東京下町音楽スタジオのロックおばちゃんの日常&娘はドラマー♪

東京下町スカイツリーの近所で音楽スタジオを経営しています。
いろいろぶつくさ語りたいと思います。

★祝!「ボヘミアンラプソディ」ゴールデングローブ賞受賞★

2019年01月10日 | 映画
     


















やりました~~~

ゴールデングローブ賞 作品賞(ドラマ部門)に

映画「ボヘミアン・ラプソディ」受賞です


そして

主演男優賞(ドラマ部門)も

ラミ・マレックが受賞です~~~~



Congratulations!!



取って欲しいなあって思ってたから嬉しいなあ


ますます映画が盛り上がりそうですね。


アカデミー賞もこの勢いで取ったらいいなあ。


授賞式の動画をいろいろ見たんですが


なんといっても、ラミさんの受賞スピーチが素晴らしく感動


特に最後のフレディの名前が出たときにウルウルきちゃった~


動画見た後でスピーチの訳文が音楽サイトに載っていました。


詳しくわからなくても感動したのに、ちゃんとした訳読んでまた感動。。



ラミさんのスピーチの訳文(コピー)


ああ、とても感動しています。心臓が今にも胸の中から飛び出そうです。

数多くの素晴らしい俳優の中に加えて頂き、

皆さんと同じ場所にいることができるなんて本当に光栄です。

このような機会を与えて頂いたハリウッド外国人映画記者協会に感謝します。

この映画を完成させるために一生懸命努力してくれたすべての人にも感謝しなければなりません。

素晴らしいファミリーのような俳優のみんな。

今、どこかで祝ってくれている君たちにタックルして、そしてみんなをやっつけちゃうよ。

10年以上もこの物語を実現するように働き続けてくれたグレアム・キングとデニス・オサリヴァンにも感謝を申し上げます。

我々を信じてくれた20世紀FOXとニュー・リージェンシー・プロダクションズにも感謝を申し上げます。

私の母と家族、シンシア・ペット、アナベル・グラッチ、ベン・カーティス、マリッサ・マーティン、そしてミシェル・マーゴリスに。

そして、もちろんクイーンにも。

ブライアン・メイとロジャー・テイラーに。

お二人は音楽や世界観全体を確実なものとしてくれました。

そして私たち全員、フレディ・マーキュリーに感謝します。

あなたは私の人生に喜びを与えてくれました。

愛しています、美しいあなたを。この受賞はゴージャスなあなたがいてくれたからです。



動画はこちらで~す↓




押して↓くれたあなたにありがとう♪
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへにほんブログ村
コメント

★映画「ボヘミアンラプソディ」観てきました(号涙)★

2018年11月20日 | 映画
 
















昨日、映画「ボヘミアンラプソディ」を観て来ました♪

QUEEN初来日ライブに参戦したMIYUKIさんと一緒に観ました。

(MIYUKIさんはなんとこの映画観るの2回目!)



予想通り・・

ラスト30分くらいは号泣

分厚いタオルハンカチ持ってって正解でした


メンバー全員似ててビックリ

特徴も良く捉えていましたね~。

フレディになりきるのに一年かかったなんて記事を読んだけど

ほんとなりきってました!拍手

映画のタイトルのボヘミアンラプソディのレコーディグの場面が面白かったなあ。

ロジャー君可愛かった♪


映画が始まったとたん昔のQUEENの思い出が甦りすでにウルウルしてました。

これから観られる方もいると思いますので、あまり話しにはふれませんが

圧巻だったのはやはりライブシーン

特にライブエイドのライブは、フレディが憑依したかのようで鳥肌立ちまくり~

そして

涙が止まらなくなり

まともに画面が観れないくらいでした

映画観てこんなに泣いたの何年ぶりだろう。。

2回目のMIYUKIさんも泣いていました。

(このライブシーンが夢に出てきてビックリ)


やはり


私もMIYUKIさんもQUEENは青春時代の思い入れのあるバンドのひとつなので

いろいろね~思い出しちゃうんですねきっと

フレディが亡くなっているので余計に涙してしまいました。。


観てない方は是非!おすすめします!


涙ふきふき映画後は


もちろんQUEENにかんぱ~~~~~い




映画の感想&QUEENの思い出話に花が咲きました♪

MIYUKIさんから嬉しいお土産も!それがコレ↓



いきなりステーキとのコラボエプロンだ~~なんてレアな~~~

映画の浸透度凄いですよね!QUEENの再ブレークなんて言われてるしね~

同じ70年代ROCK少女だったMIYUKIさんとこの映画を観れて嬉しかったです!

MIYUKIさん遠いところまでありがとうございました!


最後に。。


私はQUEENは2回目の来日から、フレディ在籍のラストライブまでほとんど参戦していますが

そのラストライブのチケットです↓



1985年5月。この約2カ月後にライブエイドが開催されました。

最高の演技を見せてくれた役者さん達に拍手!

偉大なバンドQUEENに拍手!


そして


偉大なヴォーカリスト&私の青春フレディに拍手!!!






押して↓くれたあなたにありがとう♪
にほんブログ村



 
コメント (2)

★QUEENの映画「ボヘミアン・ラプソディ」が日本で11月に公開決定!★

2018年05月30日 | 映画
            

















前回に続いて映画の話!

