日比谷同友会写真サークル「楽写会」と書道サークル「書道愛好会」合同作品展のお知らせ

2022年05月26日 | (☆彡new)行事・セミナー等のお知らせ

日比谷同友会会員の皆様

日比谷同友会事務局です。

いつもご支援とご協力をいただき、ありがとうございます。

日比谷同友会の写真サークル「楽写会」と書道サークル「書道愛好会」は来る6月17日(金)から22日(水)まで、10:00 ~ 18:00(初日は13:00から、最終日は14:00まで)の日程で、品川区立O美術館にて作品展を同時に開催することになりました。

開催内容は別紙をご参照ください。

コロナ下での開催となりますが、感染対策を施したうえでの準備を進めておりますのでお越しいただければ幸いです。

皆様のご来場を心からお待ち申し上げております。

 

【 別紙 】

クリックで大きくなります。

←クリックで大きくなります。

 

←クリックで大きくなります

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「第257回情報通信国際交流会・6月講演会」のお知らせ(6月13日(月)開催)

2022年05月16日 | (☆彡new)行事・セミナー等のお知らせ

日比谷同友会の皆様へ

 

  日比谷同友会事務局です。

  日頃より日比谷同友会へご支援・ご協力をいただき有り難うございます。

 

  今回は、「第257回情報通信国際交流会・6月講演会」のお知らせです。

 

  内容は、

   ・講師: 月本昭男・上智大学名誉教授による

   ・「古代メソポタミア文化史入門 宗教のはじまり」 です。

 

 ※お申し込みは、下記の内容に沿って、

  情報通信国際交流会・事務局・寺岡様(ifis@nifty.com

  まで直接・お願いいたします。 

          

                     

************************************************************

        □お知らせの内容□

************************************************************

情報通信国際交流会会員などの皆様へ

 

 万緑の候、益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。

 

 さて、第257回 6月講演会を、新型コロナ感染症対策を実施した上で、

下記の通り開催しますのでご案内致します。

 

                                         代表幹事   高島 征二

                                         事務局     寺岡 正雄

            ifis@nifty.com

                                    http://ifisjapan.blogspot.jp/

           

                  記

 

1.日 時 : 令和4年6月13日(月)午後3時~午後5時   

2.場  所 : 学士会館 202号室  電話 03-3292-5936   

      〒101-8459 東京都千代田区神田錦町3-28

      ・都営三田線/都営新宿線/東京メトロ半蔵門線

            「神保町」駅下車A9出口から徒歩1分

      ・東京メトロ東西線「竹橋」駅下車3a出口から徒歩5分

     https://www.gakushikaikan.co.jp/access/

 

3.講演会

・演題  :「古代メソポタミア文化史入門 宗教のはじまり」

・講師  : 月本昭男  上智大学名誉教授

・講演概要:

     宗教は如何にして始まったか。神はいつ出現したのか。

    後のユダヤ教、キリスト教旧約聖書の物語に大きな影響を

    与えた神話を生み出した古代オリエントの宗教儀礼を紹介

    して、その発展を解説する。

     旧約聖書の専門家で西アジア文明の世界的権威としても

    多くの楔形文字文書を解読研究してきた講師が多くの事例

    を用いて解説する。

 

・参加費  : 一般3,000円、当交流会の会員1,000円

 

 出欠の連絡については、 5月30日(月)までに

   事務局寺岡 ( ifis@nifty.com )宛てご連絡願います。

            

 

◎新型コロナ感染拡大予防のため、次の対策を行う予定ですので、

 参加の皆様には状況をご理解頂き、ご協力をお願いしいたします。

 

  ・参加される方はマスクの着用をお願いします(受付では準備

   致しません)。            

  ・入場時に、検温を実施させて頂き、37.5度以上の方には参加を 

   ご遠慮頂きます。

  ・会場にアルコール消毒液を準備いたしますので手指の消毒を

   お願いします。

  ・受付時(特に講演開始15分前)に混雑が予想されますので、

   早めのご来場をお願いします。

  ・お申込者が収容可能数を超過する場合、参加をお断りする場

    合がありますのでご了解ください(事前にご連絡致します)。 

 

 

○次回の第258回講演会は、以下の通り、予定しております。

 日時  : 令和4年 7月 21日(木) 午後3時より

 演題  :「中国は何処へ行くのか」

 講師  : 高原明生  東京大学公共政策大学院教授

 

 

○その後の講演会予定日

 9/15(木),10/13(木),11/17(木),12/15(木)

 

 

◎「情報通信国際交流会」に関する詳しい情報は、

       http://ifisjapan.blogspot.jp をご覧ください。

                                                         以上

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「DANの会 東京の川をゆく 第7弾」のお知らせ

2022年05月09日 | (☆彡new)行事・セミナー等のお知らせ

日比谷同友会会員の皆様へ

 

