謎追い人 応援感謝ブログ-本物の愛情ってヤツ-

ハンドルネーム謎追い人の1つ目のブログです◇過去のスレッドの移植も多いブログ◇
2008年6月1日より作成開始

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

続×30.アニメ・マンガおすすめ原作設定資料集! -謎追い人- ver.11

2013年01月27日 05時00分17秒 | ◆謎追い人の感想文
おはようございます!謎追い人です^^

26日の夕方から雪が降ったので…17時くらいからねっとかふぇ♪に…
入ろうと思って行ったら…むちゃくちゃ混んでいて駐車場に停められませんでしたっ(泣)
…ですから…そのまま運転して…仕方なく…
サイゼリヤに入って時間をつぶそうと思って…何度か行ったんだけど…
むちゃくちゃ混んでいて無理っ(泣)
…ということで…ガストへ行ったり…ウロウロした結果…
佐久市に帰ってガストに入ってなんか食べようとか思ったんだけど…
小諸のガストも混んでいて停められないっ(汗)
…結局…
小諸のマクドナルドで買って運転しながら食って(笑)
再び上田市に戻ったのは…
佐久市よりも上田市のほうが暖かいからですっ(爆笑)
そう…佐久市と上田市の標高差もかなりあるが…
温度差として上田市のほうが5度くらい高かったりするっ(力説!)
俺は…車中泊ですので(←笑)
たった5度の温度差とはいえ…
上田市が2度でも佐久市は-3度は かなり寒い事実っ!

…という俺の個人的な活動内容であるが…

さて…前回の記事で書いているように↓↓↓
NARUTO-ナルト-63巻 「夢の世界」の感想文(謎)
でも かなり俺の感想を書いているが…
「戦闘シーンの矛盾!」について…
たぶん…書いている最中に眠らされちまうと思うけど(爆笑)
それでも…時間の許す限り書いてみましょう!
今日のアクセス時間は…午前9時までの予定です^^V

…という前置き終了ってコトで…本文に入ろうっ(おお!)

◆企画の段階での問題点を考察しよう◆


ココを読むキミはファースト「ガンダム」を見たことがあるだろうか…
見たことが無いならば一度でいいので見ておけっ!
そして…現代…21世紀のアニメやマンガの問題点を理解できるなら…
頭脳明晰であると同時に⇒経験値が高い事実!

当然であるが…過去のアニメやマンガというのは
現代のような「絵…つまり見た目重視」ではなく…
ストーリー展開であるとか 主人公の正義感を重視したり…
アニメなんだけど実写に近いリアリティを追求していただろう!

もちろん…
巨大ロボットという概念はリアルではないかもしれない!
…と思うだろうけど…
実際に「当時」としては現代のアニメやマンガよりも
ずっとずっとリアルであったと断言しよう!(マジですよ!)

だが…
すでに上記に書いたように…現代は
単なる見た目重視!
経験など皆無でも
絵さえ上手に描ければ万事おっけ~♪…というような…←まじで軽蔑

週刊少年ジャンプへの投稿や持込み…という…
「そういうの」が低年齢化していく中で…
マンガ家としてのデビューが15歳!…という…
実写版としてテレビ放映された「るーきーず」の森田氏が
かなり注目を集めたこともあった(デビュー当時)
つまり…
話の内容はどうであれ…マンガ家としての才能というのが
作品そのものの内容ではなく…見た目重視!
そんだけで終わっちまっている事実!

余談だが…ろくでなしブルースは毎週読んでましたよ…俺←(笑)
つまらなかったけど(暴力+学園もの)
期待の新星…という森田氏に注目していたのは事実だったので!

そして…
ジャンプに掲載される
⇒編集者からの【酷評】も読んでましたっ(力説!)
その編集長などの評価として↓↓↓
「投稿時の年齢が16歳くらいでなければ才能が無い証拠」というような…
つまり…
過去のマンガ家はゴルゴ13の作者である「さいとうたかを」氏のような…
実力派は無視という感じである!(泣)
15歳程度でマンガ家デビューさせると「どうなるか」←まじですよ!
結果は現代…21世紀のアニメやマンガを見れば一目瞭然だろう!
経験がないから
妄想で描く作品ばかり
になっちまう!


