臺灣と瀬田で數理生態學と妄想

翹首望東天, 神馳奈良邊. 三笠山頂上, 想又皎月圓(阿倍仲麻呂). 明日できることは今日しない

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

瀬田にいます

2014-01-21 12:21:27 | 研究

いまさらですが1月12日から2月17日まで京都大学生態学研究センターに協力研究員の身分で居候中です.

 

台湾に就職して5年が過ぎ去った今更というか今だからこそというか,マンネリに伴うやる気と業績の低下を打開するために,数理モデルとデータ解析以外にようやく手を出します.

台風に対する生態系機能の安定性に興味があり,長期観測プロジェクトに参加します.

今年3月から微生物多機能性の野外長期観測を開始します.いろいろな方に教えていただいて必要な機材も購入でき,下準備も進んできました.ピペットマンを握るのは3回生以来十数年ぶりです.当たり前ですがピペットマン,進化してました.

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 新年明けましておめでとうご... | トップ | アピールのしすぎで本気にな... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

研究」カテゴリの最新記事