時間を生み出すブログ はりの助

作業手順を重視した操作性と数々の独自機能により無駄な操作を削減し、時間を生み出す「レイアウトワープロ はりの助」を紹介

エクセルでの数字と数値の違い

2015年02月18日 | エクセルとの連携
【ラベルテープで名札作成 「はりの助」】

エクセルのセルに入力できるデータには「文字」と「数値」があります。
この「文字」と「数値」を混同すると計算結果が違ってきます。
誤って混同するのは「数字」です。「数字」と「数値」は見た目だけでは区別がつかないことがあるからです。
今回は「数字」と「数値」の区別を確認しましょう。

次図の2つのセルはどちらも「1」を表示しています。
A1セルは「1」を文字として入力しています。
A2セルは数値として「1」を入力しています。
何も書式を設定していなければ文字は左寄せ、数値は右寄せになるので見た目を同じにするようにA1セルは右寄せにしています。


文字と数値の違いは計算ができるかどうかです。
この2つのセルの合計を求めます。
A4セルにSUM関数を入力します。
  =SUM(A1:A2)

1+1=2 となりそうですが、結果は1と表示されています。
A1セルは文字なので計算の対象にならないからです。

計算以外にも見分ける方法があります。
A1セルを選択してセルの内容を表示している部分(図中の赤い枠で囲んでいる部分)を見てください。
  '1
と、先頭に「’」が付いています。


ただし、「セルの書式設定」で「文字列」に設定した場合は「’」はつきません。
また関数で文字に変換している場合は、関数を調べないと分かりません。

数字を文字として入力したいときは先頭に「’」を入力(Shift + F7)してから数字を入力するか、「セルの書式設定」で「文字列」に設定してから入力します。

「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ

          <前へ>  <次へ>
『ソフトウェア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 参照でデータを加工する | トップ | エクセルで素早く合計を求め... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エクセルとの連携」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事