★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「ウェイトレス ~おいしい人生のつくりかた」

2007-11-21 03:38:30 | 映画(あ行)
<2007/A201/S107>

今週平日休みは・・・
11月は「ホラー特集」やってるにもかかわらず、
マイナー系作品の二本立て。
その2本目は・・・
今年流行???のレストラン・レシピもの。
キャサリン・ゼタ=ジョーンズの「幸せのレシピ」が公開されてなかったら、
きっと「~おいしい人生のレシピ」になっていたのでは・・・。
原題はもちろん「WAITRESS」。
2006年製作のおっぱいではなくパイ系ラブ・コメディ、108分もの。

あらすじ・・・今回はAllcinemaONLINEから抜粋させてもらいました。
アメリカ南部の片田舎。小さなダイナーのウェイトレス、ジェンナ(ケリー・ラッセル)はパイ作りの天才。その時の気分をそのまま反映したオリジナル・レシピで作るユニークなパイの数々は、胃袋ばかりか心も満たしてくれると町の評判だった。ところが、私生活では嫉妬深い夫アール(ジェレミー・シスト)に支配される苦痛なだけの毎日を送っていた。同僚の友人と相談していよいよ家出を決意した矢先、予想外の妊娠が発覚する。家出も出来ず、かといってアールの赤ちゃんも産みたくないと、すっかり八方ふさがりのジェンナ。落ち込む一方だったジェンナの前に、新任の産婦人科医ポマターが現われる。優しく誠実なポマター先生(ネイサン・フィリオン)に次第に心惹かれていくジェンナだったが…。

ここからひらりん的レビューでネタバレ注意↓
ストレス発散??なのか、急接近のジェンナと先生。
こりゃー、不倫ですっ。
先生にも研修医のフィアンセだったか妻だったかがいるしーーーー。
でも、一端はまってしまうと、なかなか脱げ出せないのが不倫地獄。。。
それにしても、夫・・・超、嫉妬深い男でしたねーーーっ。
家出はすぐに見つかっちゃうし、ヘソクリ没収だしーーーー。
不倫が知れたら、殺されるぅ・・・くらいの事、思っちゃうよねっ。
ところで、ジェンナを取り巻く人たちも、なかなかのツワモノっ。
秘密めいた事言ってた同僚のベッキー(シェリル・ハインズ)は・・・
寝たきりの夫を看護しながら、ダイナーの店長と不倫関係だったし・・・
ドンクサ系の同僚ドーン(エイドリアン・シェリー)は・・・
お見合いサイトで知り合った男にストーカー行為?をされるけど・・・
一転、結婚しちゃうし・・・。
毎日来る客・・・実はこの店の老オーナーのジョー(アンディ・グリフィス)・・・
行儀にうるさく、口は悪いが、年の功を発揮するのね。。。
ジェンナの妊娠・・・ダンナの悪態・・とかもお見通し・・・
さらには、不倫まで知ってた???
そんなこんなのジェンナは、なかなか不倫を解消できないが・・・
ついに破水・・・入院すると・・・
先生の彼女がいたぁーーー、
オーナーのジョーも入院してたぁ・・・
みんなお見舞いにくるがぁ・・・
一応、旦那もやってくるがぁ・・
赤ちゃんが生まれてきた瞬間・・ジェンナの態度が急変ーーーーーっ。
母・・・強しっ。
旦那との離婚を即決っ。
先生との不倫も解消っ。
どうすんのかなっ・・・・と思ってたら、
オーナーの見舞い手紙の中に小切手が入ってて、
そのお金で、自前のレストランを開業しちゃって、ハッピーエンド。

