ぎょうてんの仰天日記

日々起きる仰天するような、ほっとするような出来事のあれこれ。

哲学者の食すパン

2021-05-03 00:35:14 | コラム

 

「太った豚になるより瘦せたソクラテスになれ。」この東大総長がいったとされる言葉は様々な波及効果があったようで、なぜか哲学者は痩せているイメージが私の中でほぼ定着している。太った哲学者というのはあまり聞かない。考えてもみて欲しい。哲学者というのは「考える人」の代表的な存在で普通の人なら疑問に思わないようなことに対して事細かに思考をめぐらす種族なのである。

 

私はかつて同僚にいったことがある。「『趣味は何ですか?』って訊いたら絶対『苦悩すること』って答えるよね、この人。そういう人いるでしょ?文系の大学院に多く生息してるの。」文系大学院博士課程出身の同僚は何度も頷きながら声が出ないほどに爆笑していた。そうした人に会った時に言うべき言葉はただ一つ。「用事があるので失礼します。」これだけである。もちろん「思考すること」と「苦悩すること」の違いを弁えた人も大勢いるけれど、特に若い男子にはこの点を混同して「苦悩すること=思考すること」と勘違いしているケースが見られる。そうして苦悩することが何か高尚なことと大いなる勘違いをして日々くらーい顔をして歩き、周囲に鬱陶しがられるのである。

あくまでも苦悩は思考する時の副産物に過ぎず、目的化してはいけないというのが現在までのぎょうてんの見解だ。

 

話を元に戻すと、そんな(普通の人なら疑問にすら思わないことに)考えをめぐらす人たちは思慮深い、または繊細あるいは神経質でそもそも痩せているだろうし、頭を使うから脳内のカロリー消費も激しいはずで痩せているのが妥当のように思う。私の中ではどうしたって哲学者は痩せているのである。これが先入観といわれるのなら甘んじて受け止めよう。

 

世間の人が何といおうと自分の発想は大切に守ろうと、一人悲壮な覚悟を決めた時ふと「哲学者ってどんなパンを食べるんだろう」との疑問が湧いた。どうも質素なパンを食べているように思える。まかり間違ってもメロンパンとかクリームパン、あるいはファンシーな名前のパンは食べなさそうである。パン・オ・レザンとかトルティーヤ何とかとか。ただし「パン・オ・レザン」は食べないけれど「ぶどうパン」なら食べそうだ。ようするにファンシーなパン(ただしフランスパンはOK)や子供が好きそうなパンは哲学者に似合わない。町のパン屋さんで以前見かけた「海のおともだち」(どう見ても「崖の上のポニョ」のキャラクターそっくりのパン)や「山のおともだち」(どう見ても「となりのトトロ」)パンは食べなさそうである。何といおうか哲学者が抱えているはずの「精神的な飢え」に似合うのは質素なパンであって、「海のおともだちパン」では緊張感を欠いてしまう。先の同僚に話してみても「コッペパンとか似合いそうですね」という。やはり苦悩している人達には質素なパンが似合うと考えてしまうのである。

 

そこでギリシア哲学の若手研究者であるM氏に尋ねてみることにした。ギリシア哲学者だと食べるのはオリーブパンだろうか、返答はいかに?

 

大変優秀だと評判のM氏は、この突然かつ突飛な質問に動じることなく、爽やかに「そうですね、食パン系が多いですかね。」と期待通りの答えをしてくれる。M氏は年長者を敬う人なのであるいは親切で合わせてくれたのかもしれないが貴重な証言だ。ただしジャムパンは食べるそうだがまあ良しとしよう。哲学者たるもの脳に糖分は不可欠だし。

 

それにしてもギリシア哲学者は爽やかであった。これは恐らく地中海性気候のせいと思われる。人間についての思索を深めていっても爽やかな海からの風が人を陽気にさせるのかもしれない。だからその哲学もつまるところが危機ではなく、明るいものになっているのだろうか。

 

