適当に過ごして13時45分ぐらいに山手へ

まずは上りの宇都宮行8571レが通過

土曜日は単機の時もありますが
今日はしっかりタンク車が連結されていました

そして10分足らずで
根岸線の貴重なPF運用である8584レが通過
タンク車連結を期待したのですが

宇都宮発8584列車 EF65 2139(単機)

残念なことに単機

国鉄色の2139号機だったから良かったけど、
単機でうれしさ半減

このまま根岸駅に行っても
後運用の5692レは前出しなると考えたので
電車に乗って再び関内に向かいました

竜王発80列車 EH200-21

少し遅れ気味だったから、
えらいスピードで通過しました

さらに桜木町に移動して
14時50分頃に8092レが通過

八王子発8092列車 EH200-19

あれ?
このブルサンの19号機
2日前にも、この8092列車で見たよね

そしてその後に5692レが通過


川崎貨物行5692列車 EF65 2139 タキ11両
珍しくハイビームです

ご機嫌になりながら
ある事に気づいた

この2139号機が国鉄色になってから
それなりに時間が経ったけど(約2年)

根岸線内でまともに撮ったのは初めてだった

絶対おかしい…


ちなみに被られた時はあった
記事→コチラ

私の場合、
似たようなカマしか来ないからね

これで撤収しました

以上です

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

8月22日から関内駅の横浜方先端は撮影禁止になりそう

こんばんは

Kボーイです

今日は根岸線関内駅での撮影に関するお知らせです

根岸線の有名撮影地である関内駅ですが


8月22日からホーム拡幅工事に伴い
北行ホームの横浜方先端にある仮囲いを延長し
ホームが一部狭くなります

お知らせの内容から
『仮囲い付近には立ち止まらないように』
とあることから

事実上、横浜方先端部での撮影は禁止になります
(立ち止まらずに撮影なんて無理)

上の画像からわかる通り
仮囲いがある付近は現状でもかなり狭いです

とてもじゃないけど
安全に撮影できるとは到底思えません
それゆえ規制するのは当然かと思われます

無論、仮囲いのない所で撮影する分には問題ありません

参考までに

仮囲いのない所で撮影したサンプルをあげます

関内駅はホームの立ち番もいて、
こっそり撮るのはおススメしません
一発でバレます

8月22日以降に改めて
実際の様子をこのブログにてご報告いたします

以上です

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