「風の見える丘」 スタジオ・あいづ暮らし!

HIRO-Music 地域創造文化・音楽コミュニケーション

最近の地域創造イベント音響…

2018年11月26日 | 日記

 

今年の地域イベント音響の依頼は歌と踊り…等が、特に多かったように思います…

昨日の「さぶちゃん会」演目では…歌と踊り109曲 ゲストに三谷勝夫オンステージ4曲~

中谷とおる歌謡ステージ2曲~若奈鈴之助(劇団・若奈座長)1曲~飛び入りゲスト1名…と、全117曲

さすがにくたびれましたァ~ 

お客様さんから「歌いやすかったので、ほんの気持ちばかりです…」と、寸志をいただいたりして(初体験!)

こんなこともあるんだァ~…って、良い評価されると嬉しいもので疲れも吹っ飛び…自分でも現金な奴だな…?

あちゃ~…

今回のイベント会場は250名規模…前日の午後から仕込み開始~調整リハ

当日8時出勤~通しで、午后4時20分終了!! 5時まで撤収完了!と云う運びでした…

特に、9時30分開演~最後までの観客も大勢いらして、長時間なので「疲れない音創り」に気を配りました

そして、これだけの大イベントなのだから…照明効果も考えていただくように主催者に提言しておきました!

今回の使用機材:調整卓 YAMAHA/O1V96 V2

        音源再生 TASCAM/MD-350(MD)

             TASCAM/CC-222SL mkⅡ(テープ)

             DENON/DN-700C&DN-C615(CD)

        ステージマイク Line6/XD-75 ワイヤレスセット×5(予備も含んで)

        MCマイク SHURE/SM58S(有線)

        カラオケライン用DI COUNTRYMAN/Tipe85×2(LR)

        フロントメインSP JBL/EON615×2

        モニターSP JBL/EON515XT×1 と、一人で出来る範囲で、セットしました!!

毎回…大まかに参考データ(使用機材…等)として残しておくと便利かも…?

 

 

 

コメント

LEXICON MX300を購入してみた!

2018年11月16日 | 日記
MX300は、ただの高品位リバーブプロセッサーではないらしい
■ステレオリバーブ・マルチエフェクトプロセッサーです
今まで、アナログミキサーに空間系エフェクトで、YAMAHA REV-500を使用してます…が、
もう一台と思い…YAMAHAとは色気の違うLEXICON(安価なため)を使ってみようと…
デジタルミキサー中心に考えていた僕ですが、アナログにプラス感覚と云うことで購入してみた
 
主な特徴は
■2入力、2出力構成
■レキシコンの定評あるリバーブ・アルゴリズムに加え、様々な音響空間をシミュレートする空間系エフェクターを搭載
■ダイナミクス制御で評価の高いdbxのコンプレッサー、ディエッサーを搭載
繊細なゲイン制御から力強いコンプレッション、歯擦音の低減などの信号処理が可能だそうだ
■信号経路はステレオ、デュアルステレオ、カスケード、モノスプリット、デュアルモノの5つの構成から選択でき、
高品位なリバーブプロセッサーを2台同時に使用可能
■A/D変換、D/A変換は24bit、48/44.1kHzで、内部処理は24bit
 
エフェクターケースにYAMAHA&LEXICONを組み込んで、確認調整中!
現場使用は今のところ…? 予定はないのですが、果たして調整効果…で、どう出るのか楽しみなのです
 
岡田 辰夫氏からの ご意見参考文を掲載しました!
MX-200、MX-300 は2イン2アウト。しかし MX400XL は4イン4アウト。
これは単純な2台分というだけでなく4つの入力を4アウトに振り分けられる・・となります。
つまり4X4=16ch の空間表現が可能です。 
ただ、それで何やるの?と聞かれると答えに困るけど・・
要するに全く「別の空間」を構築出来る魔法のエフェクターと化すのです。

まあ、現実問題として入力4系統、出力も4系統使ってしまうので使用するコンソールもそれなりの仕様が必要ですし、
入出力のバランスは微妙で複雑になります。*内部設定だけで4X4という複雑な事は出来ません。

LEXICON の歴史?はもう40年に至ります。開発に関与した米技術者から聞いた話ですが・・ 
実験検証で製作された1号機の大きさは、何と高さ2m・横幅5mという巨大なラックだったそうです。
そのほとんどが「メモリーデバイス」。
70年代当時はたった1KBのメモリーでも基盤にパーツがぎっしりで価格は数十万もしたようです。
91年に私が PowerBook170 を購入した価格が74万円。
僅か4MBの内蔵メモリーが4万円でした。ギガではなくメガですからね!?

