ホワイエ~抱っこ法をもとにした活動~

ホワイエでは、抱っこ法の考え方をもとに、子育て中の親子やハンディを持つ方など、たくさんの方の心の支援を行っています。

人間性は変わらない【報告☆1DAY講座 ここさえつかめば 発達支援が見えてくる】

2018年02月28日 | イベント

先日開催されました「阿部秀雄1DAY講座 ここさえつかめば 発達支援が見えてくる」

おかげさまで、90名満員御礼となりました

ご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました

 

日本抱っこ法協会名誉会長の阿部秀雄の話を関西で聞ける

貴重な機会となりました

 

みなさんとシェアしたいことはたくさんありますが、

特に印象に残ったことを書かせていただきます

 


ハンディがあってもなくても
人間性、人間としての本来の輝きは一緒


ただそれを発揮するのに不自由さはある
なので、大人の助け、支援が必要

 

ハンディがあってもなくても、
その歳らしくふるまいたい
みんなと同じようにやりたい

と言う思いは誰でも持っています

でも、反対のことを言い行動し、
一見そうとは思えないこともたくさんあります。


「本当にやりたいと思っている?」

そう思う気持ちはよくわかります。

口では「やりたくない」と言っているし、

私も色々な場面を見るまではそう思っていました。

 

でも、違うんです

先ほどお伝えした通り、

それを表現、発揮する不自由さがあります。

ハンディのある方は特に

内面では常に緊張状態にあります。

表現上手ではないんです。

 

そして、

その歳らしくふるまいたい
みんなと同じようにやりたい


と言う思いは、

般的に健常児と言われる子達も同じ
子ども達の心の中で


・やりたい

・できない、不安

の二つの気持ちが葛藤しています


そんな時こそ、
私達大人が

触れて導いてあげたらいいのではないのでしょうか?


イヤイヤ言いながら、
泣きながらも、
進んで行き
聞き分けていけば大丈夫です


「本当はやりたい」と言う所へ

最初は疑いながらでも思いを寄せることで、

今までと違った支援が見えてくるかもしれませんね

 

 

 HPが新しくなりました

新HPこちら


【3月のご案内】

3/4(日) 抱っこの広場(こちら)

心と体の疲れをとる タッピングタッチ 講習会(こちら)

 

 

the present writer by ひろこ


 NEW☆ホワイエホームページ

 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ここさえつかめば発達支援が見えてくる【案内☆2/25 1DAY講座】

2018年01月08日 | イベント

1DAY講座のご案内です

 

『ここさえつかめば

発達支援が見えてくる』

抱っこ法協会名誉会長の阿部秀雄

神戸で1DAY講座を開催します

 

ハンディのある方に関わる職員の方だけではなく

保護者の方にとっても、

『具体的な学び』と『癒しの場』になると思います

10月の東京開催の際は満席になり、

立ち見で参加していただく方もいました

 

ぜひお早めに

お申し込みの方、

よろしくお願いいたします

 

以下、ご案内です

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「子どもの行動の裏にある意味」に着目すると、

発達支援の在り方が変わり、毎日の支援が充実したものになります。

 と聞くと、どう思われますか?

 今、通園施設、保育園や幼稚園、小中学校などで、「発達障がいを持つ子や持たない子でもその関わり方に悩んでいる」と言う声を多く聞きます。

コミュニケーションの難しさ、多動やかんしゃくなどの行動に対して、どう対処していけばよいのでしょうか?

長年にわたって実績を積んできた阿部秀雄が「抱っこ法」の考え方をもとに、実際のやりとりがわかる実践的な講座を開催します。それは、明日からの支援に生かすことができます。

障がい児に関わる職員だけではなく、発達障がいの子どもを持つ保護者にとっても、学びの機会となります。また、成人施設や作業所など、大人が対象の場合も同様です。

【内容の一部紹介】

ハンディのある子に対する二重の誤解、内面を捉えることによる行動変容

支援者の〝体話力〟が支援のかなめ、関係性を深める実技

パニックに対処する実技・・・など

 

日 時:2018年2月25日(日)

    10時30分~16時

 会 場:神戸市総合児童センター

    こべっこランド 7階  研修室

兵庫県神戸市中央区東川崎町1丁目3−1

 参加費:6,000円

 主 催:日本抱っこ法協会

    神戸支部・大阪支部

TEL:090-2040-0028(七野留守電)

  

 

 チラシはこちらをご覧くださいHP

(印刷も可能です)

 

 HPが新しくなりました

新HPこちら


【1月のご案内】

1/14(日) 抱っこの広場(こちら)

1/18(木)☆リニューアル☆抱っこで伝わる 親が主導の子育て相談会(こちら)

1/22(月)子どもの心を知り ママの育児力をはぐくむ~抱っこのサロン~(こちら)

 

 

the present writer by ひろこ


 NEW☆ホワイエホームページ

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宝塚市でも開催【4/11(火)☆第1回 筆談援助者勉強会in兵庫】

2017年03月30日 | イベント

記念すべき第1回

ついに、兵庫県宝塚市でも開催

筆談援助者勉強会

 

内容につきましては、

先日のブログ(こちら)をご覧くださいね

 

午前中は

筆談の基本的な知識と、ロールプレイ

午後は

ユーザーさん(筆談をコミュニケーションツールのひとつにしている方)と実際に練習をさせていただき、

まとめになります


そして今回のユーザーさんは

大阪ホワイエにいつも来てくださっている方で、

なんと電車で一時間かけてきてくださいます


ぜひこの機会に、

一緒に筆談を学んでみませんか?


