もっちり@日記 (゜、 。`フ

子猫顔のガブ・もちもちなふく・かっちかちのまめ
3匹とのもったり生活の徒然

3チョス

             

2015年もおせわになりました┏●))

2015-12-31 14:37:28 | 漫画で徒然2015
          
          今年はバタバタしてブログ更新・訪問・コメントも疎かに。
          皆さんのブログにコメントに癒された一年でした。
          2016年もどうぞよろしくお願いします。
          皆さんにとってしあわせな一年になりますように


















本日も訪問いただきありがとうございます



コメント (8)

クリスマスぽんぽん

2015-12-26 00:49:06 | 漫画で徒然2015



















































































































ウチのコはいいお歳のコばかりなので
健康にも気をつけて年齢に合わせたり
腎臓に配慮したごはんをあげるようにしているので
特別ごちそうというごちそうはあげていないかもしれません。

ほんの少しソーセージなどガブにはあげることがありますが
ふくとまめは人の食べ物に興味がないので
匂いは嗅いでも『なんだー』とぷいっと行ってしまいますw

それでもここ数年色々なメーカーから高年齢用ごはんが
発売されて、選択肢が増えてきたのがありがたいですね(´∀`)

おやつはなくてもおバカさんのぽんぽんに
ふくとまめは大喜びなのでした 
ガブはといえば、ふくまめとの猫団子が
何よりしあわせそうな今日この頃なのです













本日も訪問いただきありがとうございます



コメント (14)

噛む考

2015-12-17 01:19:46 | 漫画で徒然2015





















いきなりやられるので
顔は近づけないように注意が必要でしたw
















































怒らないし噛みもしないイイコです




















噛んだまま肉を離さない。手でがっちりガードw
狂気(?)のふくのお話→境界線











噛む行為って甘えてる行為でもありますよね。
噛む加減は母猫や兄弟と暮らしていると
自然と加減がわかるようになるものですが
早くに親から離されたりすると加減がわからず
強く噛んでしまうコもおります。

ガブは早くに親から離されてしまったので
噛む加減がわからず、何度教えようとしても
なかなかわからなかったようですが
兄ちゃん姉ちゃんの教育的指導により
痛さの加減はできるようになりましたが
ワタシにはほぼ本気で齧りますΣ(ノ∀`*)ペチッ

でもやはり、ガブの噛むクセは“甘え”の表現なんだなぁと
思えるので、(噛んだ後ごめんねって感じで舐めてくれるのです)
これはこれでいっかwと思ってます。

ふくは・・・噛んでいるうちに野生に戻るのか
顔つきが変わるのですよー ( ノД`)
みんなそれぞれ違って面白いものです。












本日も訪問いただきありがとうございます



コメント (10)

こだわり

2015-12-13 10:20:52 | 漫画で徒然2015





















『アタシのひざ』主張?のシャキーンはコチラ






































































相変わらずヒザに乗るとシャキーンと
マウントポーズをとるふくちゃん。
滑って落ちることもあるので“座りなさい”と言っても
断固としてシャキーンをやめようとしませんw
ヒザにはまめも乗るしガブも乗っていることがありますが
ふくにとっては“アタシの場所”の意識が強いので
シャキーンは大事な意思表示なのでしょうなぁ。

誰が見ていなくてもシャキーンすることに意味がある
そんなこだわりのふくなのでした














本日も訪問いただきありがとうございます



コメント (10)

無事終了

2015-12-08 15:05:43 | 漫画で徒然2015









































































秋の健康診断からワクチンを終え
結果も大きな進行なく現状維持だったガブ。
相変わらず健康体だったふくとまめ。

数値で見ると本当にホッとします。

ふくは、ウチに来た時から左の下の犬歯の先が欠けていて
虫歯になる前に抜いた方がいいけど
様子を見て色が変わってきたりしたら抜きましょうか
・・・ということになっていたのですが
上の犬歯も欠け、下は更に欠けているので
正月明けに麻酔をかけて抜歯することになりました。

麻酔は少なからず身体に影響があるわけで
健康な今、処置をした方が後々彼女の為にも良いとの判断です。
噛み砕くのに犬歯がなくても支障はないのでしょうが
左だけ無くなってしまった後違和感はあるでしょうし
抜いた後は痛みもあるでしょう。
術後のケアをキチンとしていかなければと思ってます。

なにはともあれ、無事に年を越せそうで一安心な我が家です












本日も訪問いただきありがとうございます



コメント (6)