ハイナンNETの日常

メンバーが気になってること、メンバーの日常、そして「イアンフ」問題関連情報を書いていきます☆

あぽ帰国

2009-03-31 20:09:05 | 裁判
 帰国当日は帰るのがすごいうれしいらしくてうきうきで朝早く起きて昼過ぎの便だったのにすでに帰ろうとしてましたが、帰路はとても大変だったようです

 海南島と気温差のある日本に来た事で体調を崩す事がないようにただただ祈るばかりです。。。




■海南島の慰安婦被害者、故郷で決意を語る(3月30日)人民網

海南島の慰安婦被害者「命ある限り訴え続ける」
15:09 Mar 30 2009 人民網日本語版
http://j.peopledaily.com.cn/94475/6625623.html

 29日午前2時、海南島慰安婦事件の被害者・陳金玉さんは28日の最終便で広州
から海口に戻ってきた。陳さんがその夜搭乗した東京・広州便は、広州が大雨の
ため珠海に緊急着陸、広州を離れたのは日付が変わった後だった。

 陳さんは今回、日本で行われた海南島「慰安婦」裁判の第2審第2回公判に、原
告の代表として出廷した。彼女が故郷を離れたのはこれが2回目。陳さんは、日
本の最高裁判所への訴状を国へ持ち帰っており、他の被害者2名と共に訴状に原
告として署名し、最高裁に提出した。陳さんは、「私達は命ある限り、最後まで
訴え続けます」と語る。

 中国大陸部の慰安婦事件被害者が、日本の裁判所に訴えを起こしたケースは、
ここ数年で14件に上る。しかし、日本の法廷はいずれも、原告側敗訴の判決を下
している。

 海南島慰安婦事件の被害者が日本国を相手に起こした訴訟は、民事訴訟に属
し、訴訟の道は長くて険しい。訴訟以来8年、正義感に溢れた国内外の数多くの
人々からの支援なしには、この道は歩き続けられなかったであろう。陳さん本人
と陳さんが話すリー語(黎族の言語)通訳の日本への渡航費用は、南方航空が負
担した。(編集KM)

 「人民網日本語版」2009年3月30日

コメント   この記事についてブログを書く
« ハイナンネットが紹介されま... | トップ | バウネット・公開ワークショ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

裁判」カテゴリの最新記事