東京の歯科医 歯周病治療ブログ ~歯を抜いてインプラントにしないために~ 福嶋広

歯槽膿漏で歯茎の腫れがあるかたの歯周病治療は、歯ブラシだけでは治りません。東京の神田で再生治療

歯周病の方のための審美歯科治療

2019年01月21日 | 審美歯科

あなたの歯茎が腫れてしまって形の悪い差し歯が入ってしまっている場合、歯周病を改善する審美歯科治療で見た目も改善します。

歯周病の方の審美歯科治療は通常の方のものとは方法が異なります。歯周病の治療もしながら、歯茎を整えて差し歯をきれいに入れる必要があります。ただ差し歯を交換するだけでは、歯周病が治らないうえ見た目も悪いものとなってしまいます。

審美歯科と歯茎の整形ケース

歯茎の整形治療を行わないと歯の形、大きさが左右で不揃いとなってしまいます.また、歯周病の治療も必要でした.

 

歯茎の整形を行う事で、歯茎の位置がそろった上見た目にもきれいになりました.このケースはメタルボンドで治療しました.

 
審美歯科治療をお考えの方は下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。
審美歯科の専門ページ
 
また、歯周病の方で審美歯科治療を行いたいという方はただいま無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。無料カウンセリングにてご希望の治療のご説明とお見積もりのお渡しをいたします。無料カウンセリングはご予約制となります。
 
無料カウンセリングお問い合わせ
神田ふくしま歯科
東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上
JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)
03-3251-3921
0120-25-1839

〜歯茎の整形治療の注意〜


差し歯の歯茎の整形による歯茎の位置をそろえる治療は、歯茎の位置を変えるのと合わせて差し歯を交換する必要があります。費用は保険外診療となります。


上のケースでは、歯茎の整形治療5万円(税別)オールセラミック治療、上のケース1本6万円(税別)、5本で30万円(税別)かかりました。


また、歯茎の整形治療はリスクもあります。外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。歯茎の整形治療は、歯の根っこの長さなどの条件によっては行えない場合もあります。


『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 神田ふくしま歯科では歯周内... | トップ | 差し歯が古くなると歯茎が下... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
よろしく (tywokin)
2017-04-01 15:51:53
福嶋広先生、
(●''∇'')ハロー♪、歯科販売会社の担当者、ちょうきんです。
私のブログ、http://blog.goo.ne.jp/shikahanbai

今後ともよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

審美歯科」カテゴリの最新記事