それにしても、アメリカっ。
あんなに甘そうなもの、たくさん食べるから、肥満が多いんだよーーーっ。
(アメリカ人の3人に1人が肥満・・・らしいぞっ)
まっ、ひらりんも甘いもの好きなので、メタボが気になってますが。
パイはおいしそう。
ジェンナがしょっちゅう創造するパイもユニーク。
この辺の想像力は、「幸せのレシピ」の主人公とも共通項有りだね。
現実逃避じゃないけど、好きな事に没頭していたい気持ちの現れ。
まぁ、全体的に田舎町のゆるーーい雰囲気の中で繰り広げられるラブ・コメ。
監督・脚本・出演までしてるエイドリアン・シェリーが、イイおとぼけぶりを発揮してました。

ここまでネタバレ注意↑

ひらりん的この映画の関連作は・・・
今年はよく見たお料理・レストランもの・・・
幸せのレシピ」「レミーのおいしいレストラン
 
2作とも、ラストは主人公が店を開く結末でしたね・・って、これはネタバレでした。

という事で今回は・・・
ラブ・コメ度・・・
赤ちゃん産んで、母強し・・・というのも笑えたぁ←←こりゃまたネタバレしちゃいました。


●文末にブログランキングの宣伝を・・・・・・・・・・・
最近下位に低迷してるブログランキング・・・
気にしちゃいないが・・・上位が映画とは無関係の韓流系やYouTube系ブログばかりで、
ちょっと悔しい・・・ので・・・、
この作品を見て、「このおっちゃんオーシャンズのメンバーだっ」・・・と、気づいたあなたっ・・・
           男優さんはエディ・ジェイミソン。左は監督・脚本も務めたエイドリアン・シェリー
バナーにプチッとクリックおねがいしまーーす。
「人気ブログランキング(映画)」


監督・脚本・出演のエイドリアン・シェリーは、この作品の公開前に亡くなられています。
自らの妊娠中に脚本を書いたといわれる本作・・・
素敵な映画を提供してくれた事を感謝・・・そして御冥福をお祈りします。。

コメント (1)   トラックバック (43)   この記事についてブログを書く
« ★「ONCE ダブリンの街角... | トップ | 「ヅラ刑事(ヅラデカ)」 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
エディ・ジェイミソン♪ (とらねこ)
2007-12-16 10:54:02
これ見た時、一緒に見た人に向かってエラソウに、「エディ・ジェイミソンの最初の登場はオタクっぽかったけど、オーシャンなんだから、彼はのちにエイドリアン・シェリーの役柄とくっつくと思った、なんていいながら帰った記憶があります♪エヘ。

ひらりんさんの一言がツボったので、
思わずぽちっとしといた、よーーーーん。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画(あ行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

