★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「アマルフィ 女神の報酬」

2011-06-07 03:38:59 | 映画(あ行)
<T1334/2011/A054/S028>

織田裕二扮する「外交官 黒田耕作」シリーズって言うのかな・・・
ドコモの携帯動画で宣伝してた時点で面倒で見なかったけど、
テレビドラマ版もチョコっと見てしまったし、
映画もシリーズ化してきたので、テレビ録画版で見てみることに。
2009年製作の海外ロケ系サスペンス・ミステリー、125分もの。

あらすじ・・・今回はMovieWalkerさんから引用させてもらいました。
クリスマス直前のローマ。日本人外交官・黒田康作(織田裕二)が降り立つ。予告されたテロ事件から日本人の安全を守るために派遣されたのだ。その頃、現地日本大使館は、川越外務大臣(平田満)のG8外務大臣会合参加準備に追われていた。そんな中、一人の日本人少女失踪事件が発生。テロとの関連性も疑われる中、黒田は赴任間もない研修生の安達(戸田恵梨香)とともに、この事件の通訳担当を命じられる。だが、少女の母親、紗江子(天海祐希)宛てにかかってきた誘拐犯からの電話を、“夫”として受けてしまったことから、事件に巻き込まれていく。紗江子は、亡き夫との思い出の地イタリアを、娘に見せようと訪れた旅行者だった。誘拐犯に指定された通りに取引に応じる2人だったが、警察のミスによりその介入が知られてしまう。取引は中止となり、彼女は娘の身柄確保よりも犯人逮捕を優先させた警察と、それを止められなかった黒田に対する不信感を募らせる。娘を思って憔悴する紗江子。そんな紗江子を支えるのは、彼女に思いを寄せる商社マン藤井(佐藤浩市)。だが、犯人の動向はつかめず、捜査は一向に進展しない。悩み苦しむ紗江子の姿に、独断での調査を決意する黒田。知人のフリーライター佐伯(福山雅治)の協力を得て事件を探るが、イタリア警察から抗議を受けてしまう。外交官には捜査権限がなかったのだ。組織の体裁よりも日本人の安全確保が自分の仕事と考える黒田は、次第に大使館内で孤立していく。やがて、誘拐事件はイタリア大統領やG8首脳を巻き込み、イタリア全土を襲う大規模連鎖テロへと発展していく。様々な思いが交錯する中、黒田は事件の鍵がイタリア南部の港町アマルフィにあることを突き止める。果たして、犯人の目的とは、黒田が突き止めた事件の全貌とは……?



ココからひらりん的レビューのネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
●どうも織田裕二は青島刑事以外は演技不可みたいだなーー。
大体公務員役ばかりだけど、この外交官の役は、渋く見せすぎで、カッコつけすぎ。
●特別任務でやりたい放題、謎の男っていうのはまあいいとしても、
黒田が来た事によって事件が成り立つ・・って展開はどうなのか?
●強引な黒田が関わらなければどうにもならない展開。
しかも、タイトルの「アマルフィ」は時間つぶしに名勝地に行かされただけで、
ちっとも重要な場所でも何でもなかったのにはびっくり。
●ほとんどはローマのG8絡みの場所でテロ活動・・・というのは、
誘拐事件と絡めて、ちょっと面白かった。
●しかし、犯人が紗江子を使って、セキュリティーを外させたりするのは、ありえない。
●犯人=藤井も知り合いの女と娘をだしにしてテロ実行とは、情けないというか、知恵がない。
強引な黒田が絡んでこなかったら、セキュリティも壊せなかったし、外務大臣のところまでたどり着いたかどうか・・・


★ちなみに天海祐希の演技も苦手系だなー。
宝塚の男役出身の女優さんは勿論演技が巧いんだけど、
どうも母親役とかやらせると、浮いてしまうみたいで・・・。
★まあでも、フジ系ドラマは基本嫌いじゃないので、見れちゃうんだけどね。

ココまでネタバレ注意↑

ということで今回は・・・
余る日ー度・・・
一日余っちゃったからアマルフィーに行かされたってオチでしたね。


●文末にブログランキングの宣伝を・・・・・・・・・・・
最近下位に低迷してるブログランキング・・・
気にしちゃいないが・・・上位が映画とは無関係の韓流系やYouTube系ブログばかりで、
ちょっと悔しい・・・ので・・・、
ひらりん同様、「織田裕二と天海祐希が苦手でした」
というあなた・・・
バナーにポチッとクリックおねがいしまーーす。

「人気ブログランキング(映画)」


ひらりんもツイッター始めました。
映画以外のこともつぶやいてるので、
ちょっと見に来てね。

コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« 「コップ・アウト 刑事(デ... | トップ | 「屋根裏のエイリアン」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画(あ行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

3 トラックバック

アマルフィ 女神の報酬 (Yuhiの読書日記+α)
真保裕一の同名小説が原作の、イタリアで起きた日本人少女の誘拐事件の謎に迫るサスペンス・ミステリー。監督は西谷弘、キャストは織田裕二、天海祐希、戸田恵梨香、佐藤浩市、平田満、佐野史郎、福山雅治他。 <あらすじ> クリスマス目前のローマ。亡き夫との思い出が....
アマルフィ 女神の報酬 (みるき~うぇい)
2009年度作品/日本 <監督> 西谷弘(「県庁の星」) <原作> 真保裕一 <出演> 織田裕二(「県庁の星」、「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」など) 天海祐希(「ザ・マジックアワー」) 戸田恵梨香 佐藤浩市 大塚寧々(「HER...
『アマルフィ 女神の報酬』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「アマルフィ 女神の報酬」□監督 西谷 弘 □原作 真保裕一□キャスト 織田裕二、天海祐希、戸田恵梨香、佐藤浩市、大塚寧々、伊藤淳史、小野寺 昭、平田 満、佐野史郎、、サラ・ブライトマン、福山雅治、中井貴一(声) ■鑑賞日 7月...