人気の笹倉さんが案内する恒例の「DANの会 東京の川をゆく 第7弾」のお誘

いが届きました。

東京の川を巡りながら歴史の積み重ねを知るウオーキングです。

継続されている方、新たに参加されたい方、下記添付資料を参考にぜひお申込下さい。

  ←クリックで拡大します。                        

========DANの会からのご案内================

笹倉先生の東京の川シリーズ「DANの会 東京の川をゆく第7弾」を下記の通り開催

いたしますので、お知らせ致します。

*今後のコロナ感染状況によっては、変更せざるを得ないこともございますので、予めご

了承ください。

====================================

 

DANの会  東京の川をゆく 第 7 弾

       江戸城の作り方「 堀になった東京の川 」

 

江戸城は淀橋台の中小河川を内堀や外堀に作り替えて巨大な城下町を持つ城郭となりました。

現代ではほぼ暗渠となっている河川を辿って先人の偉大な構想力を追体験してみましょう。

 

【日程】

第1回『千鳥ヶ淵川 かっての局沢川 を巡る 』

日 時  202 2 年 6 月 4 日 (土)

第2回『汐留川 かっての桜川 を巡る 』

日 時 202 2 年 9 月 10 日 (土)

第3回『汐留川の中流と下流を巡る 』

日 時 202 2 年 11 月 12 日 (土)

第4回『紅葉川を巡る 』

日 時 202 2 年 1 2 月 3 日 (土)

第5 回『 外濠と見附を巡る 』

日 時 202 3 年 3 月 25 日 (土)

【講師】笹倉信行氏

【集合】午前10時20分 *小雨決行*大雨延期

【会費】2500円

・含むもの :資料・国内傷害保険・事務局スタッフ同行・運営費など

・含まないもの:昼食代、交通費、入場料、医療保険(感染症含む)など

【取消料】当日でも無料

★個人責任でのご参加になります。★体調不良の方はご遠慮ください。

★マスク着用です。

 

【お申込み】<お申込み、お問合せ>

メール又はFAX でお願いします。

NPOエンジョイ・シニアライフ「DAN の会」事務局

FAX:048-462-1269

email daninfo@npodan.jp

ホームページhttp://www.npodan.jp/

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NTTフィルハーモニー管弦楽団 創立25周年記念演奏会及び個人後援会のご案内

2022年04月18日 | (☆彡new)行事・セミナー等のお知らせ

日比谷同友会会員の皆様

 

コロナ禍の2年間、ご案内差し上げていなかったNTTフィルハーモニー演奏会

ご案内です。

今回は、創立25周年を記念しての演奏会で日比谷同友会員へのご招待

特典付きです

 

よろしくお願いします。

 

*********************************

 

NTTフィルハーモニー管弦楽団 創立25周年記念演奏会及び

個人後援会のご案内

 

  NTTグループ各社の社員・OB/OG及びその家族によって構成される

NTTフィルハーモニー管弦楽団は、今年、創立25周年を迎えることが

できました。

来る2022年6月4日(土)に下記の通り、記念演奏会を開催いたします。

 

つきましては、日比谷同友会の多くの諸先輩の方々のご来場を

団員一同お待ち申し上げております。

併せて、同友会の方への特典及び個人後援会のご案内もさせて頂きます。

 

<<<NTTフィルハーモニー管弦楽団 創立25周年記念演奏会>>>

 

日時:2022年6月4日(土)

    開場13:00 開演14:00

場所:サントリーホール 大ホール

指揮:橘 直貴

曲目:

A.ボロディン / 歌劇「イーゴリ公」より

『だったん人の娘たちの踊り』『だったん人の踊り』

B.スメタナ / 連作交響詩「わが祖国」全曲

 (休憩は、「わが祖国」の第2曲目終了後)

 

入場料:全席指定席 2000円

    チケット(電子チケット)は、下記サイトよりお求め頂けます。

    https://teket.jp/3049/11120

 

(ご来場にあたってのお願い)

・新型コロナ感染症対策のため、緊急連絡先(氏名/電話番号/住所)を

 登録して頂きます

・団員の感染予防対策は当然ですが、お客様にも

 ご協力(ホール内常時マスク着用、消毒、体温測定等)をお願いします。

・37.5度を超える方はご入場をお断りさせていただきます。

・差し入れ品、贈り物はお預かりできません。(コーナーもありません)

 

【★同友会会員特典★】日比谷同友会会員様、10組20名の方を

 ご招待致します。

 ご来場いただける方は、下記までメールでご連絡ください。

  NTTフィルOB会担当 山中喜義 ykiyoshi@agate.plala.or.jp

 ・お申込み期限:5月6日(金)

 ・お申込み多数の場合は、抽選とさせていただきます。

 

 

----------------------------------------------------------------------

【★NTTフィル個人後援会へのお誘い★】

 

