時間を生み出すブログ はりの助

作業手順を重視した操作性と数々の独自機能により無駄な操作を削減し、時間を生み出す「レイアウトワープロ はりの助」を紹介

対象の範囲を絶対参照にすると(教科ごとの順位表示)

2015年08月07日 | エクセルとの連携
【「録音・撮影禁止」の貼り紙は 「はりの助」】

【教科ごとの順位を表示する】[2015/08/06]からの続きです。

まずH4セルの数式を考えます。
関数はRANK関数を使います。
(RANK.AVG と RANK.EQ という関数もあります)
  =RANK(引数1,引数2,[引数3])
引数1には順位を求める数値を、引数2には範囲を指定します。
引数3は降順(最も大きい数値が1)か昇順かを指定しますが、省略可能です。
省略すると降順になります。

この引数2(範囲)を相対参照で指定してコピーすると失敗するのは、【順位付けでの相対参照の失敗例】[2015/03/10]で説明しています。

それで引数2は絶対参照にしました。
  =RANK(C4,$C$4:$C$8)
これをH5~H8セルにコピーしたのが次の図です。
国語(H列)の順位が正しく表示されています。



この数式(H4セル)をI4~L8セルにコピーするとどうなるでしょうか。
今回求めたい結果にはならないのですが、予想とは違うかもしれません。
その理由も考えて下さい。

上図のサンプルファイルをダウンロードできますサンプルファイルについて
「sample_150807.xlsx」をダウンロード

「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ

   <前へ>   <目次へ>   
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 教科ごとの順位を表示する | トップ | 数値と範囲のズレが問題(教... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エクセルとの連携」カテゴリの最新記事