方丈の里2

日々 徒然に里に親しみ 世の様々に喝!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

散文詩;一月三舟 ***

2018年02月07日 | 散文詩

散文詩;一月三舟
***

物もいいよで

角がたつ


情に竿さしゃ
流される

とかくこの世は

ままならぬ


行く人ぞ

還る人ぞと


気をもむよりも


流れのままよ

一月三舟

仏に倣い




*仏語。一つの月も、止まっている舟、北へ行く舟、南へ行く舟から見るとそれぞれ異なって見えるように、人はそれぞれの立場により仏の教えを異なって受け取るということ。


『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 2月6日(火)のつぶやき | トップ | 維新執行部は何を血迷ってい... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

散文詩」カテゴリの最新記事