以下、ご案内です

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日時2017年4月11日(火)
場所:宝塚福祉コミュニティプラザ「ぷらざこむ」 阪急宝塚線中山駅、売布神社駅
アクセス→こちら
時間:10時から16時
講習費:6,000円(当日払い)
 
申込先:mail:7tomoko@ezweb.ne.jp    
          留守電:090-2040-0028(七野)


【申込書】

氏名(ふりがな) 
年齢
職業
住所
電話
mail
参加場所(○で囲んで下さい)         宝塚4/11     大阪4/22
 
◎アンケート
筆談を知ったきっかけ
筆談の経験
勉強会で知りたいこと

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 the present writer  by ひろこ 


 ホワイエホームページ 

 お問い合わせ 



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

文字を通して心がつながる【4/22(土)☆第21回 筆談援助者勉強会】

2017年03月28日 | イベント

「ほとんどの障がいを持つ方は、
心の支援や、
筆談(文字を書いて意思を伝え合う)援助によって、
今まで内に秘めていた心を
自由に表現できるようになります。」

(※写真は以前の筆談援助の様子です)

これを聞いてどう思われますか?


私は昨年、初めて筆談を見学させていただきました

ただただ涙でした。

その自閉症の方は、

たくさんの人に感謝し、迷惑かけて申し訳ないと思い生きていること

特にご両親には「ありがとう」「ごめんね」がいっぱいいっぱいあること

失礼ながら・・・

本当にたくさんのことを考え、思い、悩み、苦しまれていること自体にびっくりしました。

ハンディのある方について、詳しくは以前のブログ(こちら)をご覧ください


大阪ホワイエでは、

年4回 筆談援助者勉強会を開催

講師は大阪在住の七野(しちの)友子先生

馬をこよなく愛し

心からハンディのある方を信じ、強くやさしい先生です

こちらも以前のブログですが、

『自閉症の僕が「ありがとう」を言えるまで』

の七野先生からの紹介です


障がいを持つ方の支援をされている方
障がいを持つ方のご家族の方

これからお手伝いをしたいとお考えの方

ぜひ、
一緒に支援の輪を築きあげていきませんか?


4/11(火) 兵庫県宝塚市でも開催

詳細は、後日ご案内させていただきます


以下、ご案内です

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日時2017年4月22日(土)
場所:京橋ホワイエ(大阪市都島区中野町1-3-21) 大阪 京橋駅徒歩10分
時間:10時から16時
講習費:5000円(当日払い)
 
申込先:mail:7tomoko@ezweb.ne.jp    
          留守電:090-2040-0028(七野)


【申込書】

氏名(ふりがな) 
年齢
職業
住所
電話
mail
参加場所(○で囲んで下さい)         宝塚4/11     大阪4/22
 
◎アンケート
筆談を知ったきっかけ
筆談の経験
勉強会で知りたいこと

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 the present writer  by ひろこ 


 ホワイエホームページ 

 お問い合わせ 




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第20回筆談援助者勉強会in大阪

2016年12月16日 | イベント

七野友子先生(筆談援助の会スタッフ)より、

ご案内が届きましたので

ご紹介します

 

         

 

自閉症の僕が

「ありがとう」を言えるまで:

飛鳥新社のイド・ケダーさんの著書が出版されました。

 

 

彼は、アメリカで

ポインティングのコミュニケーションツールを

教えているソマさんに出会うことで、

自己表現の方法をみいだし、

大学進学をしている、

一般には重度の知的ハンディを伴う重度の自閉症の方です。

 

感情や認知能力は

内側では働いているのに、

表に出す方法が見つからず、

手をパタパタしたり

感覚刺激や常同行動に

なってしまうことを語っています。

 

もちろん、

行動の抑制がうまくいかず、

信頼のおけるサポーターに

つかみかかったりしてしまう事で苦しい思いもしています。

 

身体コントロールの練習を

もっとしていく努力をしようと決意しているのです。

そして、

自分につながる

自閉症の方たちの持つ力と

姿を伝えていくことを

人生の大切な使命としています。

何よりも、家族との楽しい会話ができることを喜んでいます。

 

大阪では

年間4回

筆談援助者勉強会を続けてきました。

そして、20回目を迎えます。

 

日常を大切にしたやりとりを学びながら、

心を通わす歓びや感覚を

身につけてきました。

さらに、

その方が

本当に願っている

その年齢らしさの在り方になるような、

具体的対応も体験を持ってしてきました。

 

実際に、

筆談ユーザーさん(筆談をコミュニケーションツールのひとつにしている方)が

学びにお手伝いをしてくださることで、

参加者の学びは深くなります。

ユーザーさん同士の語り合いも大切な時間です。

 

どうぞ、

関心のある方は、

筆談援助者の勉強会にご参加ください。

 

みなさま、お誘い合わせの上、お越しください。

 

日時 : 2017年1月21日(土)10時から16時(昼休憩など含む)

場所 : ホワイエ(大阪 京橋駅徒歩10分  :駐車場無し:近くにコインPあり)

研修費 : 5000円(当日)   

申し込み : 1月18日までに    七野友子(筆談援助の会スタッフ)

7tomoko@ezweb.ne.jp  

tomoko-yuuyuu@nike.eonet.ne.jp

 

第20回筆談援助者勉強会IN大阪 申し込み 内容  

201    年  月  日

氏名

          

職業

 

住所

 

連絡先 電話・メール

 

〈アンケート〉

筆談の経験   

 

この勉強会で得たいこと

コメント
この記事をはてなブックマークに追加