時間を生み出すブログ はりの助

作業手順を重視した操作性と数々の独自機能により無駄な操作を削減し、時間を生み出す「レイアウトワープロ はりの助」を紹介

数字を入力したら「○月」と表示されるようにする

2015年04月09日 | エクセルとの連携
【プライスカードも 「はりの助」】

前々回に2つのセルを使って「4月」と見えるようにセルの並びを入れ替えました。
そんな面倒なことをせずに、単純に「4月」と入力したら簡単です。それではダメでしょうか。

「4月」と入力するとそのセルの値は文字として扱われます。
そうすると計算ができなくなるので「1」を加えて翌月にする方法が使えません。
単に「4」を入力すると数値になるので計算ができます。
その状態で「4月」と表示する方法があります。

「数字を入力したのに文字が表示される」 [2015/03/26]で説明した「セルの書式設定」を使います。
何も設定されていないセルを例に説明します。

「4」と入力して「セルの書式設定」を開きます。
「表示形式」のタブの「分類」の欄が「標準」になっているのを「ユーザー定義」に変更します。


そうすると「種類」の欄が
  G/標準
に変わります。
この「G/標準」(赤線で囲んだ部分)の後ろに「月」を入力します。
  G/標準
これで「OK」を押すと「4月」と表示されます。
表示は「4月」でも実際は数値なので、計算の対象になります。

この方法を使うと、「○円」や「○個」のように単位を付けたり
「第○回 エクセル活用大会」のような表示もできます。

また数字は通常では右寄せになっているので、右側の罫線や文字に近すぎて見にくいということがあります。
そのような場合に、先ほどの文字の代わりに空白を入力して調整することもできます。

「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ

この記事が参考になったら、右下の「いいね!」を押してください。

   <前へ>   <目次へ>   <次へ>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 空白セルを貼り付けてセルを... | トップ | 書式だけのコピー・貼り付け... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エクセルとの連携」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事