QUEENの映画「ボヘミアン・ラプソディ」が

11月に日本でも上映される事が決定いたしました



名曲「ボヘミアン・ラプソディ」が生まれるまでや

おもにフレディをメインに描くみたいです。

QUEENのメンバーは全員はそっくりさんの俳優達ってのも面白い。

映画で流れる歌声演奏は本物のを使ってます。

そうだよねえ~フレディの声は誰にも真似できない驚異的な歌声だもんねえ。


映画のフレディとブライアンがコチラ↓雰囲気出てる!




でも・・この↓フレディはちょっと微妙な感じ・・ははは。




そしてロジャーとジョンがコチラ↓こっちのが似てるかな~?




私としては、フレディはThe Strutsのルーク君がよかったな~

記憶に新しい私の撮ったルーク君





ルーク君はフレディを演じるにはまだ若いかもね


11月に公開なんてフレディの命日月じゃないの~

絶対観に行きたいと思います!


でも


こんなの観たら、また、遠い青春時代を思い出してしみじみとするんだろうなあ


亡くなったフレディの事を想い哀しくなるんだろうなあ


予告動画観ただけでちょっとウルッときたもんね


その予告動画です↓楽しみ♪




押して↓くれたあなたにありがとう♪
にほんブログ村 音楽ブログ ロックへにほんブログ村

コメント (2)

★映画「ピーターラビット」観た&ミイ坊が初病院!★

2018年05月29日 | 映画
            














先週、娘と、映画「ピーターラビット」を観てきました

うさぎ飼い主のジャ二子親子としては、この映画は絶対観に行こう!と決めておりました。

今回、初めてムビチケっていうチケットを購入しました。

これ↓がかわいい~




前売り特典でスマホ飾り?がついてきました。ちょっとビミョー




映画「ピーターラビット」の出てくるウサギ達はとにかく逞しかったです!

あの有名な「ピーターラビット」の世界とはちょっと違います。

ほとんど笑って観てたけど、ラストの方でホロリとする所も

うちのミイ坊もあんな風に喋ってくれたらいいのになあと思いましたわ


ミイ坊と言えば。。。

先月ついについに。。


初病院へ~~~~~


なんとなく調子悪そうだったので連れて行くことになったんです。

娘とダンナが車で連れてってくれました。

車に乗るのも初めてのミイ坊はキョロキョロしてたみたい。

そして、病院では意外ににも暴れることはなくすんなり受診させたみたい。

(あまりにもびっくりして固まってただけのようだけど)

10歳のわりには、目も歯も大丈夫で、栄養注射一本打ったらたちまち元気に~~!!

10年目にして初めての病院に、待ってた私もドキドキでしたが、ホッとしました。

会うたび「ミイ坊君を健康診断連れてってね」って言ってたMIYUKIさんに即メール致しました


あ。この前MIYUKIさんにいただいたウサギお菓子が凄い可愛かったからついでに載せちゃう~




マシュマロですよ~♪

あらら~ROCKブログが今日はウサギブログみたいになってしまっている


でもね。皆様。ウサギってほんとうに可愛い奴ですよっ!



帰って、「映画どうだった~?」と言ってるようなミイ坊でした。




久しぶりの映画鑑賞も楽しかったです。& 癒されました。。


映画「ピーターラビット」の予告動画を貼っておきま~す。




押して↓くれたあなたにありがとう♪
にほんブログ村
コメント

★ジャニスの映画「little girl blue」を観てきた♪★

2016年10月02日 | 映画
           

















昨日は娘と、ジャニスのドキュメンタリー映画「リトル・ガール・ブルー」を観て来ました

初めて行く渋谷の映画館。小さな小さな映画館でした。


この映画の監督はジャニスが亡くなった年に生まれたそうです。

チラシの宣伝の文章に・・

今も人々を魅了してやまない伝説に包まれた生涯。

ひそかに書き綴られていた手紙が開封され

今、等身大の「ロックの女王」が私達の前に現れる。



この文章の通り、今まで知らなかった彼女の心の中が

すべてとはいかないものの

この映画を通して知る事になりました。



ジャニスの生い立ちから、音楽で成功し、27歳で亡くなるまで

彼女の人生に関わった人達へのインタビュー

両親や恋人に宛てた手紙の公開

レコーディング、ライブ、テレビ出演、プライベートの様子・・

彼女の歌声をはさみながら進んで行きます。


私の場合、ジャニス以上の女性ロックシンガーはいないと思ってるので、

その気持ちのまま観ましたが

娘はどうゆう気持ちでこの映画を観たのか興味ありました

映画終盤は、私は涙涙でしたが

なんと!娘も泣くのを必死にこらえていたとか!!


共感するところがあったし、なによりあらためて、ジャニスの歌声に圧倒されたとの事。


そして

親子ふたりの共通の感想として・・


ジャニスが亡くなる直前まで抱えていた「孤独」との戦いが哀しかった


とても観ごたえのある、ジャニスの心の中の痛さが伝わってくる映画でした


また娘も圧倒されたライブの様子は


鳥肌立ちまくりでありました


映画に感動しまくって思わずいつも買わないパンフレット&ポスター買っちゃった♪


ポスターはトップの写真のチラシを大きくしたポスターです。

パンフレットはコチラ↓表









ピンクにジャニスの顔がいっぱいで素敵なパンフレットです


感動覚めやらずの私達は、

ジャニスの事を話ながら、原宿までブラブラ歩いて帰りました。



そしてあさって・・



10月4日はジャニスの命日です






押してくれたROCKなあなたにありがとう♪


にほんブログ村
コメント