そうなると気になるのが雪深そうなドイツ哲学だ。世間的なイメージでも苦悩する人が多そうな哲学ではある。ドイツ哲学者の食すパンは黒パン以外に何があるのか。そこで私はさるドイツ哲学研究者のSNSを拝見した。どうも色々なパンを食べているようで特定化がしにくい。グルメなのだろうか。これでは困る。苦悩の跡が見られない。(それはそれで大変結構なことなのだが「精神的な飢え」を持っていて頂かないことには今回の我が調査は進まない。)「困るのよねー、こういうことされちゃ。」何とフォッカッチャまで食しているではないか。イタリア哲学にまで知見があるとは知らなんだ。調査は暗礁に乗り上げてしまった。

 

(「哲学者の食すパン2」に続く)

 

CouleurによるPixabayからの画像

コメント

もう少しだけ待って

2021-04-05 18:14:59 | コラム
体調崩していて書いてませんがもう少ししたら書くので待ってて下さいね。





コメント

テレビの中の身長 (再掲)

2021-03-21 16:15:55 | コラム

<このところ多忙続きでご無沙汰しておりました。現実逃避のごとく今回は軽~いものです。真面目な方は飛ばして下さい。笑える余裕のある方のみお読み下さい。>

※写真は建物の壁面を利用した巨大壁画(?)



東京に生まれ育ったお蔭で、「テレビでよく見る人」にしばしば遭遇してきた。芸能人、スポーツ選手、政治家、財界人、ジャーナリスト、果ては天皇皇后両陛下まで。私はこれを「ばったり運の強さ」と思うが、友人によると単に「目ざとい」のだそうだ。ともかく、そうした中で気づいたことがある。それは政治家の実際の身長がテレビで見て感じるより低いことだ。始まりは横浜中華街前で一人演説する川口順子さんだった。テレビで見て川口さんは女性の中では長身だと思っていたが実際は小柄で、その全身から振り絞るように声を張り上げていた。その次は小池百合子さんで、スーパーのレジで見かけた小池さんは驚くほど小柄。一瞬、誰だかわからなかったくらいだ。こうしたことは政治家に対してだけ感じることで、その他ばったり会った芸能人や財界人などには感じたことがなく、実際に見かけてもテレビで見て感じる印象のままの身長である。カメラの撮り方のせいなのか。そこで試みに政治家の身長を調べてみた。

安部晋三(175cm)、麻生太郎(175cm)、谷垣禎一(176cm)、福田康夫(171cm)、 山口邦津男(176cm)、岡田克也(データなし)、小泉純一郎(169cm)、小泉進次郎(169cm) 日本の成年男子の平均身長は 167.6cm。(平成 29 年度厚生労働省「国民健康・ 栄養調査」より) (首相経験者は首相官邸ホームページ掲載のデータを参照、その他は自身のホームページやウィキペディア掲載などの値を元にしている。)

過去の首相経験者ではホームページ作成前という事情もあろうが身長の記述のないものが多い。安部さんや山口さんは身長が高いと思っていたので違和感はない。小泉さん親子は意外と低い感じだ。しかし特筆すべきは、(大方の人が同意してくれるものと思うが)麻生さんである。安部さんと同じ高さとは無理がないだろうか。組閣時の写真や官邸で並んで座る姿を見てもその差は歴然としている。テレビでもお馴染みの官邸のソファに座ると、後ろの壁は木の模様か横縞が入っていて、身長の比較がしやすいのだ。しかし首相官邸ホームページの歴代首相のデータ欄にはそう出ている。古代日本では政府代表には背が高く、見目麗しい人を選抜して中国へ送っていたらしく、かの国の史書にもそのように使節団が評されているそうだ。また幕末にアメリカ人が来航した際に体格の差を気にした幕府役人はある日、アメリカ使節団を前に力士達に米俵を運ばせる姿を見せた。これはつまり「体格の立派な人」を登場させることで、負けないように、立派に見えるようにしたということで、政治・外交分野で「体格の立派な人」は、「立派な人(国)だ」「国力は豊かだろう」など肯定的な評価を受けることが多いと捉えられていることを示す。国の命運がかかっていたのだから必死だ。先ほど見た『いだてん』でも欧米人と日本人の体格の差による困難が描かれていた。

また縦だけでなく横もそれなりに意味を持つことがある。太めの野田佳彦さんが細い菅さんの後に首相に就任した時は、あの東日本震災直後という事で、政治信条をまったく知らないのに外見だけで(体格だけでなく顔も丸く)妙にほっとしたのを覚えている。これはもう心理的なものだろう。とはいうものの、当たり前だが実際の「偉大さ」と身長には関係はなく、ガンジーの身長は164cm、マザー・テレサは152cm程度だったらしい。

