謎追い人 応援感謝ブログ-本物の愛情ってヤツ-

ハンドルネーム謎追い人の1つ目のブログです◇過去のスレッドの移植も多いブログ◇
2008年6月1日より作成開始

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

聖書の神・・・キサマには 最初から愛などない!

2008年07月31日 22時27分00秒 | 本当の神とは己の心に宿るもの!謎追い人
たとえば・・・・ 自動車会社が 最高級自動車を買った人に対して それは 欠陥品であったと・・・・ 認めたとしよう! そして その欠陥品を 修理して完全にするには 自動車会社の社長の息子を 殺さなければならない! 自動車の修理には 息子の命が必要なのだぁぁぁあーーー!(涙) ↑ 牧師とか ものみの塔聖書冊子協会とか エホバの証人の言ってるのは そういうコトなんですけど???? それで 完全な自動車が ほしいために 社長の息子を殺すのが 聖書を信じるヤツの理論である! . . . 本文を読む
コメント (1)

聖書というもの・・・既に犯罪であると認識してください

2008年07月25日 22時42分00秒 | 本当の神とは己の心に宿るもの!謎追い人
何故聖書というものを 【聖なる書物】などと 言い続けるのか・・・ いい加減 目を覚ませ! 全世界!宗教というものの邪悪さを もっと認識せよ!-謎追い人- . . . 本文を読む
コメント (1)

エホバの証人よ 誠実な心を とり戻せ! その3

2008年07月23日 21時24分30秒 | 本当の神とは己の心に宿るもの!謎追い人
本物の愛情とは・・・・どうか自問自答してみてください! なぜ あなた方は 日本人でありながら 最高の道徳心を捨てたのですか? 何故 あなた方は 日本人でありがなら 本物とニセモノの愛情の違いに気付けないのですか? . . . 本文を読む
コメント (8)

全世界に告ぐ!聖書というレベルの低い書物は廃棄せよ!

2008年07月15日 22時17分55秒 | 本当の神とは己の心に宿るもの!謎追い人
だいたい・・・なんで あんなに分厚いの(笑) 文章長いのは バカの証拠だぜ!!! 真剣に考慮願います!  . . . 本文を読む
コメント (1)

エホバの証人よ 誠実な心をとりもどせ!  その2

2008年07月14日 19時44分00秒 | 本当の神とは己の心に宿るもの!謎追い人
エホバの証人よ・・・・ 誠実な心を とり戻せ!!!! ものみの塔聖書冊子協会が かたり続ける【信仰】は心ではなくペーパーテストで100点の知識です! . . . 本文を読む
コメント (1)

本当の神とは己の心に宿るもの! - 謎追い人 -

2008年07月03日 23時06分05秒 | 本当の神とは己の心に宿るもの!謎追い人
語ってます(マジで) . . . 本文を読む

パウロこそイエスの心配したニセ預言者です! - 謎追い人

2008年07月02日 21時32分34秒 | 本当の神とは己の心に宿るもの!謎追い人
ニセ預言者の定義・・・・・考えてみようぜ! キリスト教とは パウロ教である! ※徐々に更新していきます・・・・・・  -謎追い人- . . . 本文を読む

エホバの証人よ 誠実な心をとり戻せ!

2008年07月02日 21時01分58秒 | 本当の神とは己の心に宿るもの!謎追い人
日本に限らず 全世界に 散らばる エホバの証人に告ぐ!-謎追い人- . . . 本文を読む
コメント (1)

神とか 神の名前を語る者 には厳重に警戒してください!

2008年06月18日 21時52分02秒 | 本当の神とは己の心に宿るもの!謎追い人
◆神とか 神の名前を語る者 には厳重に警戒してください! 真剣に考慮願いたい!! 『よくある』 アダムとエヴァが りんごを食べたという記述であるが・・・・ →聖書の神こそ 『最悪の忠告ストーカー』である!! なぜなら・・・・ 聖書の神・・・どれほど悪魔的か!   謎追い人 が力説する! エホバ神(聖書の神の名前)は 最初から『命の木の実』という しらじらしい ものを 目立つ場所に立て . . . 本文を読む

本当の神とは己の心に宿るもの! - 謎追い人 スレッド!-

2008年06月15日 17時45分47秒 | 本当の神とは己の心に宿るもの!謎追い人
◆神とか 神の名前を語る者 には厳重に警戒してください! 真剣に考慮願いたい!! こちらのスレッドで 聖書や教義についての 解説などをやっていきたいと・・・ そのように 考えております! 本物の愛情というもの。。。 聖書の神の語る愛ってヤツが 【どれほど壊れているか】を 理解させていく スレッドでありたいと・・・・ そう願って立ち上げたスレッドである! . . . 本文を読む
コメント (4)