ふたばようちえん日記 2 (園長の雑記帳)

このブログでは、幼稚園で子どもたちとかかわる中で、園長が日頃考えていることや大切にしていることを不定期に綴っていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今年の卒業式は特別でした

2020-03-23 16:10:21 | Weblog
 新型コロナウィルスの感染を避けるため、どこの学校もどこの幼稚園も、知恵を絞り、卒業式の迎え方を考えました。  ふたば幼稚園では、参列者の数を絞ったり席の間隔を空けるのではなく、卒業生一人ひとりのために卒業式を行うことにしました。そして、4日間にわたり、46名分46回の卒業式を行いました(実際には一緒に来られた方で一緒に行ったケースがありましたので少し減ります)。  あいさつをして、卒業証書を . . . 本文を読む
コメント

人が生きていくということ

2020-01-10 08:15:43 | Weblog
 最近、見学や来客の方から、綿の実を初めて見たというお声をよく聞くようになりました(ふたば幼稚園では、年中クラスの子どもたちが綿を育てています)。はじけた殻の中の真っ白なフワフワを手にとり、愛おしそうにご覧になり、そのように言われます。  しかし、わたしたちがコットン製品を身に着けない日はほとんどないと思います。こんなに身近なものでさえ、何から作られ、どのように手元に届いているのか、見えない . . . 本文を読む
コメント

子育てを楽しもう

2019-10-11 08:09:21 | Weblog
 現代は、子育ての幸せを感じにくい時代です。理由はいくつかあるのですが、大きいのは、子育てをするということがわたしたちの人生の中でどんな位置にあるのかが見えにくくなったことが大きいと思います。  みなさんの中で、子どもを産んで初めて新生児を抱いたという方はどれくらいおられるでしょうか。ある統計では、現代の母親の過半数が、自分が抱いた初めての新生児はわが子だと答えたということです。それだけ、子ども . . . 本文を読む
コメント

こころは言葉でできています

2019-09-09 14:23:50 | Weblog
 身体は食べ物でできています。赤ちゃんの身体は、お母さんが妊娠中に食べた物で作られ、出生後は口に入れた飲み物や食べ物によって作られます。そして、その延長線上に今の幼児期の姿があり、日々食べた物によって身体は新陳代謝を繰り返しながら作られ続けています。食べ物以外には、身体を作る材料はありません。  家庭によって、食べ物の好みや量は大きく異なります。そのため、家庭によって子どもの育ちも大人の体型や健 . . . 本文を読む
コメント

絵本を読むことで育つもの

2019-06-10 10:57:13 | Weblog
 幼稚園に入園するころの小さな子どもたち向けの絵本は、ほとんどストーリーのないような、絵を親子でいっしょに見ることでかかわりを楽しむようなものが多く出版されています。実際、子どもたちはそのような絵本を保護者や先生といっしょに見て、ページをめくるたびに目を見合わせ、何か言葉をやり取りして楽しみます。絵を見ることでこころが動かされ、それを読み手と共感することが楽しいのです。ストーリーや内容を楽しむとい . . . 本文を読む
コメント