JUNSKY blog 2015

私の時事評論等です
文化関係の記事は、
【観劇レビュー&旅行記】(ブックマークのTOP)
で書いています

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ザルツブルグにモーツァルトを訪ねて-4

2006-08-31 20:54:00 | 旅行記
   写真はクルーズ船からの風景(午後9時頃)

【ヘルシンキ(フィンランド)でのディナー・クルーズの続きです。】

クルーズ船に、乗船するのに、お金はいらない。
と、言っても無料ではもちろん、ない。
乗船後、ディナーを注文し、船内で支払うようだ。

一人だが、と言うと別にいやな顔もせず、4人席に案内してくれた。
混み合ってはいない。

さっそく、ビールを注文。
そしてメニューから、日頃日本で食べられそうも無い「鴨のステーキ」とやらをオーダーした。
ビールとオードブルが来た。 
時計を見ると午後7時15分だ。 まだ、日中のような明るさ。
そう、ここは北欧、そして夏の盛りである。 白夜とまではいかないが結構日は長い。
このオードブル、結構量が多い。メインディッシュと間違えるほど。

(オードブルの写真です)

要所・要所でフィンランド語(もちろん、さっぱりわからない)と英語(これもあまり明瞭には聴き取れなかった)で説明があるが、充分解るという訳ではない。船外の風景には、予想したほおの大きな変化はない。

次に、メインディッシュが来た。ワインを頼む。
味も良く、相当食べ応えがあった。分量も相変わらず多い。
7時45分だが、まだ明るい。

(メインディッシュの写真です
 右上隅は船外の明るさを示す)

一息ついた頃、デザートが来た。8時15分。
特大のチーズケーキ(日本の喫茶店の4倍位はありそう)だ。 これは重かった。
コーヒーを注文して、結局全部たべちゃった。太るぞ!

(デザートの写真です)

クルーズ海域の水質はクリアとは言いがたい。緑褐色で濁っている。魚も見えなかった。
島々は、波打ち際ぎりぎりまで、針葉樹で覆われている。
その一画を切り拓いてヨットを係留した別荘のようなものが、まばらに在る。

北欧の夕暮れは暮れそうでなかなか暮れない。9時過ぎてようやく夕方の景色になってきたが、そのまま日没とはならず、時間が過ぎる。長袖でもちょっと寒くなってきた。

船が帰途に着き始めてから、ボーイさんが清算書を持参。乗船料14ユーロを含め、53.5ユーロ(E)。

1ユーロ150円として8千円ほどであるから、手ごろな価格設定と思う。
(メイン:E28、ビール:E5、ワイン&コーヒー:E6.5)
チップを5ユーロ置いた。

9時半下船。
市内循環トラムで1周。
午後10時半、駅前に到着。明朝の空港行きリムジンバスの時刻を確認。
5:00,5:30,5:50,6:10
5:30乗車を目標にする。

************************************************
ザルツブルグにモーツァルトを訪ねて-4
この連載を1回目から読む

第3回へ    第5回へ

コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 「私たち、日本国憲法の味方... | トップ | 藤里町の連続児童殺人事件 ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

旅行記」カテゴリの最新記事

トラックバック

210b42e837175ee52fda (210b42e837175ee52fdafd7c746490aa)
210b42e837175ee52fdafd7c746490aa210b42e83717