★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「(500)日のサマー」

2010-01-13 01:38:18 | 映画(か行)
<T1143/2010/A008/S002>

今週の平日休みは、久しぶりにシネコンをはしごして2本。
こちらはチネチッタ川崎で鑑賞。
何本か観たい作品が各シネコンに散らばっちゃってたけど、
まずはズーイー・デシャネルちゃん主演作を・・って事で。
原題も「(500) DAYS OF SUMMER」。
2009年製作の出会い系コメディ・ドラマ、96分もの。

あらすじ・・・今回はMovieWalkerさんから引用させてもらいました。
超詳しいので、反転モードで・・・
グリーティングカードの会社に勤めるライター、トム・ハンセン(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)が、初めてサマー・フィン(ズーイー・デシャネル)に会ったのは、会社のボスが新しいアシスタントとして彼女を紹介した時だった。それがサマーとの1日目。トムは一目で恋に落ちた。4日目。エレベーターの中でトムのヘッドフォンから漏れる音を聴いたことから、次第に会話を交わすようになる二人。28日目。カラオケパーティの席で、トムはサマーに恋人がいないことを知るが、彼女は愛を信じていなかった。しかし、サマーは「友達になって」とトムにキスをする。34日目。二人は一緒にIKEAへ行き、展示されているソファに並んで腰かけたり、ベッドに寝そべったりして新婚夫婦ごっこを楽しんだ。「真剣につきあう気はない」と言うサマーに、トムは「気楽な関係でいい」と答える。109日目。サマーが初めて自分の部屋にトムを招き入れ、トムは、二人の間を隔てる壁が一気に低くなった気がした。259日目。バーでサマーに言い寄る男をトムが殴ったら、逆にやり返されてしまう。「二度とこんなことをしないで」と怒るサマー。二人の間に埋められない溝があることは確かだった。しばらくして、トムはサマーが会社を辞めたことを知る。悪友のポール(マシュー・グレイ・ガブラー)やマッケンジー(ジェフリー・エアンド)の勧めに従い、新しい恋人をつくろうとするトム。だが、トムはどうしてもサマーが忘れられない。402日目。同僚の結婚式へ向かう電車内で、トムはサマーと一緒になり、サマーからガーデンパーティに誘われる。408日目のパーティ当日、トムは彼女の心が自分から完全に離れてしまったことを悟る。その後、トムは会社を辞め、夢だった建築家の道へ進むべく就職活動を始める。お気に入りのベンチに座って、未来の自分を想うトム。と、そこにサマーが現れた。長かった“500日の夏”がようやく終わろうとしていた……。

   

ここからひらりん的レビューのネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
●最初に恋愛モノではなく、出会いモノ・・っていうナレーションが入って、
なんじゃ???と思った。
●上のあらすじは、日にちが時系列で書かれてるけど、
映像は日にちが行ったり来たりしてる。
●結末を書いておくと・・・
パーティの時に見てしまった彼女の婚約指輪・・・
ベンチで会った時には彼女はもう結婚してたのね。
なぜトムじゃダメだったか???
ある朝目覚めた時、トムじゃダメって直感したらしい。。。
今の旦那とは、カフェで偶然出会って声かけられた・・・
これこそ運命ではないか・・・って事で結婚したらしい・・・
●えーーーーーーーーーーーーーーっ、
愛も運命も信じない・・って言ってたサマーがっ。
●諦めのついたトムは就職面接の待合席で1人の女性に会い、
これも運命???って思って、ちょっと勇気を出してお茶に誘うのねっ。
そしたらオッケー貰ってラッキー・・・
名前を聞いたら、今度はオータムさんでした・・・というオチ。

  

★愛や運命を信じるトムは草食系男子と呼ぶのかなーーー???
一生懸命アプローチしてる姿は涙ぐましいし、相手が悪かっただけ!!!
★それにしても不思議ちゃんを演じたらピカイチのズーイー・・・
今回も思いっきり変なキャラで・・・
ビートルズではリンゴ・スターが好きだったり
公園で「●ニス」と大声で叫びあったり・・・
イケアでのデートあたりは超ラブラブで楽しそう・・・
  
★初合体した翌朝の出勤で、
周りの他人がみんなクリアブルーの服に見えて踊りだしちゃうトムの気持ち・・・
なんかわかる気がするーーー。
★やっちゃった後は、今までの男とは「俺は別格」・・と思わせるのは、
美人ちゃんならでは・・・。
あそこまでして、恋人じゃない・・・友達で・・・というのは、
真面目青年にはきついね。
★これ、男のほうが愛なんて信じない・・・女は体目的・・
っていうパターンはありがちだけど、
ここまで女心がつかめないパターンも珍しい。
★まあ、女のほうが割りきりが早い・・・という事なのかな。
★ズーイーちゃん・ってシンガーもやってるからか、
出演作で歌ってるシーンがよく登場してくるけど、
今回もカラオケで歌ってたね。

ここまでネタバレ注意↑

ひらりん的この作品の関連作は・・・
ズーイー・デシャネル出演作は・・・
ジム・キャリーと共演の「イエスマン “YES”は人生のパスワード
ウィル・フェレルと共演の「エルフ ~サンタの国からやってきた~
(結構コメディものにも付き合ってくれてますね)


という事で今回は・・・
「女心と夏の空」度・・・
秋になっても同じ苦労をしそうな男子もいるんだよねーーー。



●文末にブログランキングの宣伝を・・・・・・・・・・・
最近下位に低迷してるブログランキング・・・
気にしちゃいないが・・・上位が映画とは無関係の韓流系やYouTube系ブログばかりで、
ちょっと悔しい・・・ので・・・、
ひらりん同様、「デシャネルちゃんの不思議キャラに撃沈」したあなた・・・
バナーにポチッとクリックおねがいしまーーす。

「人気ブログランキング(映画)」


ひらりんもツイッター始めました。
映画以外のこともつぶやいてるので、
ちょっと見に来てね。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 「ウォーロード/男たちの誓い」 | トップ | ★「キャピタリズム マネーは... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画(か行)」カテゴリの最新記事