43 トラックバック

ウェイトレス おいしい人生のつくりかた(映画館) (ひるめし。)
彼女は、世界一のパイを焼く ふしあわせな女性(ひと)。
*ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた* (Cartouche)
{{{   ***STORY*** アメリカ南部の田舎町にあるジョーズ・ダイナー。この店で評判のパイを焼くのは、ウェイトレスのジェンナだ。甘くて香ばしい彼女のパイは、食べた人を幸せにしてしまうが、彼女自身の人生は“甘く”ない。それでも彼女は、自分の不幸す...
「ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた」(アメリカ 2007年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
不幸せな結婚生活に鬱々としているジェンナ。 "望まない妊娠"と"思わぬ出会い"が彼女の人生を変えていく。 『ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた』
ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた (観劇★感激★カンゲ記)
公式サイト→コチラ アメリカで口コミでじわじわ広がったというこの映画。 なんとなくそれはわかるものの、主人公ジェナのDV超オレ様男な旦那が私的にアウト。いや、アウトを通り越して、ありえない。別世界の出来事。 んなわけで、共感度はかなり下がってしまい...
ウェイトレス おいしい人生のつくりかた (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『彼女は、 世界一のパイを焼く ふしあわせな女性<ひと>。』  コチラの「ウェイトレス おいしい人生のつくりかた」は、2007年サンダンス映画祭に正式出品され、好評を博したハート・ウォーミングなコメディで、11/17公開となっていたのですが、観て来ちゃいまし...
ウェイトレス ~おいしい人生のつくりかた (to Heart)
2006年に他界した女性監督エイドリアン・シェリーの遺作となった作品。 監督 エイドリアン・シェリー 音楽 アンドリュー・ホランダー 出演 ケリー・ラッセル/ネイサン・フィリオン/シェリル・ハインズ/エイドリアン・シェリー/ジェレミー・シスト/アンディ・グリフィス ...
『ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた』 (2007) / アメリカ (NiceOne!!)
監督・脚本・出演:エイドリアン・シェリー出演:ケリー・ラッセル、ネイサン・フィリオン、シェリル・ハインズ、ジェレミー・シスト、アンディ・グリフィス鑑賞劇場 : CINECITTA'公式サイトはこちら。<Story>アメリカ南部の田舎町にあるジョーズ・ダイナー。こ...
ウェイトレス ~おいしい人生のつくりかた (映画のメモ帳+α)
ウェイトレス ~おいしい人生のつくりかた(2006 アメリカ) 原題   WAITRESS    監督   エイドリアン・シェリー       脚本   エイドリアン・シェリー      撮影   マシュー・アーヴィング                   音楽  ...
ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた (韓国映画好き)
アメリカの田舎町にある小さなダイナー“ジョーのパイの店”。ここのウェイトレスのジェナはパイ作りの天才、彼女は自分のその時の気持ちを込めてオリジナル・レシピのパイを焼く。 しかし彼女の人生は甘くない。嫉妬深くて横暴な夫アールから逃れようと、同僚た...
ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた (映画三昧、活字中毒)
■ シャンテシネにて鑑賞ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた/WAITRESS 2006年/アメリカ/108分 監督: エイドリアン・シェリー 出演: ケリー・ラッセル/ネイサン・フィリオン...
ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた (映画通の部屋)
「ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた」WAITRESS/製作:2006年、ア
ウエイトレス~おいしい人生のつくりかた (シネマ大好き)
予告編で見たパイがおいしいそうだった「ウエイトレス~おいしい人生のつくりかた」を観た。 田舎町の小さなレストランで働くジェナはパイ作りの名人。束縛男のダンナにお金も自由も奪われて希望のない毎日を送っている中、なんと妊娠が発覚し、パイをプレゼントしたのを...
#159.ウェイトレス ~おいしい人生のつくりかた (レザボアCATs)
とっても素敵なミニシアター系佳作なんだか、古き良きインディペンデント映画、って気がします。
ウェイトレス おいしい人生のつくりかた/ケリー・ラッセル (カノンな日々)
今日公開された映画の中でどれが1番観たいかといえばやっぱりコレかなぁという事で初日に行ってきちゃいました。予告編を観た印象でも面白そうでしたし、音楽映画と同様に料理モノもアタリ率が高いのでちょっと期待。 出演はその他に、ネイサン・フィリオン、シェリル...
★ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた(2006)★ (CinemaCollection)
