もっちり@日記 (゜、 。`フ

子猫顔のガブ・もちもちなふく・かっちかちのまめ
3匹とのもったり生活の徒然

ハロウィン

      

ちびっちびのガブ

2013-11-12 08:54:34 | はじめて会った時の徒然









































ちなみにミルク2皿・ごはん2皿ですよ


































































食品の量りで測れるほどのチビでした










ねえちゃんのごはんうまそらなぁ・・・
(まだチビは子供用ごはんだったので見てるだけ
・・・貪欲に盗み食いしてましたがw)










ちっちゃかったのでトイレにガブ用の階段設置。
トイレの←に見えるカバーは大人ごはんを食べちゃう
チビをガードするためにかけたものでしたw














5月なのに真夏並みに暑かったあの日。
炎天下1時間も鳴き続けていたチビ。
近所中に響くほどの大声で鳴いていたので
まさか生後1ヶ月の赤ちゃんとは夢にも思いませんでした。

身体を見たけど目・耳・口・お尻どこも汚れておらず
親猫が生んだ仔猫を誰かが置いていったんでしょう。
とにかくミルクを買いにチャリで走りました。
ダンナに知らせたけど『ウチではもう飼わない約束だったよな?』
と言われていたので、里親募集もしてもらえないかとペットショップを
何軒か回り、1軒だけとても感じの良いママさんのお店が
『里親探しするけど、子供とか若い人には渡さないよ?
かわいいだけで持ってって捨てちゃうバカがいるからね。
この人なら大丈夫って人がいたら連絡させるね。』と言ってくれて
『その猫、ミルクだけじゃ足りないかもしれないからコレも
もっていきな』と仔猫の缶詰をくださいました。
お金払おうとしたのですが『いいからたべさせてあげな』って(゜ーÅ) ホロリ

家に戻りチビにミルクとミルクを混ぜたごはんをあげると
喉も乾いておなかも空いていたのでしょう。
2皿ずつペロリと平らげ、安心して眠ってしまいました。

ダンナが帰ってきてチビを見て『ちびちびだなっ』って
でも『ウチでは飼えないけど、ちゃんした貰い手みつけてやろうな』
って言うのを聞いていい人が見つかればいいなと
その日から子育てと里親探しが始まったわけです。

日々大きくなって、かわいくなってくるチビ。
なかなか里親も決まりそうにないなぁと思い始めた頃
ダンナがぽつりと『ウチで飼うか?』

ダンナは『もう猫は増やさない』と言った手前強がってはいたけど
ホントは初めて見た時からメロメロで人にやる気なんて
なかったらしい((´∀`*))

名前も決まって晴れてチビは『ガブ』となり
わたし達の子供となったのでした 















本日も訪問いただきありがとうございます

 にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へ
コメント (6)

ガブのこと

2013-02-10 19:11:05 | はじめて会った時の徒然














































よもは茶々がウチに来た時も初日から甲斐甲斐しく
面倒をみていたので、ガブも大丈夫かと思っていたら
まったく近づこうとせず。
しんちゃんは自分より小さい猫を見るのが初めてだった
せいか慣れるまで一番時間がかかってました(´・ω・`)

茶々丸は男のコに珍しく子育てをするコで
(よもの真似をしたかったのもあるんだろうけど)
赤ちゃんのしんちゃんの面倒をよくみていました。
ガブと初めて一緒に寝てくれたのも茶々。
それまでどこに行くにもわたしのあとを
追っかけてきていたガブはそのうち茶々のストーカー
となりましたw

わたしにシャーするようになったのは、避妊手術で
病院に連れて行ってからだったと思いますが
ガブがなぜわたしにだけシャーするのかは
よくわかりません(´・ω・`)

でもいつもわたしの行動を見ていて、ごはんも
お水もトイレも『母たん』にお願いします。
わたしは召使いってことなのかなぁ

わたしがガブを大事でかわいいと思ってりゃ
別にそんなの問題じゃないしね( ´-`)





コメント

同じ思いはさせないよ

2013-01-20 00:29:27 | はじめて会った時の徒然





















里親募集のサイトで見つけた『ふくちゃんとまめちゃん』ですが
彼女たちは飼い主さんが亡くなり、親族か近所の方が保健所に持ち込んで
そこの保健所から預かり里親募集をされていた方より
貰い受けしたコ達なのです(´・ω・`)
なので、なぜか年齢だけはママが9歳・娘が7歳ということはわかってますが
名前はわからず。その他飼い主さんがどんな方だったのかも不明。
ぬくぬくかわいがられて暮らしていたのに、飼い主さんがいなくなり
すでに初冬の寒さの中、保健所に持ち込まれ猫風邪を発症し
寒くてこわくて辛い思いをしていたわけです。
トライアルでということで、ガブと相性が合わなかったら 云々と
まずはガブの気持ちが一番とは言いながらも、もう二度とこのふたりに
寒い怖い辛い思いはさせたくないとはじめて見た時から思っていたわけで。

ふたりが家の中を探索しまわり、ごはんもいっぱい食べてくれて
トイレもしっかり使ってくれて(うんちも豪快でしたw)
わたしの布団でしあわせそうに寝ている顔を見て
元の飼い主さん・里親募集をしてくれた方が安心してくれていたらいいなぁと
そして、このコ達に二度と同じ思いをさせないと改めて誓いました。

元の飼い主さんがふたりをきっと守ってくれていたんだろうと思ってます。
そして保健所からこのふたりを救い出してくれた直子さんに感謝。

コメント