時間を生み出すブログ はりの助

作業手順を重視した操作性と数々の独自機能により無駄な操作を削減し、時間を生み出す「レイアウトワープロ はりの助」を紹介

書式だけのコピー・貼り付けで不要な文字を削除する

2015年04月10日 | エクセルとの連携
【チラシ作成も 「はりの助」】

前回は「4」と入力したセルを「4月」と表示されるようにしました。
次図がその状態で、サンプルファイルの「課題」シートです。
※連続した記事のサンプルは、記事の日付のシートを追加していくと紹介していましたが、記事ごとにファイルを作ることにしました。
シートが複数ある場合はできるだけ名前を付けるようにします。


この「4月」の書式を残りの月にも設定します。
残りのセルへの書式設定はいくつかの方法がありますが、今回は通常のコピーではなく書式だけをコピーする方法を使います。
その過程でいくつかのテクニックを紹介します。

最初の方法はB2セルの「月」は不要なので削除します。
B2セルを選択してデリートキー(Delete)を押すのが手軽ですね。
E2セルからAI2セルまで11あります。
片方の手でセルを選択して、もう片方の手でデリートキーを押してもいいし、コントロールキーを押したまま対象のセルをクリックして、全部選択してからまとめて削除することもできます。

もっと楽をするなら削除せずに見えなくすることもできます。
まずB2セルを選択して、文字の色を背景と同じ白にします。
これでB2セルの見かけは空白になります。

他にも方法があります。
A1セルとB1セルを選択して「セルを結合して中央揃え」にします。
こうすると右側のセルの値は削除されます。
中央にしたくない場合も一度今の設定をして、それから左寄せにします。右側のセルを削除するためです。

どの方法を使っても余計な「月」は見えなくなります。
今度はA2~C2の3つのセルを選択してコピーします。
D2からAJ2までを選択します。

かならずコピーしたセルの数の倍数を選択します。
今の場合は3の倍数で33です。
この選択している範囲内で右ボタンをクリックします。
メニューの「形式を選択して貼り付け」かで「書式設定」を選ぶか、「貼り付けのオプション」で「書式設定」を指定します。


これで全てのセルに「○月」の書式を設定して不要な「月」が見えなくなりました。


同じ作業は何度も繰り返さずに、まとめて一度にできる方法を考えれば作業の軽減につながります。

上図のサンプルファイルをダウンロードできますサンプルファイルについて

「sample_150410.xlsx」をダウンロード

「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ

この記事が参考になったら、右下の「いいね!」を押してください。

   <前へ>   <目次へ>   
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 数字を入力したら「○月」と表... | トップ | 細かく修正するよりも、基本... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エクセルとの連携」カテゴリの最新記事