WAITRESS彼女は、世界一のパイを焼くふしあわせな女性(ひと)。上映時間108分製作国アメリカ公開情報劇場公開(FOX)初公開年月2007/11/17ジャンルドラマ/ロマンス/コメディ【解説】ハル・ハートリー作品をはじめインディペンデント映画で活躍してきたエイドリアン・....
感想/ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた(試写) (EDITOREAL)
パイも人生も前向きに作らないとね。『ウェイトレス~おいしい人生の作り方』11月17日公開。ジェンナは望んでもない妊娠発覚! だってダンナのアールは超束縛系暴力かいしょうなしロクデナシなんだもの。あぁ、これじゃ離婚どころか、隣町のパイ作りコンテスト出場兼家出...
映画~ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆サンダンス映画祭など各国の映画祭で大絶賛され、アメリカで公開されるやいなや予想を上回る大ヒットを記録したハートフル・ストーリー。田舎のダイナーで働くウェイトレスが、突然の妊娠をきっかけに自分自身に目覚めていく姿を描く。南部の田舎町にあ...
ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画 2007年/アメリカ 監督:エイドリアン・シェリー 出演:ケリー・ラッセル(ジェナ)    ネイサン・フィリオン(ポマター先生)    シェリル・ハインズ(ベッキー)    ジェレミー・シスト(アール)    アンディ・グリフィス(オール...
ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた (めでぃあみっくす)
サンダンス映画祭で絶賛されたものの、当初アメリカでは2館でしか上映されなかったのに、話題が話題を呼び瞬く間に予想を上回る大ヒットを記録したこの作品。有名な俳優も出ておらず、日本での話題性には事欠けるかも知れませんが、これは本当にミニシアターらしい心温ま...
映画「ウェイトレス」 (happy♪ happy♪♪)
アメリカ南部の小さな町のダイナーでウェイトレスとして働く ジェンナ(ケリー・ラッセル)。 パイ作りの名人である彼女の夢は、 賞金2万5千ドルのパイ・コンテストで優勝すること{/hiyo_cock/} ただ嫉妬深い夫・アール(ジェレミー・シスト)の存在がある以上 彼女の夢...
「ウェイトレス ~おいしい人生のつくりかた」 (It's a wonderful cinema)
 2007年/アメリカ  監督/エイドリアン・シェリー  出演/ケリー・ラッセル      ネイサン・フィオリン      シェリル・ハインズ  パイ作りの天才のウェイトレスのジェンナは横暴な夫アールと分かれたくて仕方がない。密かにお金を貯め、家出計画を...
映画「ウエイトレス~おいしい人生のつくりかた~」 (日々のつぶやき)
監督:エイドリアン・シェリー 出演:ケリー・ラッセル 「ジェンナは『ジョーのパイ』というダイナーでウエイトレスをするパイ作りの天才。彼女の夫アールは独占欲が強いダメ亭主。何とか夫から逃げ出し自分の自由を手に入れたいとこっそりお金を貯めているジェンナだ
ウェイトレス おいしい人生のつくりかた(試写会) (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  味も思いも色とりどり・・・強く生きるが女道  
ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた (シャーロットの涙)
シュールさがツボ。ちょっとビターな後味で、まったり甘いだけでないスイーツ。
ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた (りらの感想日記♪)
【ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた】 ★★★☆ 2007/11/15 試写会(29) ストーリー アメリカ南部の片田舎。小さなダイナー
ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた (心のままに映画の風景)
南部の田舎町、ダイナーで働くジェンナ(ケリー・ラッセル)は、 パイ作りにかけては天才的な腕前を持つウェイトレス。 彼女は嫉妬深い夫アール(ジェレミー・シスト)の子どもを...
ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた (5125年映画の旅)
田舎町の喫茶店で働くパイ作りの名人ジェンナ。暴力的な夫アールから逃げ出したい彼女は隠れてコツコツとお金を貯めていたが、ある日アールの子供を妊娠している事が発覚する。これ以上重荷が増える事に耐えられないジェンナだったが、産婦人科医と情熱的な恋に落ち事...
「ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた」 (prisoner's BLOG)
エンド・タイトルに「この映画をエイドリアン・シェリーの思い出に捧げる」と出たので、誰かと思うとなんとこの映画の監督・脚本で、メガネをかけたウエイトレス役で出演もしている人だとわかって仰天。 調べてみると、自宅に泥棒に入った19歳のエクアドル人違法労働者を...
人生を変えるパイを召し上がれ (CINECHANの映画感想)
322「ウェイトレス ~おいしい人生のつくりかた」(アメリカ)  アメリカ南部の片田舎にあるジョーズ・ダイナー。この店で評判のパイを焼いているのはウェイトレスのジェンナ。彼女の作るパイは食べた人を幸せな気分にさせるが、彼女自身は嫉妬深い夫アールのせいで...
ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた☆独り言 (黒猫のうたた寝)