単なる恋愛モノ…とか…
ドキュメンタリー程度なら どうにでもなるだろう!
だが…
ファーストガンダムのような重厚な作品を生み出すことは不可能!
その事実と現実に気づけないような編集者ばかりが「若いマンガ家」を
懐柔して(たぶん) 読者ウケばかりを狙った結果…
ぜんっぜん中身の無い作品ばかりが生み出されるようになった!
これが現代…21世紀のアニメやマンガの問題だろう(マジで)

企画の段階で何にも理解できてないのに⇒戦闘モノ

【最強クラス忍者】として史上最強を自負する俺からの意見とすれば…
現場も知らんで
戦闘モノに手を出すなっ

…と申し上げたい(力説!)

つまり…前回の記事に書いているように…
年端もいかない16歳程度の主人公…ナルトでは
修羅場を生き抜いてきた「暗部」や「上忍」には太刀打ちできないだろう!!
…というのがリアルとして理解できるべき!

だが…
ファーストガンダムの強い影響によって…
主人公の年齢が16才程度でも 最強になる!…という…
そういう【ニュータイプ現象】が巻き起こっただろう(マジで)
ニュータイプの本質も理解できずに…16歳なら最強になれる!(泣)
…と 勘違いもはなはだしいっ←爆笑

だが…「NARUTO-ナルト-」という作品に限らず…
どの作品をみても「主人公は14歳くらい」になっちまっている事実!
ガンツの主人公だって15歳!
だが…殺人を平気で行っちまっている描写ばかりが目立つようになっていく!

企画の段階で かなり変!
…読者や視聴者からは疑問しか浮かばないだろう!
ガンダムの主人公⇒アムロとガンツの主人公との違い…
アムロはニュータイプでしょう(マジですよ!)
ガンツの主人公は タダの高校生ですよっ^^;
「NARUTO-ナルト-」という作品にも「同様の現象が見られる」が…
すでに編集者でさえ 経験値が不足しすぎているゆえに…
主人公の不備が理解できない!
↑↑↑
現代…21世紀のアニメやマンガの問題の発端はコレだろう!(力説!)

ちょっと説明文として読んでほしいのであるが…
日本でも昨年では「なでしこジャパン」で盛り上がっただろう(マジで)
実際に 修羅場を戦ってきた「なでしこ」と
現役高校生のチームで試合した場合…どうなったと思うだろうか?
まさに…高校生など太刀打ちできないっ!
それは戦闘能力という意味ではない…
ありと あらゆる面での「違い」!←真剣に考慮せよ!
それが経験の差という事実だろう(マジですよ!)

高校生でも実力派は大勢いるだろう!
だが…
高年齢(25歳くらいから30代)の「なでしこ」とは考え方も違う!
極端に説明するなら…
「レッドカードギリギリ」のプレーも平気で「できる」のが
なでしこイレブンでしょう(マジで)
つまり…そういうことである!

「NARUTO-ナルト-」の作品でも「いかにも」という台詞が
マダラやオビトから発せられるが…
原作者の経験値が低すぎるので…実戦闘という修羅場そのものを
まったくぜんっぜん理解できてない事実!
そんな程度の作者が考える「戦闘」よりは…
「なでしこイレブン」に考えさせたほうがいいだろう(力説!)
そのくらい…
経験不足というのは
「何も予測できない」事実
でもある!

実際にNARUTO-ナルト-63巻 「夢の世界」を読んでみてくれ!
「いかにも」的なセリフは山のように出てくる!
だが…【最強クラス忍者】として場数を踏んでいる俺の意見を書くなら…
↓↓↓
1.なんのためのカカシとガイなのか
63巻を見てもカカシという「暗部」最強を誇る上忍の意味がないだろう(笑)
ナルト一人での攻撃を繰り返すのみ!…である事実!
こういうの↑↑↑
カカシやガイが「いくら暗部」として活躍したとか
過去が壮絶とか セリフがあったとしても無意味になっちまうっ(泣)
↑↑↑
つまり…
こういう点からも原作者はチームプレイとしての
スポーツすら体験したことも無い事実が露呈しちまうんですよ…ニヤリ!
せいぜい…岸本氏もジャンプ編集者も
⇒ドッチボール程度のスポーツ経験者
ではないだろうか…↑↑↑(笑)
俺の推測で書いているだけなんだから⇒気にすんなよ…にやり…

