アナと南国の王子、そしてエレン

トイプーのアナと孫の保育日記をのんびりと書いています
2018年4月30日パピヨンのエレンも仲間に入りました

城山観光ホテル翡翠廳(ひすいちょう)1

2018-02-11 07:00:00 | 鹿児島紀行


2月8日、ママがお休み取れたので、城山観光ホテルに来ました。

「西郷どん」でお馴染み桜島!城山から見る桜島はダイナミックですね。



こんな石碑も有りますね、確か前書いたかもです。

関東、関西、福岡在住の鹿児島県出身者と地元政財界の代表が、「鹿児島を故郷に持つ誇りと喜び」を歌碑にして、「桜島を見渡せる鹿児島随一の眺望の地・城山に建てたい」とホテルに要請があり、1992(平成4)年9月、建立されたそうです。
碑文は「薩摩なる父 桜島 薩摩なる母は城山 錦江の海」。
作者は故・川畑愛義氏(京都大学名誉教授=当時)。



1月~4月まで耐震工事、施設改装工事が入ってる城山観光ホテル。



創業70年の今年5月、「城山ホテル鹿児島」に改名されます。

いつも、宿泊入り口から入っていたから、気づかなかったけど、



こちらに総合カウンターがあるんだ!



もう、お雛様が飾られています。



「西郷どん」スポットが充実されるみたいです。

これは薩摩藩主の年譜?……島津斉興って、斉彬より長生きしてた!!



はい、「西郷どん」で、鹿賀丈史さんが演じている島津斉興。似てるかな??

さあ〜総合カウンターでチケット貰って、翡翠廳に行きますよ。




コメント (6)   この記事についてブログを書く
« モエキュン♪キラすま2(ツー... | トップ | 雪と城山観光ホテル翡翠廳(ひ... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (秋花)
2018-02-11 09:29:11
歴代のお名前ずら~っと。。。
すごいな~。
そして、これを覚えてる人はもっとすごいw
私外国の方の名前は比較的覚えるけど、日本の方はさっぱり・・・。(-。-;)
どうも似た名前が多くて頭に入んないんだよね~。
あ、年号もw西暦に直して~!っていっつも思う。

でもドラマとかにすると、あ、こういう人だったんだ!って親しみやすいね。
西郷どんはちょこっとみたけど、面白い!って思ったもん。
鹿児島、今回の連休で結構西郷どんのコース見に来てる人多いんじゃない?

翡翠廳って、どんなのかな?
続き待ってるね。(⌒∇⌒)
Unknown (はななえ)
2018-02-11 23:56:12
鹿児島、地元の観光ホテルに泊まりに行ったのね〜〜
近くにもいいお宿あるのね。
やっぱり泊まりに行くのは気分転換ストレス発散にいいよね〜〜
Unknown (くるみ・リッチモンド)
2018-02-12 18:20:53
翡翠廳・・・
ルビふって下さらなかったら読めなかった~
あれでしょ?正面じゃなく裏側の駐車場の方の入り口でしょう?
まだバスの仕事してた頃は、昼食とかでも行っていたので、
そういう時は、裏の入り口に停めてご案内してました・・
ステキな和食レストランがあったと思ったけど、
そこなのかな?

城山ホテル鹿児島・・に名前代わるんですね~
久しぶりに行きたいけど、改修工事が終わってからがいいですね(^_-)-☆
GWは間に合うのかなぁ・・

キラすまでアナちゃんのカワイイ笑顔見ましたよ~
目立ってましたよー・・かわいいもん!
秋花さんへ (ハリーママ)
2018-02-14 22:19:18
え〜〜秋花さんは、横文字のお名前覚えられるの?
スゴイ!私、世界史苦手だったから、横文字覚えられない(苦笑)
来年、年号変わると一段と分かりにくくなるね。

そうそう、昔から大河ドラマで日本史覚えたよ。
幕末って、有名な偉人多いから、、楽しみ♪♪
鹿児島弁が難しいから、なかなか全国で視聴率上がらないみたいだけど、
これから色々なお国の人が出るから、少しずつ上がっていくかな♪♪
はななえさんへ (ハリーママ)
2018-02-14 22:20:05
ここ数年、何度か泊まりに行ってたの。
朝食のバイキング、国内でも有名みたい。
今回は泊まらなかったけど、気分転換になったよ。
くるみ・リッチモンドさんへ (ハリーママ)
2018-02-14 22:21:14
いつも、「ひすいちょう」って言うんだけど、
漢字は難しかった!!
どちらが正面なのか、分からないぐらい(笑)
そうそう、そちらから入る方ですね。
4Fになるのかな。
和食も有りますが、たまには中華がいいなぁって。

「城山ホテル鹿児島」になるそうです。
やっぱり観光ホテルって、古めかしいのかな??
ゴールデンウィークには終わっているみたいですよ。
今はお休みのレストランも有りましたから。

ありがとうございます。
特に宣伝もしなかったし、参加する事に意義があるですね(笑)

コメントを投稿

鹿児島紀行」カテゴリの最新記事