あら、キルフェボンで、またまた映画とタイアップなケーキが♪でも、浜松は販売予定ないみたい^^;まぁ上映予定がないからなのでしょうが、、、汗タイアップ映画は『ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた』これも、名古屋で鑑賞してきました。初日でプレゼント付き(...
ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
これは、片田舎の小さなダイナーを舞台に、特製パイ・レシピに自分の気持ちを込める“才能”を持つヒロインの、甘くちょっぴりほろ苦い人生の物語。 ジェンナは、パイ作りの天才。彼女の夢はいつかこのパイが人生を変えてくれること_。 南部の田舎町にあるダイナー...
ウェイトレス ~おいしい人生のつくりかた Waitress (シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー)
彼女は、世界一のパイを焼くふしあわせな女性。■ストーリーアメリカの田舎町のレストラン。ここの人気商品はパイ。そこで働くウェイトレスのジェンナは、パイを焼かせたら世界第一級のプロ。イマジネーションを効かせた創作パイに誰もが虜になった。でも、私生活はみじめ...
映画『ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた』を観て (KINTYRE’SDIARY)
102.ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた■原題:Waitress■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:108分■日本語字幕:栗原とみ子■鑑賞日:12月15日、シャンテシネ(日比谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本・出演:エイドリアン・...
ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた (eclipse的な独り言)
 今年はよく観ています。ミニ・シアター系をもしっかりと観ています。こちらはすごく
「ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた」  Waitress (俺の明日はどっちだ)
ろくでもない亭主と別れようと画策しているうちに、あろうことか妊娠が発覚しすっかり鬱になっているパイ作りの名人ウェイトレスの姿をオフ・ビート感覚で描いた作品。 前半のどこか舞台劇を思わせる演出、そして思わず笑ってしまう突然の激しいキスや「ニカッ」とした満...
ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた~ (銅版画制作の日々)
 友情、母性、恋愛、そして希望・・・・・・ 人生という名のパイはいろんなピースでできている 隠し味や秘密のスパイスが個性を引き出す ひとつだって同じものはない ジェンナの甘くてちょっぴりほろ苦い物語を召し上がれ   3月1日、京都みなみ会館にて鑑賞。...
ウェイトレス ~おいしい人生のつくりかた (Blossom Blog)
ウェイトレス ~おいしい人生のつくりかた WAITRESS 監督 エイドリアン・シェリー 出演 ケリー・ラッセル ネイサン・フィリオン     ...
『ウェイトレス ~おいしい人生のつくりかた』 (cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー)
TVシリーズ『フェリシティの青春』のタイトルロールを演じて人気を博したケリー・ラッセル主演のハート・ウォーミングドラマ。 監督・脚本・出演もしているエイドリアン・シェリーの遺作としても話題になった作品ですね。気になっていたのでDVDで鑑賞してみました。 ...
mini review 08303「ウェイトレス ~おいしい人生のつくりかた」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
サンダンス映画祭など各国の映画祭で大絶賛され、アメリカで公開されるやいなや予想を上回る大ヒットを記録したハートフル・ストーリー。田舎のダイナーで働くウェイトレスが、突然の妊娠をきっかけに自分自身に目覚めていく姿を描く。監督は2006年に他界した女性監督エイ...
ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた (映画でココロの筋トレ)
うっかり見逃しちゃった「ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた」をやっと観ました。 ( → 公式サイト  ) 出演:ケリー・ラッセル、ネイサン・フィリオン、シェリル・ハインズ、エイドリアン・シェリー 上映時間:108分  南部の田舎町にある...
『ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた』'06・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ南部の田舎町にあるダイナーで働くジェンナ(ケリー・ラッセル)はパイ作りにかけては天才的な腕前を持つウェイトレス。ある日、彼女は嫉妬(しっと)深い夫アール(ジェレミー・シスト)の子どもを妊娠。予想外の妊娠に困惑するジェンナは、アールから逃げる計画...
映画評「ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2007年アメリカ映画 監督エイドリアン・シェリー ネタバレあり
映画『ウェイトレス ~おいしい人生のつくりかた』(お薦め度★★★) (erabu)
監督・脚本、エイドリアン=シェリー。原題『WAITRESS』。2006年米。ラブ