一方、きっかけとなった川口さん、小池さんの身長はどれくらいだろう。調べてみると資料がなく行き詰まった。若干怪しげなサイトで小池さんが 154cm 程度だとの情報が得られたくらいだ。見た印象からしても恐らく妥当な数値のように思える。芸能人でないから公開する必要がないのは仕方がないとしてもウィキペディアにすらないのはなぜだろう・・・。その時はっと気がついた。身長を公開する男性政治家は身長だけでなく、体重もセットで公開していることが多い。身長はともかく体重は公開したくないのが女心というものだ(それ以前に必要がない)。加えて「体格の立派な人は中身も立派である」の暗黙の了解が根底にあるとしたら。それでなくても政治の世界で女性は少数派なので「立派さの評価」に繋がりやすいこの点で比較されると辛いかもしれない。男性政治家でも非公開の人は結構いる。

ならば体格に自信のある女性政治家の場合はどうなのか。突如閃いて、予定になかったあの人を急遽調べてみることにした。そう、モデル出身の蓮舫さんである。ここでは別の意味での「体格に自信のある」であり、「政治家としての体格」で はなくなっているかもしれない点はご留意及びご容赦戴きたい。すると予想を裏切らず身長と、そしてスリーサイズまで!スリーサイズが紹介される元大臣というのも何だかすごい。さすがに体重の記載はなく、掲載されたのも自身のホームページではなくウィキペディアだけれど。(さらにいえばスリーサイズも20代の頃のものである。) 蓮舫さんを調べているうちに連鎖反応してまたもや閃いてしまった。そうだ、三原じゅん子さんはどうだろう。またもや予想を裏切らず、身長と体重がセットで自身のホームページに公開していた。42kgらしい。私はこれを虚偽だとは思わない。しかし「いつの時点での事実か」という疑念は残る。ところでこの三原じゅん子さんの情報は、(この原稿を当初書いた) 数年前の情報で、最近ホームページを見たらなぜか身長体重が消えていた。理由が気になる。

政治家や外交家は身長が高く見えると好評価につながることが多い。自信がない時には非公開(あるいは隠蔽)、下駄をはかせる(あるいは偽装)する傾向があることが分かった。非公開は理解できる。そもそも身長の公開は必要がなく、中身と関係がないものだから。数値という何の感情もない客観的ものなのに見せ方、あるいは隠し方に血の通った、それぞれの個性があれやこれや出ているようでとても楽しい。

コメント

ステンレスボトル届きました!

2021-03-09 16:54:16 | コラム
 
象印に注文したステンレスボトルが届きました。
1972年の「花化粧」の復刻版です。
 


レトロな花柄は今見るとローラアシュレイ風♪


裏面はこんな感じ。



ここで( ゚д゚)ハッ! と象印のロゴも当時のものということに気づきました。象印のサイトもここまでは書いてません。
 



 
何やらまつ毛まであり口元も色っぽい。
今のロゴと比べると楽しい🎶
 
 



 
花王のロゴもですが今の方が若いんですよね、顔が。
 
 
さてこの乙女チックなボトルに名前をつけました。
 
命名「おとめさん」
 
読みは「乙女さん」でも「おトメさん」でも結構です。😁
このステンレスボトルを日々使うのが楽しみ。
 
 
 
 
 
 
コメント

mymizuアプリ始めます

2021-03-07 11:46:59 | コラム
           


mymizuアプリを入れました。これはペットボトルの飲料水でなくカフェ、レストランや公共施設の無料給水スポットの地図が掲載されていてペットボトルを買わないことでどれだけ節約と環境への貢献ができたかがわかるアプリだそうです。


   

           

                


              



これを始めたきっかけは環境への配慮とかそんな殊勝な心掛けでなくて素敵なステンレスボトルを買ったから(笑)

でも水だけでは夏は栄養補給できないので給茶(ドリンク)スポットの協力店がもっと増えて欲しい!


給茶スポット


子供の頃は公園の水道水をガブガブ飲みましたが今はコロナ感染を避けるためどこも使えなくなってるのよ〜。(悲しい)


コメント