私が最初に出会った「LEXICON 224L」は,81年のパットメッセーニーツアーで
ミックスエンジニアが持ち込んできたのです。
価格は当時250万円でした。それが「4イン4アウト仕様」です。
その基本設計が後にスタジオ・リバーブの定番「480XL:当時400万円」になりました。
時代の進化とデジタルデバイスの普及により価格は桁違いに下がりました。224や480と同じとは言いませんが・・ 
限りなく近い存在の製品です。

ただ通常のリバーブとして使うなら MX-300 で充分効果的です。
レキシコンでしか出せない空間が味わえます。しかし MX-300 を2台買っても MX-400XL にはならないという事。
だから惜しいとコメントしました。
僅か2万弱の差だけど・・ 中身は全くの別物なんです。 ★もう一台、買っちゃえば?


コメント

FOSTEX デジタル・マルチトラックレコーダー D824mKII

2018年10月31日 | 日記

何気にリサイクル品を見ていたら・・・

FOSTEX  D824mKIIを発見!!

オークションサイトで落札! 

以前…所持していたが、修理不能(メーカーに基盤が無い!)でジャンク扱い

この落札品…最悪AD/DA変換のインターフェース…もしくは部品取りにでも使えれば…?

不安の中で届いた商品、早速通電…あちゃ~これ使えるわッ!!

時代遅れなのですが、どうしても非圧縮HDの音質にこだわりを捨てられず購入…

FOSTEX  D824mKII&D2424LVで、32トラック非圧縮録音が可能!

PC録音編集の昨今、いまだにアナログ風感覚の僕がいる…

「犀の角のように 独り歩め!」

ひとり優越感に浸るのであった!


 

コメント

秋の学校文化祭…あれこれ

2018年10月30日 | 日記
28日(日)に開催された…会津坂下中・第3回定期演奏会の録音編集中! 
画像はその時の仕込み…
 
生徒部員たちが演奏会にかける意気込みと、それに伴うSTAFFの熱意が伝わる演奏会で…
盛大に多くの観客を魅了!! 無事終了しましたァ 
前日27日(土)は新鶴中学校・文化祭~こちらは校内合唱コンクール…
先週20日(土)は坂下中学校・文化祭~こちらは校内合唱コンクール…
生徒たちの熱き青春時代の1ページを録音編集…
ステキな思い出のアルバムになればいいなぁ~…と、思いながら編集作業も無事終了しました

使用機材:録音マイク SONY C-536P×2&ZOOM H6(当初FOSTEX D2424LVと思ってはいたのですが…?)
     効果音 BOSS SP404SX(開演ブザーets.)
     BGM DENON DN700C
     ミキサー卓 YAMAHA/O1V96V2
              編集ソフト DigiOnSound 
     マスタリング ALESIS  ML-9600(いったんアナログに変換します)
                …と、シンプルに・・・
     
コメント

地域サポート創造文化…民謡・民舞大競演会

2018年10月16日 | 日記

    

民謡・民舞大競演会~大盛況のうちに無事終了! 

です…が、やはりこの分野も後継者不足で、民謡参加4団体…民舞4団体とも共通の悩みを抱えています…

確かに参加メンバー&スタッフ&お客さんを見ると、年金生活の方が7割位だったように思えます!! 

津軽三味線のF氏、尺八奏者のN氏 両師匠も年金受給者だとか…?

他人事ではないかも…?

ところで今回、民舞の音源再生にCD(カセットテープをプログラム順に編集)を使うつもりでしたが、

予備音源用に準備しておいたサンプラー(ROLAND SP-404SX)…

初の現場使用なので、不安ながらリハで試しにポン出し…あらま、こりゃあ~使える! 

CD入れ替え時の読込み時間のロス解消(普段はCDデッキ2台使用)で、本番はメインに使用…

CDデータの音源調整確認と事前編集(プログラム順に団体ごとグループ分け)をしっかりやっておいたので、

CD5枚分の音出しがこれ1台でスムーズに…、結果、大成功!!

嬉しさと興奮のあまり…? ひとり納得してました…

今後も工夫して使える代物です!!

 

 

コメント