2.攻撃から攻撃に移るまでの間がありすぎる事実!
何で相手の攻撃を待っているのだろうか??←(笑)
…と…俺は常にマンガやアニメについて…
現代…21世紀のアニメやマンガというのは「説明しながら攻撃」プレー現象
↑↑↑コレ
ようするに…戦闘とか命をかけるとかいうのは言葉だけであって
最初から戦闘とか殺し合いを楽しんでいる!
…という「描写」だからセリフと内容がミスマッチ!←コレが最大の問題点

主人公を見ても どう見ても…
まったく真剣みが伝わってこないだろう(マジで)
言葉では 守るとか…まさにセリフだけ!

そして…↓↓↓
3.当然ですけど実戦闘は甘くない事実
…たとえば…
筆者であるハンドルネーム謎追い人(俺です!)が
こうやってブログを書いているだけでも ものすっげー攻撃(猛毒)とか
あるのが現実!
だが…
たいていのマンガやアニメの戦闘は現実を無視しており…
技の見せ合いで 終わっちまうだろう(マジで)
ようするに命がけを演じたい!
それが原作者や編集者の希望であり…
本物の戦闘は
知りたくないと願っている事実!

それが最大の矛盾!

ま…実戦闘というのは「美しくない」です(マジで)
すでに書いているが…
ココを読むキミが考えるとしても
⇒ターゲットに強力な下剤を飲ませる! とか
⇒ターゲットの飲食物に徐々に劇薬を入れて病死を装う(沖田殺害した土方の戦術)
⇒トラップを準備して「いいひと」をよそおってハメる!
…という↑↑↑
こういうのが初歩!

ですが…どの戦闘モンにも
現実の戦闘にある初歩すら書いてませんし…
初歩すら回避できそうもない「最強の主人公」だろう←爆笑

せめてゴルゴ13ですよ!

どちらにしても…
せっかくの「チームプレイ」なんだから(笑)
原作者がもっとスポーツをやるとか…
スポーツでの優秀な経験者を編集者として採用すべき!(力説!)

まったく未経験な人間で妄想を語るような…
そんな作品では 感動という言葉すら妄想であり…
スポーツの世界で体験できる以下の「いのちがけ」
という…

最初から終わっているっつーの!(泣)

俺の独り言ですから…
気にすることはないだろう…


(笑)

【謎追い人】



------------------------
↓↓↓このしたに広告表示が出るとしても無関係です-謎追い人-

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« NARUTO-ナルト-63巻 「夢の... | トップ | 親切を誰かに示すのは難しい... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
忍者モノに限らず実戦闘の厳しさを知りたいなら読んでみよう(泣) (謎追い人)
2013-01-27 06:21:41
ココのブログを書いている
ハンドルネーム謎追い人です!

現代は「カッコイイセリフを言いたいだけ」の主役ばかりだが…
現実の戦闘の厳しさを知りたいと願うなら
白土三平氏のマンガ↓↓↓
【カムイ伝」を すすめます!

この作品では殺人は少ない事実!
戦闘としては ほぼ「腕を切り落とす」とか
「足を片方だけ切断しておく」とか猛毒を使う…とか
暗殺としても かなり現実に近いです(力説!)

ココを読むキミが
「いのちがけ」とか感動を味わいたいと…
そんだけの気持ちで戦闘モノを見たがるのは
間違っている!(マジで)

現実を知ってほしいと願うので書いているが…
ココを読むキミだって
真実の殺人事件の壮絶さを知るなら…
いかに現代のマンガやアニメが「いいかげん」であり
戦闘を美化しているかを知るだろう!

戦争を美化してしまうのはなぜなのだろうか?

最近のアルジュリアでのテロ惨殺事件でも…
本物の戦闘の事実を知るべきだろう!
最初から人質など救助する予定もなかった事実!

それが現実の戦闘であり
政治家たちの考え方なのです!(軽蔑)


【謎追い人】


◆謎追い人の感想文」カテゴリの最新記事