当楽団には、定期演奏会のチケットを割引価格で購入できるNTTフィル

個人後援会のシステムがございますので、簡単にご案内させて頂きます。

この際ご加入をご検討頂きたく、何卒よろしくお願い致します。

(既にご加入の方は、周囲にご案内頂けると幸いです)

 

・演奏会のご案内

会員様には定期演奏会の約2ヶ月前に電子メールにて演奏会のご案内を

致します。(定期演奏会は年2回開催しております)

 

・チケットの価格

演奏会チケットは後援会会員特別価格にて販売致します。

お申込み頂いたチケットにつきましては、チケット代を指定の口座へ

お振り込み頂いた後に、郵送にてお渡ししております。

(振込先口座はチケットの 申込み受付時にご案内させて頂きます)

 

・入会費と年会費

個人後援会の入会費として1,000円を頂いております。年会費は

無料です。個人会費は初回の演奏会のチケット申込時にチケット代

と併せて指定の口座にお振込みいただきます。

 

・お問い合わせ・入会お申し込み

NTTフィルハーモニー管弦楽団・後援会担当 古我 憲一

e-mail  kouenkai-admin@nttphil.org  

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第256回情報通信国際交流会5月講演会(5/12)のご案内

2022年04月18日 | (☆彡new)行事・セミナー等のお知らせ

日比谷同友会の皆様へ

 

第256回 情報通信国際交流会5月講演会のお知らせです。

「情報通信国際交流会」では、新型コロナ感染症対策を実施した上で

以下の通り実施いたします。

 

 内容は   

 金出武雄  カーネギーメロン大学 

                            U.A. and Helen Whitaker冠全学教授 による

 

 「人工知能の研究-私見:過去から将来へ、

           私の経験を中心に」です。

 

※お申し込みは、下記の内容に沿って、情報通信国際交流会・事務局・寺岡様

<ifis@nifty.com>まで直接お願いいたします。

(※このメールへの返信ではお申込みできません)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

               ◆開催内容◆

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

情報通信国際交流会会員などの皆様へ

 

 春暖の候、益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。

 

 さて、第256回 5月講演会を、新型コロナ感染症対策を実施した

上で、下記の通り開催しますのでご案内致します。

 

                                         代表幹事   高島 征二

                                         事務局     寺岡 正雄

                  ifis@nifty.com

                                    http://ifisjapan.blogspot.jp/

           

                  記

 

1.日 時 : 令和4年5月12日(木)午後3時~午後5時   

2.場 所  : 学士会館 202号室  電話 03-3292-5936   

      〒101-8459 東京都千代田区神田錦町3-28

      ・都営三田線/都営新宿線/東京メトロ半蔵門線

            「神保町」駅下車A9出口から徒歩1分

      ・東京メトロ東西線「竹橋」駅下車3a出口から徒歩5分

     https://www.gakushikaikan.co.jp/access/

 

3.講演会

・演題  :「人工知能の研究-私見:過去から将来へ、

                     私の経験を中心に」

・講師  : 金出武雄  カーネギーメロン大学 

                            U.A. and Helen Whitaker冠全学教授

・講演概要:

    講師は早くから人工知能の研究を始め、1995年には米国東部

   ピッツバーグ市から西海岸サンディエゴ市まで約4800キロメートル

   の98.2%を自動運転で走破する自動運転走行を成功させました。

    近年発展が著しいAIの歴史と手法の変遷、応用分野の展開を

   わかりやすく解説し、将来AIによって何がもたらされるかなどを

   展望します。

 

・参加費  : 一般3,000円、当交流会の会員1,000円

 

 出欠の連絡については、 4月28日(木)までに

   事務局寺岡(ifis@nifty.com)宛て、ご連絡願います

 

 

◎新型コロナ感染拡大予防のため、次の対策を行う予定ですので、

 参加の皆様には状況をご理解頂き、ご協力をお願いしいたします。

 

  ・参加される方はマスクの着用をお願いします(受付では準備

   致しません)。            

  ・入場時に、検温を実施させて頂き、37.5度以上の方には参加を 

   ご遠慮頂きます。

  ・会場にアルコール消毒液を準備いたしますので手指の消毒を

   お願いします。

  ・受付時(特に講演開始15分前)に混雑が予想されますので、

   早めのご来場をお願いします。

  ・お申込者が収容可能数を超過する場合、参加をお断りする場

    合がありますのでご了解ください(事前にご連絡致します)。 

 

 

○次回の第257回講演会は、以下の通り、予定しております。

 日時  : 令和4年 6月 13日(月) 午後3時より

 演題  :「古代メソポタミア文化史入門 宗教のはじまり(仮題)」

 講師  : 月本昭男  上智大学名誉教授

 

 

○その後の講演会予定日

  7/13(水)、9/15(木)、10/13(木)、11/17(木)

 

 

◎「情報通信国際交流会」に関する詳しい情報は、

       http://ifisjapan.blogspot.jp をご覧ください。

                                                         以上

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
     



  • RSS1.0  RSS2.0