時間を生み出すブログ はりの助

作業手順を重視した操作性と数々の独自機能により無駄な操作を削減し、時間を生み出す「レイアウトワープロ はりの助」を紹介

数値と範囲のズレが問題(教科ごとの順位表示)

2015年08月08日 | エクセルとの連携
【「台風接近のため本日のイベントは中止」の貼り紙は 「はりの助」】

【教科ごとの順位を表示する】[2015/08/06]からの続きです。

=RANK(C4,$C$4:$C$8)
この数式を残りのセルにコピーした結果です。
国語以外の順位は見事にエラーになりました。



絶対参照が理解できてきた人は、次のような結果を予想したのではないでしょうか。



絶対参照で範囲($C$4:$C$8)を設定しているので、右方向へコピーしても範囲は変わらない。
だから、順位は国語の順位と同じになる。

「範囲が変わらない」までは正解です。
問題は引数1の数値の指定です。
引数1が相対参照になっているので、この部分が変化します。

J4セルで確認しましょう。



数式は次のようになっています。
  =RANK(E4,$C$4:$C$8)
上図の緑のセルは引数1で参照している数値のセルで、ピンクの部分が引数2で参照している範囲です。

引数1で参照しているE4セルの値は 65 ですが、この値は国語の得点の中にはありません。
だからエラーになっているのです。
試しに、E4セルの値を国語の得点(34,25,57,63,13)のどれかに変更して下さい。
J4セルのエラーは解消されました。
ただし、求める結果ではありません。

それでは正しい数式を考えて下さい。
引数1は相対参照のままにしておかないといけません。

上図のサンプルファイルをダウンロードできますサンプルファイルについて
「sample_150808.xlsx」をダウンロード

「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ

この記事が参考になったら、右下の「いいね!」を押してください。

   <前へ>   <目次へ>   <次へ>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 対象の範囲を絶対参照にする... | トップ | 参照元と参照先のセルの関係... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エクセルとの連携」カテゴリの最新記事